この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

試しに見てみた『にがくてあまい』。

2019-11-05 23:00:31 | 日常
 全録ブルーレイレコーダーを購入したということは以前書きました(こちら)。

 この全録ブルーレイレコーダー、実にお利口さんで、こちらが予約したわけでもない番組を映画なら映画、アニメならアニメ、バラエティならバラエティで一定の期間録画保存してくれるのです。
 三連休で時間があったこともあり、録画されていた中から一本、試しに見てみることにしました。
 選べるのは次の6本のうちのどれかです。

①乙一原作、新垣結衣主演、『くちびるに歌を』
②是枝裕和監督の『三度目の殺人』
③『ファンタスティック・フォー:銀河の危機』
④ベン・スティラー主演『ナイトミュージアム/エジプト王の秘密』
⑤川口春奈主演のオーガニックラブコメディ『にがくてあまい』
⑥ジェイソン・ステイサム主演『ハミングバード』

 このうち①は劇場で観て、②は前回地上波で放映された時見ました(っていうか、②が前回地上波で放映されたのってそんなに前のことじゃないですよね?)。
 残る四作は未見で、まぁ普通に考えれば④か、アクション映画を見たいのであれば⑥になるかと思うのですが、6作品のうち唯一存在すら知らなかった⑤を見てみることにしました。
 まぁひねくれ者だからというのもありますが、存在を知っていて見なかったということは何かしら見ない理由があったということですからね。

 さて、試しに見た『にがくてあまい』ですが、劇場で観ていたら「う~~~ん、失敗したかな」と思っていたかもしれませんが、地上波で見る分には充分及第点を与えられる映画でしたよ。

 川口春奈演じるマキは広告代理店に勤めるキャリアウーマン。バリバリ仕事は出来るが異性には縁がなく、料理下手で偏食の持ち主。
 そんな彼女がある日バーで酔いつぶれ、翌朝目覚めると、そこには完璧男子の渚がいて、、、というお話。
 ここだけ抜き出すとありがちなラブコメなのですが、面白いのは渚が菜食主義者の料理の達人で、ゲイであること。
 ラブコメなんだけど、二人の間に(特に渚には)恋愛感情が希薄なんですよね。
 基本ラブコメが苦手な自分でも面白く見れました。

 特に良いなと思ったのは作中登場する料理が美味しそうなことですね。
 ゴーヤの茶わん蒸しは、作り方をメモってお袋に作ってもらおうかと思いましたよ(自分で作ろうとは思わんのかい!)。

 それにしても渚を演じたのが林遣都なんですが、彼って『おっさんずラブ』でもゲイの役でしたよね?(『おっさんずラブ』は未見ですが)。
 もしかしたら本作での演技経験が『おっさんずラブ』でも生かされているのかもしれませんね。
 興味がある方は見比べてみてもいいかもしれません。
コメント