この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

いろいろ不幸と不運が重なった『ジュラシック・ワールド』。

2015-08-09 23:31:27 | 新作映画
 コリン・トレボロウ監督、クリス・プラット主演、『ジュラシック・ワールド』、8/9、ユナイテッドシネマキャナルシティ13にて鑑賞。2015年26本目。


 8/9にまささんとジュラシック・ワールド』を観てきました。
 ただ、最初は『ジュラシック・ワールド』を観る予定ではありませんでした。『ミッション:インポッシブル/ローグ・ネイション』の方を観るつもりでした。
 『JW』よりも『M:I』の方を観たかったのかというと別にそういうわけでもなく、どちらの作品も10:15からの上映だったのですが、『JW』は上映がIMAX3Dで、前売り券とは別に料金が必要だったんですよね。3Dで観なくてもいっか、と思ったのです。
 つまり自分の『JW』への期待度はその程度だったってことになりますね。笑。

 しかし、自分はこの日が『M:I』と『JW』の公開後最初の日曜日だということを忘れてました。そして世間では夏休みだということも…。
 もう、10時前にはチケット売り場の前には見たこともないような超長蛇の列が出来てました。
 10:15の回はどちらの作品も完売、仕方なく12:10の回の『JW』(2D)を観ることになりました。
 『JW』なんて3Dで観なくてもいっかとは思いましたが、まさかこんな形で2Dで観ることになろうとはね、とほほ(2時間鑑賞が先延ばしになったのでその分駐車料金も余分に取られました)。

 12:10の回の鑑賞なので、早めのお昼を食べることにしようかということになりました。
 しかし11時前に開いているお店もなく、24時間営業の定食屋がキャナルの近くにあったことを自分が思い出し、行ってみました。
 が、24時間営業にもかかわらず、その定食屋が日曜日は定休日で休み。なじぇ!?と思いましたよ。
 代わりに隣りにあった蕎麦屋に行きました。
 その蕎麦屋がガンガンにクーラーを効かせてて、蕎麦を食ってる間に気分が悪くなってきました。温かい蕎麦にするべきだったのか。

 12時前にキャナルに戻り、『JW』を鑑賞。
 ここでも自分の座っていた席にクーラーの冷風が直撃して寒くて仕方なかったです。
 一応Tシャツの上に羽織るものは持って行っていたのですが、全然甘かったですね。コートを持っていくべきでした。
 
 ここまで書けば理解してもらえると思いますが、まともに映画鑑賞が出来るような状態ではなかったです。
 シネコンの支配人の方も夏はエアコンをガンガンに効かせるのが最高のサービス!だと思っているのかもしれませんが、室温は常識的な範囲で設定してください。寒すぎました。

 そんなわけで、まともなレビューは出来ないのですが、映画を観ている間ずっと気になっていたことがあって、それは出演者の一人が日本のタレントにソックリだったことです。
 鑑賞中、誰だったかな~とずっと考えていたのですが、観終わった後思い出しました。つのだ☆ひろでした。
 あと、パパイヤ鈴木に似ている人も出てましたよ。
 つのだ☆ひろとパパイヤ鈴木に似ている出演者かいると聞いて、気になる人は観に行ってみてはどうでしょうか。
 ちなみに自分がこの人とこの人って似てる!と主張してもあまり人から認められることはないんですけどね。


 お気に入り度★★★☆、お薦め度★★★☆(★は五つで満点、☆は★の半分)。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 【夢HANABI2015】に行ってき... | トップ | 2017年のご予定は? »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
大変だったのですね (蒼史)
2015-08-16 01:50:30
いろいろ不幸と不運が重なった・・・ タイトルに偽り無し、ですね(><;;; 
大変でしたね。お疲れ様でした。

>つのだ☆ひろとパパイヤ鈴木に似ている出演者
気になりますねえ。
もしレビューがあったなら、その中でつのだ☆ひろとパパイヤ鈴木はどのように書かれていたのでしょうか?
興味をそそられますね。
読みたかったなあ。

実際、 (せぷ)
2015-08-16 22:29:50
実際致命的にきつかったのは映画館の冷房がガンガンに効いていたことだけなんですけどね。
あとは結構日常でもよくあることです。
って、24時間営業のお店が定休日だったことがよくあることだと言っている時点で負け犬宣言しているようなものですね。涙。

>もしレビューがあったなら、その中でつのだ☆ひろとパパイヤ鈴木はどのように書かれていたのでしょうか?
自分は似ていると思いましたし、鑑賞後まささんに聞いたら、確かに似てるなと言ってくれたんですが、家に帰ってから検索しても同じように思った人はいなかったです。
DVDになった暁には是非蒼史さんに確認してもらいたいなぁ。
パパイヤ鈴木とつのだ☆ひろは、劇中二人ともこんな死に方は絶対したくないという最期を迎えてましたよ。ある意味パパイヤ鈴木とつのだ☆ひろに相応しかったですね。笑。

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事