この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

ブレードランナーの未来世紀。

2006-01-03 14:53:28 | 新作映画
町山智浩著、『ブレードランナーの未来世紀』(《映画の見方》がわかる本 80年代アメリカ映画カルト・ムービー篇)、読了。

『ブレードランナーの未来世紀』は映画ファンならば必読の書だと思う。
いや、もう少し限定するなら、『ブレードランナー』、『ターミネーター』、『未来世紀ブラジル』、『プラトーン』、『ロボコップ』、『ブルー・ベルベッド』、『ビデオドローム』、今上げた作品の中に一つでもフェイバリット・ムービーがある人は必読といった方がいいかもしれない。
さらにいえば現在映画レビューのサイト、及びブログを運営しているすべての管理人の方にも薦めたいです。
単に自分の考えを一方的に押し付けるだけでなく、豊富な資料を元にして、縦横無尽にその映画を解体、分析、解説する、町山氏の語り口は絶妙にして感嘆に値します。
まさに現時点での映画レビューの理想といってよい、そう思います。

映画『ブレードランナー』の冒頭で主人公のデッカードとうどん屋の親父との間にこんなやり取りがある。
デッカード「四つくれ」
親父「二つで充分ですよ!」
一体何をデッカードが四つ注文し、親父が二つで充分だと言ってるのか、実は映画を見るだけではよく分からない。
この答えが本書には載っていて、なるほど、そうだったのか、読むものにそう思わせといて、町山氏は返す刀でこう切り捨てるのだ、じつにどうでもいい話だ、と。
そこから展開されるのは「ポストモダン」の象徴としての『ブレードランナー』であり、「ポストモダン」についてまったく無知である自分のような読者さえも唸らせる『ブレードランナー』論が用意されている。
さらにいうとデッカードがレプリカントなのかどうか(!)についても言及されています。
まさに『ブレードランナー』ファンは必読といえる一冊に仕上がっています。
無論内容に深く切り込んでいるのは『ブレードランナー』だけでなく、上述の八作品全てにです。
まさに目から鱗の映画本なので、より多くの映画ファンの人に読んで欲しいと思っています。

コメント (6)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 温泉旅行。 | トップ | 年末年始のテレビ番組を振り... »
最新の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
おっ☆ (YUMIKA)
2006-01-05 15:35:52
早速ですね~!

私まだ本を買ってないんですよう!!(いずれ買います)



以前の本も「秘宝」の連載も、どういうわけか私のようにロクに映画自体を見ていない人間でも楽しめるんですよね。

ま、それは邪道な楽しみ方なのかもしれませんが(汗)。

あ、TV放映なんかも含めれば勿論見たのもありますよ。

天丼かなぁ? (小夏)
2006-01-05 18:08:40
>デッカード「四つくれ」

>親父「二つで充分ですよ!」



7作品中5作品がフェイバリット・ムービーの私ですが、これはもはや「読め!」という天のお告げかしら~?



うーん (海老づくし)
2006-01-05 19:44:36
「ブレードランナー」

「未来世紀ブラジル」

「ビデオドローム」

と3本ありますが、反面もうあまり思い出せないのもまた事実。



えー?ビデオドロームはマジで思い出せない。

健呆症(変換しないぞくそ)が進んでるなあ。
コメント、感謝です♪ (せぷ)
2006-01-05 23:49:40
YUMIKAさん、小夏さん、海老づくしさん、コメント、感謝です♪



YUMIKAさん、本当に優れた読み物はジャンルを問わず面白いと思いますよ!

ですから普段映画を観ないというYUMIKAさんが町山氏の著作を読んで楽しめるというのはごく当たり前のことで、全然邪道だなんて思いません。



小夏さん、もうそこまで被っているなら絶対買わなきゃダメですよ!天の啓示ってヤツです。

冗談は抜きで是非購入してみてください。もし買って損をした!と思われたら、そのときは自分が代金を立て替えましょう!(いずれお会いしたときにですが・・・。汗。)

ちなみに天丼ではありません♪(答えを教えない正月早々意地悪な自分。)



海老づくしさんは三作品が被るんですかぁ。その三作品のレビューだけで充分元は取れるとは思いますよ。

ちなみに自分は『ビデオドローム』だけ未見なんですよねぇ。レンタルビデオ屋で見かけたらもちろん借りるんですけど、なぜか見たことがないんですよねぇ。。。
カルトというコトバがレトロに感じる (starblogger)
2006-01-13 21:30:32
はじめまして。

情報ありがとうございます。

ロボとプラトーン以外は私にとって懐かしのカルトムービーです。。

ぜひ読んでみたいと思います。

そうですね。 (せぷ)
2006-01-13 21:45:20
はじめまして、starbloggerさん、コメント、ありがとうございます。



そうですね、情報が氾濫し、その気になればどんな作品でも鑑賞できる現在ではカルト・ムービーと呼ばれるような作品は生まれにくいのかもしれませんね。

さらにカルトと呼ばれるだけの独自性を備えた映画監督もいなくなってしまったような気がします。

そういった意味ではカルト・ムービーという言葉自体死語といえるのかもしれません。



『映画の見方が変わる本』、映画好きなら必読だと思います。是非読んでみてください!!

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事