この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

2016年劇場鑑賞映画ベスト10!!

2016-12-28 00:07:52 | 新作映画
 11月の内に早々と発表したワースト5に引き続き(こちら)、ベスト10の発表です。
 いつもとは趣向を変えて一位から発表したいと思います(あまり変わらないという噂もある)。

 栄えある第一位は、、、『エクス・マキナ』!!おめでとうございます。
 はっきり言って脚本はかなり無理がある映画ではあるんですよ。でも印象に残るシーンが多くって。
 例えば、アンドロイドの創造主である男がアンドロイドに刺殺されるシーンがあるんですが、そのときナイフが男の胸にスーッと入っていくんですよ。まるでバターナイフでバターを切る時のように。
 普通、ナイフで刺すときはブスッとかそんな物騒な擬音が入るものじゃないですか。それが男の胸に吸い込まれるように刺さっていって、確かにアンドロイドが人を刺すときはこんな感じだろうなと妙に納得しました。

 第二位は『死霊館 エンフィールド事件』
 単純に完成度だけでいえば2016年に観た映画の中でこれが一番かもしれません。それぐらい脚本、ヴィジュアル、演出、キャスト、すべてにおいて隙のない映画でした。
 自分は常々ホラー映画って殺人鬼が出てきて人を殺して回るだけではつまらない、プラスアルファの何かがないといけないと思っているのですが、まさにこれ。『死霊館 エンフィールド事件』は恐怖+家族愛、夫婦愛なんですよ。ラストはすごく感動しました。

 第三位は『キャプテン・アメリカ/シビルウォー』
 ヒーロー同士の内輪もめというだけなら『バットマンVSスーパーマン ジャスティスの誕生』と同じネタなのですが、作品の出来は雲泥の差でした。
 
 第四位は『湯を沸かすほどに熱い愛』
 豊作揃いであった邦画の中でも敢えて自分はこれを推します。観終わった時の衝撃は半端なかったです。

 第五位は『アイアムアヒーロー』
 観終わった後の衝撃と言えばこれも負けてなかったです。カタルシスだけであればこの作品が一番かもしれない。

 第六位は『ヒメアノ~ル』
 いやいやこれもすごかったな~。2016年の邦画は本当に豊作でした。

 第七位は『ブリッジ・オブ・スパイ』
 今まで見たスピルバーグ作品の中でこれが一番好き。昼間のパパはちょっと違う~♪

 第八位は『オデッセイ』
 登場人物に一人も悪人がいないことに物足りなさを覚えた人もいたようですが、自分は逆に悪人が一人もいないのにこれだけ面白く話を作れるのかと感心しました。

 第九位は『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』
 正直前半はウトウトしてしまったのですが、ラストはめっちゃ泣かされました。自己犠牲のお話大好き♪

 第十位は『ドント・ブリーズ』
 登場人物に悪人ばかりで共感できないという声もちらほら聞きますが、自分は一人を除いて感情移入しまくりでした。
 特にアレックス視点でこの物語を見ると切なすぎます。

 
 こんなところかな。
 一位に『エクス・マキナ』、二位に『死霊館 エンフィールド事件』を選んだ人はまずいないでしょうね。
 自分らしいベスト10を選べたかな、って思います。

 来年も面白い映画を観れたらいいなと思いますが、今のところ2017年公開作で「これ!」って思えるような作品がないんですよねぇ。
 何か目ぼしい作品をご存知の方がいらっしゃったら教えてください。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016年劇場鑑賞映画一覧。 | トップ | 今年最後のチャレンジってこ... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは~ (あっつぁん)
2016-12-28 15:07:53
せぷさぁん、こんにちは~
ドントブリーズ
わたしも興味あるんですよねー
でも一番近い上映映画館が東京だったの
あり得ないよねー
だからレンタル待ちまっす
( ;∀;)

少し早いですが…
今年もいろいろありがとうございましたっ
どうか良いお年を…
(^^)/~~~

こんばんは~。 (せぷ)
2016-12-28 20:23:34
あっつぁんさん、こんばんは~。

『ドント・ブリーズ』、自分は面白かったですよ~(同行したまささんは「普通だった」っていってますが)。
それにしても最寄りの映画館が東京ですか、そりゃ遠すぎて観に行けないですよね。
かくいう自分も普段行くことのないシネコンに一時間かけて行ってきましたよ。福岡ではそこでしか上映されてなくて…。
まぁでも美味しいものも食べてきたのでよかったです。

>今年もいろいろありがとうございましたっ
こちらこそ♪
不束者ですが(?)これからも末長くよろしくお願いします~。

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事