この世界の憂鬱と気紛れ

タイトルに深い意味はありません。スガシカオの歌に似たようなフレーズがあったかな。日々の雑事と趣味と偏見のブログです。

テレビブロス(2/4~2/17)より。

2006-02-01 23:26:09 | テレビ
テレビブロス(2/4~2/17)は本日発売♪

突然ですが本日の“お婆ちゃん!それ偶然だろうけど誤字になっているよ”コーナー。
表紙を開いて3pの目次、『白夜行』が『百夜行』になっていました。
だからどうだってこともないんですが、そんな重箱の隅に気づいた自分を自分で褒めてあげたいです。(褒めれば?)

巻頭特集はトリノ五輪観戦ガイド。
まぁボブスレーとリュージュの違いが未だにわからず、アルペンの回転競技のどこが回転しているというのか、まったくもって納得できない自分にはどーでもいいといえばどーでもいいのですが、そこはブロス、ネタ的には面白く読めました。
中でもトリノ五輪のマスコット(知ってます?)、ネーベとグリッツには結構衝撃を受けました。
すごい!すごく、、、かわいくない!!
今までいろんなキャラクターやマスコットを見てきたけど、こんなキテレツな、、、訂正独創的なマスコットはお目に掛かったことありません。
果たしてトリノ五輪が終了するまでに人気が出るのでしょうか?
もし人気が出たらイヤだな~、だって自分の価値観が揺らぎそうだもん。

新作公開映画評、スピルバーグ監督の『ミュンヘン』がやたらと高い評価を受けています。
この映画評、三人のレビュアーの評価ポイントが異なるので三人とも★四つという高評価は珍しいです。
はっきりいって自分のスピルバーグ監督への評価は低いので(だって『マイノリティ・リポート』にしろ、『ターミナル』にしろ、『宇宙戦争』にしろ、そんなに面白くないですよね?)『ミュンヘン』はスルーするつもりでしたが、ブロスでの評価がここまで高いと観に行ってみるべか、と思ってしまいますね。

ページ柱のピピピクラブから。
『スバリ言うわよ!』の中で細木数子が「紆余曲折」を「うよくっせつ」と読んだそうです。
他人の人生にとやかくケチをつける前にこれぐらいの漢字はスバリ読んでほしいと思います。

2/12、あの『CASSHERN』が地上波にて初放送。
えー、『CHASSERN』にしろ『デビルマン』にしろ、トンデモ系の特撮邦画は一切未見なんですけど、見た方がいいんでしょうか?
どなたか鑑賞済みの方、ご意見をお聞かせください。
このまま見らずに一生を終えた方が健やかな人生を送れるのか、それともB級映画と同様才無き者へのエールとなりうるのか、少しだけ悩むところです。

最後にネット探偵団からこちら。
一台一万円程度で買えるノートパソコンだそうです。
手回しラジオのパソコン版と考えればいいのでしょうか、それにしても安いですよね。
ライブドアの株価もビックリの価格破壊ですね。

今号のブロスについてはこんなところです。
表紙の「*いつもより多めに回っております」には少しだけ笑ってしまいました。
コメント (17)