Sera の本棚

感動した本のことや映画を見たり、コンサートへ行ったりした感想、高槻の写真など記録できたらいいなあと思います。

3度目のスウェーデン10

2019-10-29 19:34:49 | 旅行

スウェーデンイエテボリを時刻通り午前8時に飛び立ち、ポーランドワルシャワ・ショパン空港に到着しました。タクシーでワルシャワ歴史地区に行きました。ショパンの生誕地だけあり、タクシーの中はクラシック音楽がかかっていました。

第二次世界大戦でワルシャワ歴史地区はすべて破壊されましたが、市民の手によって忠実に再建されました。今では世界遺産に登録されています。こちらはワルシャ歴史地区にある旧王宮です。

王宮広場の中央には1596年にポーランドの首都をクラクフからワルシャワに移したジグムント3世の碑があります。

洗礼者ヨハネ大聖堂はワルシャワで最も古い教会だそうです。

バルバカンは旧市街を囲む市壁を強化するために建設されました。バロック様式の砦で、馬蹄形をしています。

暴動を記念する像「The Little Insurrectionist」 

馬車も通りました。

やっと朝昼兼用の食事タイムです。同じ名前のレストランが他にもありました。要注意です(;^_^A アセアセ・・・息子が調べてくれていたレストランです。

雰囲気が良かったです。

ポーランドのソウルフードŻurek Soup( ジュレック・スープ)、蓋のパンを食べたりスープの中のパンをくりぬきながら食べたり、体も温まり美味しいです。

ポーランドの主食のようなものらしい、PIEROGI (ピエロギ)です。具がたくさん入ってボリュームもあり美味しかったです。

そろそろワルシャワ・ショパン空港へ帰る時間ですが、タクシーは選ばないと危ないと来るときに乗車したタクシーの運転手さんが教えて下さいました。これはマフィアタクシー、あそこのもマフィアタクシーと教えてくださいますが、ではどのタクシーが安全なのかわかりません。

困っていたときにタクシーの運転手さんが窓を開けて声をかけてくださいました。何と来た時に乗ったタクシーの運転手さんでした。ラッキー!と嬉しくなりました。30分以上乗って1500円ほどだったと思います。マフィアタクシーに乗るとぼったくられるそうなので気を付けないと。タクシーのクラシック音楽を聴きながら、優しい運転手さんに巡り合い、ポーランドの印象がグッと上がりました。

行きは飛行機が遅れましたが、帰りは全て予定通りで、ポーランドの飛行機はいいねと話しながら帰国しました。

2019-10-17(木) 撮影


コメント   この記事についてブログを書く
« 3度目のスウェーデン9 | トップ | 3度目のスウェーデン11 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

旅行」カテゴリの最新記事