この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

ホテル・ルワンダ。

2006-02-26 23:28:05 | 新作映画
『ホテル・ルワンダ』を観てきました!(今度こそ本当。)
前日観損ねたのがどうにも口惜しかったので、意地で観てきました。

さて、ここだけの話ですが、このブログでは『ホテル・ルワンダ』のことをかなり早い時期に取り上げました。
町山智浩氏の日記でこの作品のことを知り、それ以来公開されるかどうか動向を見守ってきて、公開見送り!の報を耳にしてさほど間を置くことなくそのことを記事にしましたから。
何だよ、自慢話かよ、そう思われる方もいるかもしれませんが、これには続きがあります。
『ホテル・ルワンダ』公開見送り決定後、ネットでは上映を熱望される方々による署名活動が行われました。
実は、自分は公開見送りのことを記事にしておきながら、この署名活動には参加しなかったのです。
なぜか。
ネットで署名活動なんてやったって意味なんてない、公開されるわけない、そんなふうに考えていたからです。
いうまでもなく、この考えは誤りでした。
ネットの署名活動によって一本の映画が公開に到るというのは、ネットの新たな可能性を示唆してくれたような気がします。
今後同様の署名活動が行われる場合は出来るだけ積極的に参加していこう、そう思っています。

『ホテル・ルワンダ』を観て、自分が思い起こさずにいられなかったのは過激な韓国バッシング、いわゆる嫌韓流です。
はあ?一体どうして?何の関連があるっていうの?と首をひねる方もいるかもしれませんが、自分は通じるものがあると思うのです。
嫌韓流のサイトでは竹島問題や歴史問題とともに韓国人による日本のアニメや漫画、ドラマなどのパクリが紹介されています。
そういった記事のコメントに目を通すと、「日本のアニメがパクられているなんて全然知りませんでした。韓国人ってとんでもない連中ですね!」みたいなことが書いてあったりする。
そういったコメントを読むと背中にゾクリと寒気が走ります。
確かに平気でパクリをする韓国人がいるというのは事実だと思います。実際にいるんだから、誰に否定しようもない。
しかしいわせてもらうとパクリは何も韓国人の専売特許というわけではありません。日本人だってする人は平気でする。
例えば映画にもなったあのミリオンセラー、元々のタイトルは『恋するソクラテス』だったりします。(どの小説のことか、わかりますか?)
他にもテレビ雑誌の新ドラマの紹介欄を見て、このドラマの粗筋、どこかで聞いたことがあるなぁと思ったことは誰にでも一度や二度はあるのではないですか?
ともかく、節操もなく他人の商品やアイディアを平然と真似ることに関しては韓国人も日本人も大差はない。
にもかかわらず、韓国人“だけ”がパクリをする、といったイメージを与えかねない嫌韓流は、正直怖いです。
A.平気でパクリをする韓国人がいる。
B.韓国人は平気でパクリをする(人種である)。
先ほども述べたとおりAは事実です。誰に否定しようもない事実。
一方Aと似通った文章であるBは、決して事実ではない。AとBは天と地ほど意味に違いがあるのです。
しかしいつの間にかAとBをごっちゃにしてしまう人たちがいます。そしてそれをあっさりと事実として受け入れてしまう人たちがいる。
それが怖い。

『ホテル・ルワンダ』でフツ族をツチ族虐殺に駆り立てるのはラジオです。そう、たかがラジオ。
聞き取れるかどうかの音量でラジオから流される不気味な音楽。繰り返されるアジテーション。
ツチ族はゴキブリである!今こそフツ族の真の力を示せ!ツチ族は皆ころしにせよ!
たかだかラジオが百万人もの人間を殺せたというのであれば、インターネットが本気になればどれくらいの人間を殺せるのでしょうね。

『ホテル・ルワンダ』は、インターネットの新たな可能性を自分に示唆してくれました。
けれどそれと同時に潜在する恐怖も教えてくれました。

コメント (13)   トラックバック (3)   この記事についてブログを書く
« 嫌になる。 | トップ | シムソンズ。 »
最近の画像もっと見る

13 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
入り浸り (ryodda)
2006-02-28 09:51:50
最近ことあるごとに書き込んでますが・・・

パクリは悪いってのもどうなんですかね?

良い真似と悪い真似はあっても、本当にオリジナルなものなんてないと思うんですけど。

要は元ネタが有名かどうかだけって気がしちゃいます。
さすがに鋭いですね。 (せぷ)
2006-02-28 21:37:52
さすがにryoddaさんは鋭いですね。

仰るとおりでパクリは一概に悪とは決め付けられないと思います。

記事本文ではなぜああいった書き方をしているかというと、単純に筆力不足です。

ルワンダのラジオと嫌韓流、両者はともに過度に攻撃的で、いびつなアジテーションだと思います。

嫌韓流のカテゴリーはすべてそれがいえると思うのですが、残念ながら竹島問題や日韓の歴史でそのことを指摘できるほど自分はこの分野において通ではありません。

ですからパクリだけに絞って取り上げたわけですが、ただパクリとは何か、から始めると記事が際限なく長くなりそうなので、単純に韓国のパクリをあげつらうならば日本のパクリも同様に扱うべきである、と主張するにとどめました。(それ自体は間違っているとは思わないので。)



それからryoddaさん、よければこれからも入り浸ってくださいね。笑。
通りすがりのものですが (A.Na)
2006-03-01 01:27:39
韓国のパクリに関しては、このサイトが詳しいですよ。



http://nandakorea.sakura.ne.jp/frame.html



以前、韓国は剣道や空手や(以下略)をパクっておいて、欧米に対しオリジナルが韓国でそれを日本がパクった、などと主張したことがあります。



日本はそう言う事はやっていないと思いますが。
Unknown (モキエル)
2006-03-01 18:29:33
ここではパクリがどうとかいう話になっていますが、嫌韓流の側の人間にとってはそこは全然問題じゃないんですよ。

簡単な話、彼らは韓国人が嫌いなのであって、そのパッシングの材料としてパクリ問題があったというだけの話です。



で、個人的な見解では日本の嫌韓流よりも、むしろ中国の方をどうにかしてもらいたいです。

1,2年前のサッカーアジアカップ決勝での中国戦で、スタジアムで日本国旗を焼いたというのは今でも忘れられません。

この前の日本、中国、韓国、北朝鮮の4国がリーグで戦う何とかというサッカーでも、中国戦ではのっけから、ラフプレーがあったわけでもないのに日本がボールを持っただけでブーイングの嵐。

日本の教科書が間違っているとかいう問題では、デモによる在人を攻撃、大使館に襲撃。

正直、ありえないです。

戦争をしろとまでは言わないけど、国交断絶ぐらいは考えてもいいんじゃないかと思いました。

コメント、感謝です。 (せぷ)
2006-03-02 00:13:03
A.Naさん、モキエルさん、コメント、ありがとうございます。



A.Naさん、節操のないパクリってまるでコントみたいで笑えますよね。

自分はこういう馬鹿馬鹿しさは嫌いじゃないです。

またよければ寄ってくださいね。



モキエルさん、ここでパクリを取り上げているのは単に自分が竹島問題や日韓の歴史問題に疎いからなんです。

不勉強を恥じるべきなんでしょうかねぇ。。。



サッカーは中国に限らずフーリガン問題が深刻ですよね。

自分は特別贔屓にしているスポーツはなくて、逆にいい試合が観れれば、サッカーであれ、ボクシングであれ、外国の選手(もしくはチーム)が勝っても満足します。

というか、スポーツファンでもない自分が言うのもなんですけど、結果ばかりにこだわっては見るべきものも見落としてしまうんじゃないかと思うんですけどね。



ところでモキエルさん、今度の土曜日、初めてサガン鳥栖の試合を観に行くことにしましたよ。

といっても歌手の平原綾香がくるというので観に行くことにしたんですけど。

最後まで不謹慎なファンですいません。。。
Unknown (モキエル)
2006-03-02 22:44:14
>サガン鳥栖の試合

最初の動機なんてそんなものですよ。

私もノリヲ様をネタ的な要素で観に行ってみようとしたのがきっかけですから。

平原綾香を見るついでに試合観戦して、リピーターになれるといいですね。

ところで鳥栖のキャプテンは今期もシュナイダー潤之助なのでしょうか?

彼はノリヲ様の流れを汲むアツイGKなのですが。
ノリヲ様。。。 (せぷ)
2006-03-02 23:28:31
ノリヲ様、といわれてもさっぱりです。笑。

ノリヲ様も熱いGKなんですね。

特別サッカーの試合を観るのがイヤだ!なんて思っていたわけではないので、この際これといった趣味もないことだし、ハマることになればそれも悪くないかな~と思います。
Unknown (モキエル)
2006-03-03 20:10:47
5年も前のものになりますが、とりあえずこれを見てください。



http://www33.tok2.com/home/jongil/vega/



ベガベガ祭りのNO.4がノリヲ様の紹介になっています。
ノリヲ様。。。 (せぷ)
2006-03-04 21:02:26
モキエルさん、ごく短い作品でありながらノリヲ様の魅力が十分伝わってきました。

ただ自分が一番引きつけられたのが、ノリヲ様の胸に燦然と輝いていた「カニトップ」の文字なんですけど。

仙台の名物なんでしょうか・・・。
遅ればせながら (ryodda)
2006-05-12 18:02:48
観ましたのでTBさせてもらいました。

普通によくできた映画(普通って言っても「並みの」という意味ではなく)でとても良かったです。

電車で遠出して観たんですが、たまには電車の旅もいいものですねー。

窓を流れていく景色が、まるで1カットの映画のようでした。

その後コレを観たので、帰りはかなり重い景色に・・・

コメントを投稿

新作映画」カテゴリの最新記事

3 トラックバック

一方通行の重圧@ホテル・ルワンダ (憔悴報告)
「アフリカの『シンドラー』」という売り文句はとても有効だと思うが、映画自体は『シンドラーのリスト』とはまったくベクトルが違う、予想はできたけど。 これは、『ドーン・オブ・ザ・デッド』(間違っても『ゾンビ』ではない)を『ブラックホーク・ダウン』の ...
ホテル・ルワンダ (負け犬のひとりごと)
「愛する家族を守りたい。」ただ1つの強い思いが、1200人の命を救った・・・。 【イントロダクション(公式HPより)】  1994年、アフリカのルワンダで長年続いていた民族間の諍いが大虐殺に発展し、100日で100万もの罪なき人々が惨殺された。アメリ ...
家族愛の美しさ (藻、たくさんの日々。)
次は、「ホテル・ルワンダ」について。 この映画は、アフリカのシンドラーと呼ばれた人のお話です。 シンドラーって誰? 歴史に疎かったもので、調べてみました。 オスカー・シンドラーは、第二次世界大戦の際に、 千人以上のユダヤ人をホロコーストから ...