晴れ ときどき 雨。

長い人生、うまくいくことばかりじゃない。泣きたいときは泣いていい。笑顔は心から笑えるときにしよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

命について考える。

2014-07-31 15:52:50 | 自分時間

7月31日(木)

ここ最近、見たドラマと映画について。

まずは、ドラマの再放送で見た2011年4月クールに放送された「生まれる。」。

51歳の母が妊娠し、4人兄弟姉妹が母の妊娠を巡り、色んなことを考えていくというものです。

昨今話題となっている高齢出産を取り上げ、不妊や特別養子縁組についても触れているドラマです。

高齢出産だとハイリスクとなるダウン症についても触れていました。

ドラマ仕立てなので、それぞれの内容が十分に網羅されているとは言いがたいですが、

こうしてドラマの中で命について考える機会を設けてもらえるのは、とてもいいことだと思いました。

そして、回を重ねるごとに色んなことを考える機会をもらえました。

 

続いて、現在放映中の「青天の霹靂」。

劇団ひとりさんの初監督作品として、ご存知の方もいらっしゃるかもしれませんね。

 冴えないマジシャンで生計を立てる自分に、不甲斐なさを境遇のせいにしていた大泉洋演じる晴夫。

そんな晴夫のもとに、疎遠となっていた父の訃報が届く。

そんな父が暮らしていた場所へ足を運ぶと突然の雷。

そして40年前にタイムスリップする。

そこにいたのは自分の父の若かりし頃とその妻。

つまり、晴夫の母親だった。

母親に捨てられたと思っていた晴夫にとって、まだ誕生せぬお腹の中の晴夫を想う母の姿に色んな思いが巡る。

母親役演じる柴崎コウと晴夫演じる大泉洋が病室で会話をするシーンは、泣けました。

お腹に命を宿した母親に襲いかかる胎盤早期剥離。

現在の医療なら、診断後すぐに帝王切開となり、母子共に命が助かることが増えているけれど、

生まれるまで安静にするしかない、現実。命がけの出産。

この世に誕生する命の尊さについて、考えさせられます。

そして、時代設定を40年前にしていることで、矛盾に思えることも見逃すことができます。

自分の両親が自分の誕生のとき、どんな思いだったのか、見てみたくなりました。

今も昔も、出産は命がけであることに変わりありません。

医療がどんなに進んでも、何が起こるかわからないのが現実。

少しでも多くの命が、この世に無事に誕生し、その生涯を全うしてくれることを祈るばかりです。

 

コメント

暑中お見舞い申し上げます。

2014-07-30 20:18:32 | 日記

7月30日(水)

 

去年行った沖縄での1枚。

今年はなかなか遠出ができそうにありません。

とはいえ、夏はやはり好き。

暑い毎日が続きますが、体調崩さずにお過ごしください。

 

2014年 夏

コメント