この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

ベストとトホホ。

2012-01-27 23:25:56 | 映画秘宝
 毎年映画秘宝の三月号では前年公開された劇場映画のベスト10とワースト10(秘宝での呼称は「トホホ10」)が選出、発表されるんですが、その記事が2chなどでちょっとした話題になっているようです。(こちら
 簡単にいうと、ワースト映画を選ぶこと自体がナンセンスだ!!(ベスト映画だけ選べばいい)、『△△』が選ばれないのはおかしい!!、(逆に)『○○』がトホホ映画に選ばれるのはおかしい!!、といった感じで叩かれていました。
 
 まず、ワースト映画を選ぶことについてですが、自分はとても意義があることだと思いますし、ナンセンスだとは思いません。
 例えば、年間100本映画を観る人が、その年に観た映画のベスト10を選ぶことには誰も文句をつけたりはしませんよね。
 ベスト10がベスト20だったとしても、それは同様だと思います。
 じゃ、ベスト100では?
 やっぱり文句をいうことではないはずです。時間と労力がベスト10の10倍かかるだろうな、っていうだけで(鑑賞した映画をすべてランク付けしてる人がいたとしたら、自分はむしろ「偉いな~」と感心します)。
 そしてワースト10っていうのは、単にベスト100の最下位から10作抽出したに過ぎないんですよね。
 つまり、自分に言わせれば、ベスト10を選ぶこともワースト10を選ぶことも作品にランク付けしていることには変わりなく、ベスト10を選出することは有意義だが、ワースト10を選出するのはナンセンスだというのは、理屈も意味もよくわかりません。

 『△△』がトホホに選ばれないのはおかしい、という意見も多かったのですが、これも別段不思議なことでも何でもないです。
 なぜなら、選者の多くは(職業としての)映画評論家でも何でもなく、タレントや漫画家や作家など一映画ファンに過ぎず、彼らは面白くないと思われる映画は最初から観に行かなかっただけのことです(一部、あえて面白くないと思われる映画をあえて観に行ってる選者もいたが、それはあくまで例外)。
 『△△』がトホホに選ばれないのはおかしい、というのは、面白くないと思われる映画でも観に行くべきだ、といってるようなもので、それは一映画ファンには無理、というものです。
  
 また、『○○』がトホホ映画に選ばれるのはおかしい!!という意見はそれこそナンセンスですよ。
 だって万人が満足できる映画なんてこの世にないんですから、たまたまその映画をつまらないと思った人が選者に多ければ、選出されるのは道理でしょう。
 重要なのは、選出された“こと”ではなく、選出された“理由”だと思います。
 今年の映画秘宝では、『SUPER8/スーパーエイト』がトホホで1位だったのですが、この作品をトホホとして選んだ人の理由は、映画秘宝本誌を読めば、別段理解できないものでも何でもなかったですよ。
 一言でいえば、この作品への鑑賞前の期待度が高かったから、です。
 この心理はよくわかります。
 自分は『SUPER8/スーパーエイト』は60~70点の出来で、可もなく不可もなくといったところだったんですが、鑑賞前の期待度が200点であれば、そりゃ70点の出来だって、ものすごくつまらなかった、と思うでしょうね。
 
 こんな理由でこの映画がトホホに選ばれるなんておかしい!!というならともかく、(理由の如何は問わず)この映画がトホホに選ばれるのはおかしい!!というのは視野が狭い、としかいいようがないです。もしくは物事を表面的にしか判断できない。本質で判断していない。

 世の中、表面だけを見て物事を判断する方が楽だし、手っ取り早いです。それでオッケーという場合も多々ある。
 でも、それでは不十分だという場合も少なくないと思います。
 今回の件でそのことを強く痛感しました。
 自分への教訓にしたいと思います。
コメント (7)   この記事についてブログを書く
« ドンデン返し職人ジェフリー... | トップ | 我が愛しのイタ車。 »
最近の画像もっと見る

7 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
厳しいですね。 (ねこ)
2012-01-29 23:55:15
でも言ってる事は間違ってないと思いますよ。

映画を観る人次第で感想は変わるし、逆に色んな意見があって当然と思うべきかな?
何でもそうですけど、ベストワーストと言ったランキングに惑わされず自分の中でのベストワーストがあれば良いと思うんですけど?
それを押し付けず個人で楽しめば良いと…あっ、また素人意見なのでスルーして下さい(汗)
映画っていうのは、 (せぷ)
2012-01-30 22:05:16
>映画を観る人次第で感想は変わるし、逆に色んな意見があって当然と思うべきかな?
その通りですね。
映画っていうのは、人それぞれ価値観や感性が違うので、いろんな意見があっていいのですよ。
自分は『タイタニック』や『アルマゲドン』で感動することはありませんが、『タイタニック』や『アルマゲドン』を見て、涙を流す人がいたら、それは素敵だな、って思います。

>何でもそうですけど、ベストワーストと言ったランキングに惑わされず自分の中でのベストワーストがあれば良いと思うんですけど?
自分の中でベスト・ワーストが完結する、それが確かに理想なんですけど、そうはいっても人間というのは弱い生き物ですから、人それぞれ価値観や感性が違うのと同時に、それらを他人と共有したがるものなのではないでしょうか。

自分でいえば、誰に何を言われても、去年観た映画の中で『わたしを離さないで』がワースト1なんですが、それでも誰か自分と同じように考える人はいないものかな、ってつい思っちゃいます。
確かに。 (ねこ)
2012-01-30 23:18:19
人って何かと共有したがりますよね。
それ自体は悪い事ではないけど、押し付けるかのように我を通す(2チャンにいるような人達)のは良くない気がします。

因みにタイタニックとアルマゲドンで泣けるのは愛する人の死という所ですからね。
愛する人を失いながらも生きなければならないのは辛いな…って思うと泣けてきませんか?
自分は、 (せぷ)
2012-01-31 21:36:16
>押し付けるかのように我を通す(2チャンにいるような人達)のは良くない気がします。
自分は、ブログで自分の考えは述べますが、それ以上のことをしようとは思いませんねぇ。
自分の考えを正確に伝えること、まして人に考えを改めさせることの難しさは嫌っていうほど知っているので…。

>因みにタイタニックとアルマゲドンで泣けるのは愛する人の死という所ですからね。
愛する人の死は、人生に起こりうる最も悲しい出来事だと自分も思いますが、『タイタニック』や『アルマゲドン』は演出がベタすぎて自分は泣けません。。。

『タイタニック』や『アルマゲドン』で泣けちゃうねこさんに、さらに泣ける映画を紹介しましょう。
泣ける映画の定番といえばこれでしょう、『マイ・フレンド・フォーエバー』!!
タイトルを聞いただけで泣けてきそうでしょう?
もう『タイタニック』とは比べ物にならないぐらい泣けると思いますよ、、、と思ったらDVDになってなかった!!
知らんかった!!超名作なのに!!

仕方ない、次点で『ペイ・フォワード』はどうでしょうか?
これも悪くないんだけど、『マイ・フレンド・フォーエバー』に比べたら劣るなぁ…。
今度観ます。 (ねこ)
2012-02-01 00:44:41
バスタオルを用意して(笑)
せぷさんお勧めの映画なら間違いないはずだし♪♪

期待して観ますからね(笑)
もし泣かなかったら…せぷさん嘘つきーって言いながら泣きますよ!?
ほんと残念です。 (せぷ)
2012-02-01 21:03:35
いやー、ほんと残念です。
『マイ・フレンド・フォーエバー』だったら、ねこさんを涙の海で溺れさせる自信があったのですが、まさかDVD化されてないなんて!!

『ペイ・フォワード』も悪くはないですが、せいぜい涙の水たまりが出来るぐらいかなぁ。
あまり自信はないです。

また今度何か泣ける映画を思い出したら、ねこさんに連絡します。
必ず溺れさせてやるからなぁああああ!!!
きっと泣きます。 (ねこ)
2012-02-02 00:26:40
だってアルマゲドンとかタイタニックで泣くような人間なんですよ(笑)

せぷさんって実は負けず嫌いですか?(笑)
溺れるほど泣ける映画楽しみにしてます♪♪
その前に『ペイ・フォワード』は見なくちゃ。

コメントを投稿

映画秘宝」カテゴリの最新記事