この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

ハッピードリームサーカスの福岡公演を観に行ってきました。

2019-05-25 23:28:06 | 日常
 土曜日はイオンモール福岡まで【ハッピードリームサーカス】の福岡公演を観に行ってきました。
 実はハッピードリームサーカスに行くのは今回で三回目。
 ハッピードリームサーカスは二年前に久留米にも公演に来たことがあって、そのときは二回行ったのです。
 ただそのときはヤクルトのおばちゃんから割引券をもらったので格安で観れたんですよね。
 今回は割引券が入手出来なかったので通常の料金です。
 通常の料金といっても自由席2,500円、S席3,000円、SS席3,500円、ボックス席4,000円の中から選ばなくちゃいけないんですけど、金額的に切りがいいS席にしました。
 3,000円、映画の鑑賞料金よりはだいぶお高めですが、いやいや充分元が取れましたよ。

 13:00開演、オープニングセレモニーでは全キャストが登場しました。


   

 見てもらったらわかると思いますが、ハッピードリームサーカスはキャストが全員外国人です(たぶん)。
 ラテン系、ロシア系、様々な国の人たちでハッピードリームサーカスは成り立っています。

 最初のプログラムは男女デュオによる空中パフォーマンス。


   

 この写真でも「これってどういう状態なんだ?」って感じですが、実際はそれをさらに上回って「これって一体?」と思えるパフォーマンスでした(つまり写真を撮るのが下手ってこと)。

 ハッピードリームサーカスでは子供たちも重要なパフォーマーです。


    

 他愛のない大道芸パフォーマンスですが、


   

 リフトアップされた状態だと観る側の緊張感も違ってきますね。
 命綱はつけていません。

 三回目ともなると前にも観たプログラムも多いのですが、一見同じように見えて進化しているものもありました。


   

 すり鉢状の金網の中をバイクやバギーが疾走するカースタントショー。
 観るのは三度目だったのですが、この日はバイクの中に一台自転車が混じっていました。
 写真ではわからないけど。

 逆に上手く写真に撮れたのがファイヤーパフォーマンス。


   

 CGにはない、本物の迫力がありました。

 三連大車輪も迫力があったなぁ。


   

 パフォーマーの一人が車輪の外周を回るのですが、最頂部でわざとよろめいたり、コケたりするんですよ。
 観ていてドキドキしました。

 プログラムのとりを飾るのは当然空中ブランコです。


   

 パフォーマーの一人が子供で、その子が二度続けてドッキングに失敗したんですよ。
 さすがに同じパフォーマンスに続けて三度は挑戦しませんでしたが、最後の最後にクロスチェンジという大技を決めてくれました。
 会場からはこの日一番の惜しみない拍手が送られていました。

 自分はこの日S席で鑑賞しましたが、500円ケチらず、SS席で観ればよかったと後悔しました。
 これから観に行くという人は少しでも良い席で観た方がいいですよ。

 久留米公演は二回観に行きましたが、福岡公演はさすがに今回限りだと思います。
 でも割引券が手に入ったらもう一回観てもいいかな~。
 どこかで配布してませんかね?笑。
コメント   この記事についてブログを書く
« 「疑いなさい」と言ったとい... | トップ | 映画のお茶会に参加してきま... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日常」カテゴリの最新記事