この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

映画秘宝四月号は本日発売!

2006-02-23 23:47:32 | 新作映画
映画秘宝四月号は本日発売!

あの『氷の微笑』のパート2が制作されるそうです。
主役はパート1と同じ、御年四十八歳のシャロン・ストーン。
一言言わせてもらっていいですか?
やめとけ!!

特集は『あなたの知らない凄い映画』。
確かに聞いたこともないような凄い、というか凄すぎる映画が紹介されてるけど、紹介されている映画、どれも一般人には鑑賞不可能では?
ま、それが映画秘宝のいいところなんだけどさ。笑。

他にも『エミリー・ローズ』や『エクソシスト』、『ヒストリー・オブ・バイオレンス』などの映画についての、濃い文章の記事がテンコモリ。
これからゆっくりと読みます。笑。

相変わらずピンナップは充実してて、中でも加藤ローサは可愛いなぁ。
やっぱり彼女の出演する『シムソンズ』は何とかして観にいこーっと。
ところで彼女はGWに公開される伊坂幸太郎原作の『陽気なギャングが地球を回す』にも出てるらしいんですけど、原作に、若い女の子って出てきましたっけ?
読み返してみたけど、彼女が当てる役がさっぱりわからん。。。オリジナル・キャラなのかな?(原作はある意味完成されてるから余計な手を加えて欲しくないです。)

今月号はそんなところです。(つーか細かいところはこれから読むんだけどね。)

コメント (8)   この記事についてブログを書く
« 買い物。 | トップ | 連想ゲームバトン。 »
最近の画像もっと見る

8 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (モキエル)
2006-02-24 00:34:06
シャロン・ストーンはたしかにやめとけって感じがしますよね。

氷の微笑も随分前の作品なわけだし、そこはちゃんと世代交代するべきだと思うんですよ。

四十八歳…、ほぼ五十路の方にセクシーなことされても困ります。

どちらかというとマニア向けとなってしまいます。

うそ~ん。。 (ma)
2006-02-24 11:32:35
『氷の微笑』パートⅡですかっ!!!!

今度は熟女バージョンって事でしょうか???

最近彼女化粧品の広告になったりして、ちょっと気になる存在ではありましたが。。

でも先日彼女のトップレス姿を雑誌で見かけましたが、とても47(写真時の年齢)には見えない美しさでしたよっ

もう十分に大物なんだから仕事選べば良いのに。。
加藤ローサは、 (小夏)
2006-02-24 20:46:19
確か響野の妻「祥子」だったかと♪

あ、今ちょっとビックリしたでしょ。



なんだかねー。

個人的には、響野@佐藤浩市も祥子@加藤ローサもオッケーなんだけど、とりあえず年齢設定は大幅無視っぽいですね。
コメント、感謝です。 (せぷ)
2006-02-24 21:42:25
モキエルさん、maさん、小夏さん、コメント、感謝です。



モキエルさん、『氷の微笑』でのシャロン・ストーンはセクシィなんてものじゃなくて代役なしの無修正の素っ裸らしいですよ。

もはやこうなるとサスペンス映画というよりホラー映画ですよね。笑。



maさん、『映画秘宝』によるとシャロン・ストーンがこのオファーを受けたのは五年前脳出血で倒れて多くの人に世話になったので、その人たちに何か恩返しをしたいと思ったから、だそうです。

心掛け自体は非常に立派だと思いますが、方向性が完全に間違っていると思います。笑。



小夏さん、加藤ローサは『祥子』役なんですか!?

うっそー!!って感じです。

う~ん、どう考えても祥子は三十才前後だろうと思うんですが。

祥子に限らず『陽気なギャングが地球を回す』のキャスティングは鈴木京香以外はイメージに合わないなぁ。

成瀬はもっと役人っぽい堅物の人のイメージがあるんですけどねぇ。。。
少しだけ読みました。 (YUMIKA)
2006-02-26 19:19:06
今月号はわりとすぐに読み始めることができたのですが、また止まってしまっております(笑)。

個人的には「エクソシスト」の記事を読むのが楽しみだったり。



新連載コラムもいくつか入っていましたけど、ダンナが「怪獣墓場が載ってない」とつぶやいていました。私もなんでないのかなーと思ってます。

もしかして、うやむやのうちに終わりに……?(汗)

怪獣墓場。 (せぷ)
2006-02-27 00:53:00
二月号ではやたらと最終回を迎えたコラムが多かったので、どれが実際終わったのか把握してなかったのですが、改めて確認してみると『怪獣墓場』は確かに最終回とは書いてありませんねー。

『怪獣墓場』のファンの方の場合、よかった、最終回じゃない、と安堵したのも束の間、実は最終回だった、なんていうオチだとショックも倍増ですね。



ついでにいわせてもらうと新しく始まったコラムのアルファベットのロゴが滅茶苦茶読みにくいです。(『media check』とか。)

そう思いませんか、YUMIKAさん?
思います! (YUMIKA)
2006-02-28 17:19:31
言われてあらためて見てみましたが(いまだ読むのが一向に進まない/爆)、確かに見にくくなっちゃいましたねー。

デザイン凝りすぎて、何秒か考えないとなんて書いてあるのかわからないです。←ただ単に、私のボケではないと思いたい……。



「怪獣墓場」は来月号に記事も断り書きもなければ、闇に葬られたと解釈せざるを得ませんね。

帰ってきてー!!
ですよねー。 (せぷ)
2006-02-28 21:11:17
あの文字はYUMIKAさんの目にも読みにくく映りましたか。

デザインが凝った読みにくい文字とデザインの凝ってない読みやすい文字とでは、雑誌においては後者を用いるべきですよね。



『怪獣墓場』、墓場から甦ってくるといいですね♪

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事