この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

連想ゲームバトン。

2006-02-24 23:45:30 | 雑事
フィギュアスケートの荒川静香にならスケート靴の踵で踏まれてもいいと思う小島さんから『連想ゲームバトン』なるものを渡されました。
小島さん曰く「ラブレター」だそうですが、その愛情表現、屈折してますよ!
たぶん小島さんは好きな男の子の靴の中に画鋲とか入れちゃうタイプではないでしょうか?(どーゆー愛情表現だよ。。。)
ところで荒川静香の『イナバウアー』って凄いですよね。
あれって、初めてフィギュアスケートを観に行った人が遠くから見たら、「わ!首がない人がスケートしてる!!」と驚くのではないでしょうか。
で、その驚いた人の名前が『稲葉』という名前で、稲葉さんが「うわ!」と驚いたことから『イナバウアー』というようになった、、、のだったら面白いんだけどな。
・・・面白くないですか、そーですか。
はい、閑話休題。

『連想ゲームバトン』、ほとんど説明不要とは思いますが、連想で繋がってる言葉の、一番最後の言葉によって自分が連想したものを付け加えて、3名の方に回すというルールだそうです。
最初聞いたときは「バトンもいよいよネタ切れなんだな~」なんてことを思いましたが(受け取っといて何てことをいうんだよ!)、その繋がりを改めて眺めてみると案外面白い。
現在以下のようになってます。

「海」 →「ブルー」→「サッカー日本代表チーム」→「ドイツ」→「ソーセージ」→「バーベキュー」→「カニ」→「白砂」→「砂丘」→「海」→「太陽」→「ひまわり」→「種」→「スイカ」→「うめぼし」→「和歌山」→「みかん」→「あたしんち」→「猿山」→「赤ちゃん」→「フレンチブルドック」→「おばあちゃん」 →「ボーリング」→「ハイタッチ」→「アメリカ」→「カジノ」→「ドラクエ!!」→「スライム」→「キング」→「トランプ」→「マギー審司」→「ジュエリーマキ」→「後藤真希ちゃん」→「モーニグ娘」→「テレビ東京」→「旅」→「駅弁」→「牛タン」→「カルビ」→「脂肪」→「カブサイシン」→「ナルリョラ イスンヨブ」→「金本知憲」→「ミラクルホームラン」→「逆転」→「旗」→「体育祭」→「打ち上げ」→「飲ま飲まイェイ」→「一気飲み」→「ウコン」→「インド人」→「ガンジー」→「黄色い服」→「阪神タイガーズ応援団!!」→「六甲おろし」→「もみじおろし」→「花札」→「花」→「たんぽぽ」→ 「春」→「一年生」→「ランドセル」→「赤」→「さくらんぼ」→「フルーツ」→「乾汁」→「胆汁」→「胆のう」→「人間ドック」→「悪い結果」→「いい結果」→「試験」→「ゲーセン」→「真夜中」→「丑三つ時」→「藁人形」→「般若」→「浮気」→「櫻澤」→「練馬」→「大根」→「煮物」→「割烹着」→「給食当番」→「カレー」→「ターメリック」→「オムライス」→「ケチャップ」→「マヨネーズ」→「チューブ」

つまり小島さんが受け取ったのが「マヨネーズ」、継ぎ足したのが「チューブ」ってことですね。
「マヨネーズ」を受け取った小島さんは一瞬「一気飲み」(?)にするか「常備薬」(??)にするか「全裸」(???)にするか迷ったそうですが、結局おとなしめの「チューブ」にされたとのことです。
いつの間にか知らぬ間に大人の階段を上ったのですね、小島さん!!(←意味不明。)

それはさておき、改めて言葉の繋がりに注目して見ると「海」で始まったバトン、早くも二列目で再び「海」にループしています。
ルールに明記してないけど、被っちゃいかんだろ、被っちゃ!
二度目の「海」を渡された人は「ブルー」にしたい誘惑に駆られなかったのでしょうか?
そして三列目、最初の謎の並びが発生。
それは何かというと「種」→「スイカ」→「うめぼし」。
これが「スイカ」→「種」→「うめぼし」だったら自然ですよ?でも「スイカ」から「うめぼし」を連想するかなぁ、などと疑問に思いましたが、そんなのはまだまだ序の口でした。
さらに謎なのが続く「あたしんち」→「猿山」→「赤ちゃん」→「フレンチブルドック」→「おばあちゃん」 →「ボーリング」の並びです。
この並び、個人的にはすべて謎。
「あたしんち」から「猿山」?そして「赤ちゃん」?さらに「フレンチブルドック」?で「おばあちゃん」に「ボーリング」?
わ、わからん、フレンチブルドックを連想させるおばあちゃんって、、、しかもそれがボーリングに繋がってるし。。。
個人的に飼っているフレンチブルドックがおばあちゃん犬だったというオチではないことを願うばかりです。
さらに『連想ゲームバトン』最大の謎が待ち受けます。
「ナルリョラ イスンヨブ」って何ですか?(検索しても出てこなかったぞ。。。)
「カブサイシン」から連想されるものなんですか?
そして「金本知憲」を連想させるものなんですか?
どなたかご存知の方、教えてください。

ところで自分が渡されたのは「チューブ」なわけなんですが、さてさて何にしようかな・・・。
普通に考えれば「夏」ぐらいですよね。でもそれは普通すぎるので却下。
だとすると「地下鉄」あたりかな、とも思ったんですけど、これも捻りが足りない気がするなぁ。
いっそ三度目の「海」でどーだ!と思いましたが、さすがに止めといた方がいいですね。笑。
というわけで決めました!
「チューブ」といえばこれしかない!
「国際空港」でどや!!
・・・あ、あれ、外した?
ま、とにかく「国際空港」ってことでお願いします。

バトンを渡す三人は、『鋼鉄の蛙』のYUMIKAさん、『七月のうさぎ』の小夏さん、『負け犬のひとりごと』のkeiさん。
えー、YUMIKAさん、小夏さん、keiさん、運が悪かったと思って諦めて受け取ってください。笑。
コメント (8)   トラックバック (1)