この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

新語・流行語大賞について。

2019-11-08 23:38:48 | 日常
 新語・流行語大賞、ノミネート30語が発表されましたね(こちら)。
 これとあと『このミステリーがすごい!』が発売されると、年の瀬が近づいてきたなぁって思います。

 毎年、それ何?初めて聞くんだけど?と言いたくなる単語が一つか二つ、三つか四つ、もしくはそれ以上あるのですが、今年は比較的それが少なかったですね(ゼロではありませんでしたが)。

 その中で、まず「おむすびころりんクレーター」が初耳でしたが、これは選考委員であるやくみつるが無理やり候補にねじ込んだものだそうです。
 まぁ流行語大賞自体特別な権威のある賞ではない(と思う)ので、そういう私的な推挙があっても構わないと思います。
 
 同じく初耳だったのが「サブスク(サブスクリプション)」。
 調べたところ、「本来定期刊行物の購読を意味していたが、定額使い放題サービスなどにも使われるように」だそうですが、「定期刊行物の購読」と「定額使い放題のサービス」って全然意味合いが違うじゃないですか。
 どういう変遷をたどれば「定期刊行物の購読」を意味する言葉が「定額使い放題サービス」にも使われるようになるのか、それはちょっと気になるところです。

 知らなかった、というかちょっと勘違いしていたのが「スマイリングシンデレラ/しぶこ」でした。
 何となく「スマイルシンデレラ」かと思っていました。
 「スマイル」よりも「スマイリング」の方がより笑顔が強調されるんですかね?

 「タピる」、、、ケチをつけるようですが、これ、本当に流行っているんでしょうか?
 タピオカドリンクが流行っていることは知っていたのですが、タピオカドリンクを飲むことを「タピる」というとは知りませんでした。
 どの世代で流行っているのか、ご存知の方は教えてください。

 まぁこんなところかな。
 毎年新語・流行語大賞のノミネート語をチェックするのはそれに興味があるからというより、自分が流行からどれぐらい乖離しているのか、知るのがちょっとだけ楽しいからなのですが、知らない単語が少ないと返ってつまらないですね。

 ちなみに自分が個人的に流行語を推挙するとしたら「将棋の強いおじさん」かなぁ。
 将棋ファン以外意味不明でしたね、すみません。笑。
コメント