この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

『ヒルズ・ハブ・アイズ』、今こそ必見のホラー映画。

2011-06-15 22:56:55 | 旧作映画
 アレクサンドル・アジャ監督の『ヒルズ・ハブ・アイズ』をDVDで見ました。

 ここにも何度か書きましたが、家でホラー映画を見るのが苦手です。
 ホラー映画、劇場で観る分には結構平気なんですけどね。
 『SAW』シリーズは全作、『レック/REC』や『マーターズ』なんかも劇場で観ましたから。
 一人で見る、っていうのが耐えられないんです。
 誰かが一緒にいてくれたら平気なんですけど。
 自分ではそれを面堂終太郎体質って呼んでます。笑。

 先週末、ゲオでDVDを六本借りて、そのうち五本は鑑賞を終えて、この『ヒルズ・ハブ・アイズ』が六本目だったんですけど、見らずにそのまま返しちゃおうかって最初は思ってました。
 何といってもツタヤで取り扱いを拒否されている、いわくつきのホラー映画ですからね。
 どんな恐怖を味わわされるか、想像がつかず、それに耐えきれるのかも自信がなかったのです。

 でも、拙ブログの数少ない常連であるEさんが、
>私は全然こわくなかったです。せぷサンも一人でみれるんじゃないかなぁ?
と言ってくださったので、思い切って見てみました。

 で、感想なのですが、、、面白い!!
 ツタヤの件があるので、自分はよっぽどゴア描写が強烈で、理不尽極まりない内容の、鑑賞後不愉快な思いをするホラー映画なんじゃないかって思ってたんですけど、全然そんなことはなくて、よく考えられ、よく工夫された、非常に出来のよい真っ当なホラー映画でしたね。

 まず何に感心したかというと、キャラクターがよく考えられていること。
 本作は核実験により被爆、奇形化した食人鬼たちと、食人鬼が潜む荒野に迷い込んだカーター一家の戦いのお話です。
 そんな荒野にフツーの旅行者は足を踏み入れたりしませんから、一家が途中で立ち寄ったガソリン・スタンドのオヤジが嘘の道案内をするのです。
 そうすることでオヤジは食人鬼たちからいくばくかの金目のものを受け取っています(まぁ日用品の調達を頼まれてるのかもしれないが、どちらであれ大差はないでしょう。)。
 自らの手を汚さずとも、適当に目星をつけた旅行者に嘘の道案内をするだけでたんまりと謝礼をもらえるのですから、考えてみればこんな美味しい話はありません。

 しかし、オヤジはそのことを悔いてるんですよ。殺人の手助けをするのはウンザリだ、と思ってる。
 だから、最初、オヤジはカーター一家にフツーに給油して、そのまま行かせようとします。
 ところが一家の長女に、見られてはいけないものを見られたのでは、と疑念を抱き、結局嘘の道を教えるのです。
 平凡なホラー映画であれば、一人の脇役に、ここまで複雑な性格付けはしないでしょう。
 よく考えてるなぁと感心しましたよ。

 複雑な性格付けをされてるのはもちろん彼だけでなく、主人公もそうです。
 っていうか、本作は途中まで誰が主人公なのかわかんないんですよ。
 でもある時点で、あぁ、コイツが主人公だったのか、と気づかされます。
 で、最後まで見るとコイツ以外主人公はありえん、って思っちゃう。
 意図的に、そして計算ずくで主人公は序盤では目立たないんです。
 上手いなぁとやはり感心させられました。


 本作は真っ当なホラー映画である、と述べました。
 真っ当なホラー映画とはどういったものを指すか、ここではその説明を省きますが、その条件の一つに、ティーンネイジャー(特にローティーン)の若者、そして年端もいかない子供は殺されない、というのがあります。

 言うまでもなく、現実社会において子供は弱者です。
 ですから、殺人事件の被害者になる可能性は一番高いといえます。
 通学途中の小学生の列に暴走車が突っ込んだり、母親の交際相手に殺されたり、炎天下のパチンコ屋の駐車場に実の親から放置されたりと、子供が被害者となる殺人事件のニュースは毎日のように耳にします。

 しかし、ホラー映画において、子供が殺されることは稀です(まったくないというわけではない)。
 かの『13日の金曜日』シリーズでローティーンの子供がジェイソンに殺されたことはないと聞きます(本当かどうかの確認まではしていません)。
 また『エスター』ではエスターに関わった大人たちのうち何人かは悲惨な最期を遂げますが、幼い兄と妹は生き残ります。
 『二十八週後…』では、ゾンビで溢れ返ったイギリスをやはりローティーンの姉と弟がぎりぎり生き延びます。

 ホラー映画ではなぜ子供が殺されないのか?
 理由は一概には言えません。
 現実世界への影響に配慮したのか、何かしら不文律があるのか、それともそういう枷を自ら課した方が作品が面白くなると考えているのか、一つ言えるのは、上質なホラー映画の作り手は、きちんとした倫理観を持ち合わせており、誰が殺されて、誰が殺されるべきでないか、自らの裡にはっきりと境界線を引いているってことです。

 無論、子供たちが不自然に危険な目に合うこともなくエンディングを迎えてしまっては作品そのものが興ざめなものになってしまいます。
 なので、子供たちは文字通り“死ぬ”ほど恐ろしい目に合わされますが、作中死ぬことはありません。
 本作において、食人鬼たちは、好き放題、やりたい放題にやっているように見えて、その実、監督であるアレクサンドル・アジャがしっかりと手綱を握ってコントロールしているのです。
 そこら辺の演出の上手さも感心しました。

 
 いつもであれば、これぐらいでレビューを終わらせるところなのですが、今この時期に、この作品を見て、思うところがありました。
 本作における食人鬼たちは、核実験によって被爆、怪物化したしたという設定です。
 つまり元々は普通の人間だったんですよね。
 その食人鬼の一人が出鱈目なメロディで物悲しくアメリカ国歌を口ずさむシーンがあります。
 そのことから食人鬼はアメリカを、自分が生まれた国を愛していた、ということがわかります。
 そして、信じていたんですよね。
 近くの炭鉱で自分たちが働いている限り、核実験が行われるはずはない、と。
 で、裏切られた。
 その構図って、今の日本とまるきり同じじゃないですか。
 もちろん核実験と原発トラブルという違いはありますし、福島県人が放射能で怪物化するといってるのでもありません。
 でも、愛していた、信じていたはずの国から裏切られたという一点では共通するのではないかと思うのです。

 
 アマゾンのレビューで、本作を指して、「広島や長崎の被爆者がどれだけ苦しんだと思っているのか、不謹慎だ」と書いている人がいましたが、自分はそうは思いません。
 本作が不謹慎だというのであれば、『ゴジラ』シリーズは不謹慎の極みでしょう。
 原爆によって生物が巨大化するなんてありえないですし、その巨大生物が人間の味方になるというのですから、ある意味『ゴジラ』シリーズは、原爆を正当化しているといえます。
 無論そんな見方は間違ってますが。

 本作を見て自分が感じたのは、奪われた者の心の叫びでした。
 本作を見た人のほとんどが、食人鬼は人肉を食す目的で旅行者を襲っている、と捉えたようですが、自分はそうは思いませんでした。
 食人鬼たちの目的はあくまで金品の略奪行為にあり、人肉食はそれに付随する結果にすぎないのではないか。
 彼らは衣服を身に着けているし、銃の撃ち方も知っている、テレビも見れば、車の運転もする、それなりに文明的な暮らしをしています。
 であれば日々の暮らしにいろいろなものが必要なはずです。日用品とか、ガソリンとか。
 すべてを奪われた彼らがそれらを得るために取れる手段は限られています。
 彼らは怒りで我を忘れてはいるものの、案外まともなのではないかと思いました。
 その根拠は食人鬼一族の中の、ルビーという少女の存在です。
 彼女の存在が、物語に深みを与えているように思えます。
 怪物のような見た目をしているからといって、魂までが怪物だとは限らない。
 当たり前のことですが、我々はそのことを忘れがちですよね。
 彼女の最後の行動に、自分はハッとさせられました。

 よい作品を見れたと思います。
 Eさん、ありがとうございました。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (17)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« スパルタ教育。 | トップ | 『スカイライン 征服』、ジ... »
最近の画像もっと見る

17 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (E)
2011-06-17 09:19:57
おぉ~!一人で全部みたなんてスゴイじゃないですか!ホラーの世界に一歩前進ですねっ(^O^)笑

なんか、せぷサンがそんなに面白いっていうなら、もう一回みてみようかなって思っちゃいます。

気になったんですが、ツタヤでは置いてなくて、イワクツキなんですか!?
Unknown (幸太郎)
2011-06-17 21:58:59
何となく私が好きそうな感じの映画に思えます。
最近はTSUTAYAにも行ってないのですが、
メモ帳にタイトルを書いておきます。
ちなみにこの手のストーリーで「不謹慎」と言い出す人は、
たぶん自動的にスイッチが入ってしまうんでしょうね。
短絡的に過ぎるし、思考停止状態なのではないでしょうか。
そういう理屈だと、人の死を娯楽の要素として見せる映画はすべて不謹慎になります。
原爆で死んだ人だけを特別扱いすること自体、ちょっと反差別のニオイがしますな。
コメント、感謝です。 (せぷ)
2011-06-18 11:30:20
Eさん、幸太郎さん、コメント、感謝です。

>Eさん
>おぉ~!一人で全部みたなんてスゴイじゃないですか!
まぁ元々耐性がなかったわけではないですからね。笑。

>気になったんですが、ツタヤでは置いてなくて、イワクツキなんですか!?
大手のレンタルチェーンといえばツタヤですが、おそらく全国どこのツタヤの店舗でも『ヒルズ・ハブ・アイズ』は置いてないでしょうね。
詳細はもう一つわかりませんが、何でも被爆者団体からクレームがついたとか何とか。
でも殊更被爆者を愚弄する作品ではないように思うんですけどね。

>幸太郎さん
幸太郎さんにはお薦めできる作品ですよ。ツタヤには置いてないですけどね。

>原爆で死んだ人だけを特別扱いすること自体、ちょっと反差別のニオイがしますな。
大事な人を自動車事故で無くした方は、自動車事故のシーンのある映画は受け入れられないでしょうし、身内に自殺者がいる人は、やはり自殺するシーンがある映画は正視出来ないでしょう。
そういった感情自体は理解できますが、かといってあまりにも配慮配慮でタブーを犯すことを恐れていては、何も面白い作品は作れないですよね。
『サザエさん』そのものは何も悪くありませんが、『サザエさん』みたいな作品しか存在しない世界はやっぱり御免被ります。
はじめまして。 (TAK)
2013-03-16 23:30:05
今さっき見終わって検索してこちらにたどり着きました。
このDVD、TSUTAYAで借りてきましたよ。
置いてるところもあるんですかね??。
なかなか面白い作品でした。
では失礼します~。
はじめまして~。 (せぷ)
2013-03-17 06:46:17
はじめまして~、TAKさん。
拙いブログですが、よろしくお願いします。

>このDVD、TSUTAYAで借りてきましたよ。
あれ~、そうなんですか?
wikiの『ヒルズ・ハブ・アイズ』の項にもはっきりツタヤでは取り扱わないと書かれていますけど、取り扱っている店舗もあるんですかね?
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%92%E3%83%AB%E3%82%BA%E3%83%BB%E3%83%8F%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%82%A4%E3%82%BA

良い作品なのですから、今後取り扱う店舗が増えていけばいいですね。
Unknown (Unknown)
2014-07-04 16:16:10
とても面白い記事でした。
でも脱原発の政治的考えとかは含めない方がいいと思います。
アメリカの核実験と福島の津波では全然根本が違うし…。
愛する者からの裏切りとか言われても…。福島は国も国民がみんな助けようとしてるし…。事故と故意は違うでしょう。
右翼思想とか左翼思想とかはどうてもいいけど、そういう政治思想みたいなのが読み取れる文はレビューとして読んでいて気持ちよくないです。
そして、人肉食が金品略奪の付属行為とはとても思えなかったですよ。単純に両方手に入れるぞというように思えました。
さらに、まともな少女が一人いるから他の者もまともだなんて短絡的には考えられない。一部はあくまで一部で、全部ではないと感じました。人には個性があるから偶にはまともな思考の人間も産まれるというだけのこと。

誰かに苦しめられて人生を壊されたからって、他人に同じことをしていいわけもなく。罪ない人を殺し続けている時点で同情すべき点はなくなってしまっています。


よくわかりません。 (せぷ)
2014-07-04 21:56:48
拙レビューを読んで不快になったとすれば、そのことに関しては謝りますが、レビューに政治的思想を絡めてはいけないというのはよくわかりません。
ある映画を観て、芸術論を絡めてレビューを書く人もいれば、演技論に絡める人もいるでしょう。
時代背景に触れる人もいれば、脚本の良し悪しだけに言及する人もいる。
政治と絡めてレビューを書いてはいけないという決まりはないはずです。
自分は単純な娯楽作として受け止めましたが、『ダークナイト・ライジング』や『キャプテン・アメリカ/ウインターソルジャー』から政治的なメッセージを受け取る人もいましたよ。
それはそれで構わないことなのではないでしょうか。

>アメリカの核実験と福島の津波では全然根本が違うし…。
本文にも書いている通り二つの事柄は全く同じだ、などとは言っていません。
お尋ねしますが、東京都に原子力発電所がないのはなぜですか?
経済性や地盤の問題などもありますが、一番の理由は安全性です。
事故が起こった時に一人でも犠牲者が少なくて済むように原子力発電所は僻地に作られているのです。
おそらく、ですが原子力発電所を建設する前に関係者は地元の人々に「原発は安全だ。事故など起こらない。」と説明したことでしょう。
でも実際には事故は起こった。
そのことで国に裏切られたと思った人は一人もいないのでしょうか。
自分は少なからずいただろうと思いました。

>そして、人肉食が金品略奪の付属行為とはとても思えなかったですよ。
見解の相違ですね。
彼らは好んで人肉を喰らっているのでしょうか?
仮に豚肉や鶏肉を自由に口に出来る状況であってもあえて人肉を喰らうのか?
なぜ彼らはテレビを見るのです?なぜ服を着るのです?なぜアメリカ国歌を口ずさむのです?
それらは彼らが人間性を完全には失っていないという何よりの証拠ではないでしょうか。
自分はそう見ました。

>さらに、まともな少女が一人いるから他の者もまともだなんて短絡的には考えられない。
短絡的、ですか?
一人の少女が一定の年齢までまともに育っているのであれば、一人の少女を一定の年齢までまともに育てた者がいる、と考えるのが普通ではないですか?
それともけだものたちのような男たちに育てられたが、彼女だけが一人まともだった、そうお考えですか?
自分にはそう考える方が無理があると思います。

>誰かに苦しめられて人生を壊されたからって、他人に同じことをしていいわけもなく。
その通りです。その考え方はとても理性的で正しい。
自分も同じように人肉を喰らうぐらいなら死んだ方がマシだ、そう考えています。
しかしその理性的な考えを絶対的に持ち続けられるのか、正直自信がありません。
俺たちが生き残るためにはこれしかないんだ、と仲間に言われたら…。
世の中には強い人間ばかりじゃないのです。
そのことを忘れない方がいいと思います。
Unknown (ゆ)
2014-07-06 08:16:13
わたしも昨日2を見ました!
食人鬼の一人は軍隊の方達をかくまってくれていたので、あれは驚きました!
でも、軍隊のうちの一人がダイナマイトを構ってる最中に逃げたけど。
最後あの食人鬼のひとはどこに行ったんだろう?
3がでる予感ですよね!怖かったけど、おもしろかったです!(*^^*)
あと、とってもおもしろい文章でした!
実は未見なのです。 (せぷ)
2014-07-07 23:36:16
ゆさん、コメント、ありがとうございます!

実はここだけの話、『ヒルズ・ハブ・アイズ』を手放しで褒めている割には『ヒルズ・ハブ・アイズ2』は未見なのです。

なぜかというと、自分の場合ある映画をすごく気に入っても、その続編を見てガッカリすることが結構多いんです。
最近では『ワナオトコ2』を見てそのつまらなさに心底ガッカリしました。
なので、続編はよほど評判がよくないと見ないようにしています。

でも、ゆさんが面白いというのであれば、今度見てみますね。
たぶんお盆休みぐらいになると思いますが。
こんにちは (ribonnoneko)
2015-01-04 11:36:31
ホラー映画のネタバレを検索しているうちに、こちらへ辿り着きました。とても面白いレビューでした。怖がりなので映画を観ることは出来ませんが観れた気になれました!ありがとうございました!!

コメントを投稿

旧作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事