晴れ ときどき 雨。

長い人生、うまくいくことばかりじゃない。泣きたいときは泣いていい。笑顔は心から笑えるときにしよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ご挨拶。

2007-12-31 02:33:01 | 日記

12月31日。
今年も遂に終わりですね。
今年も1年、ありがとうございました。

思えば、色んな事があった1年でした。
1年前の私は、今の私を全く予想していませんでした。
人生って不思議です。
いつ、どんな瞬間に自らの道を選択することになるのか、
予想すらしないことがあるのですから…
ただ、そんな中でも確かなことがあると、私は思っています。

それはどんな事でもひとつとして無意味なものはないということ。
どんなに辛くても、
どんなに悲しくても、
どんなに悩んでも、
どんなに腑に落ちなくても、
何ひとつとして欠けていたら、今のあなたはいないということ。
そしてどんなときも、最後に答を出すのは自分自身だということ。

長い人生。
色んなことがあるんだと思います。
けれど
色んなことがその先に繋がり、その先をどうしていくかは自分次第なのだと思います。
そして必ず、どこかに側にいてくれる仲間がいるということ。

来年は、色んな人との出会いの中で、
私は色んなことを学び、知っていきたいと思います。
そして、思いやりを忘れぬ素直な自分でいたいと思います。

来年もどうぞよろしくお願いします。
よいお年をお迎えください。

2007年12月31日     マヨ
コメント

2人旅デビュー(in 京都)~最終日~

2007-12-31 02:01:00 | 旅行日誌
12月17日 最高気温10.5℃最低気温1.1℃

京都旅行最終日。
目的地は「清水寺」


修学旅行以来の訪問となった清水寺。
なんだか、とても新鮮でした^^
葉がなくなってしまったと思いきや、小さな小さな蕾を発見し、1枚。

と、思いきや、まあ葉が紅いモミジを発見。

天気がいまいちなのと、少しカサカサ気味ではありましたが…。
まあ、これもまたよし☆


お次は清水寺の定番。
「清水の舞台」として知られる本堂を遠目に1枚。
やはり、定番とされるだけあって、圧巻でした…
雪景色をここから眺めたら、さぞかし綺麗だろうなぁ…と思わずにはいられませんでしたね。

清水寺内の散策をしていると…


小さな小さな秋の落とし物。
こんな風景をマクロを使い撮るのが大好きです♪

この日は本当に寒くて、予定していたお昼を変更し、
境内にある食事処で「湯豆腐」と「おうどん」を頂きました☆
祇園より安くて、ボリュームがあって、妙に美味しかったです(笑)

その後再び散策をし、お土産を買い、参道にあるカフェで一息。

「よーじやカフェ」を思い起こさせる「抹茶ラテ」を注文。
最近、地元でも「抹茶ラテ」にはまってるんですけど…
ここのは格段に美味しかったです^^

気づけば、時は既に日暮れ時。
新幹線の時間も近いということで、京都駅を目指しました。
16:35発 ひかり420号にて、東京へ。

19:13 東京駅着。

あっという間の3日間でしたが、
1泊2日よりずっとゆっくり出来た京都でした^^

おしまい。



コメント

プレゼント。

2007-12-30 00:17:05 | 日記
12月24日最高気温13.0℃最低気温6.3℃

ちょっと大人なクリスマスイブ。
少し背伸びし過ぎたかなぁ…と2人でいいながらも、
いい思い出になった1日でした。

ありがとう^^
コメント

2人旅デビュー(in 京都)~2日目~

2007-12-26 13:22:45 | 旅行日誌
12月16日ときどき最高気温9.1℃最低気温3.6℃

京都旅2日目。
朝から少々もめ、遅い出発になったことに腹を立ててしまった私。
そんな私をなだめてもらい、気を取り直し出発。

2日目は、今回の京都訪問で私が行きたかった「大原」メインです。
まずは、地下鉄にて「国際会館駅」まで向かいました。

地下鉄から出るときの眺め、私、好きなんですよねぇ…

そして、バスに揺られ、山道をぐんぐん登っていくこと20分ちょっと。
大原に到着。
今回の旅行で狙っていた紅い絨毯のピークは過ぎていましたが…

名残を見ることは出来ました^^

大原で訪問したかったのは、額縁の庭園として有名な「宝泉院」

日曜日とあって、紅葉シーズンからずれているものの、混み混みでした。。。

紅い絨毯の上でほろ苦い抹茶と茶菓子を頂き…

しばし、風景を眺め、ほっこり時間^^

そこそこに宝泉院を後にし、向かったのは「実光院」

事前の下調べではリストアップされていませんでしたが、ここがかなり穴場でした☆


雨がぱらいついていたかと思いきや、一筋の光。
この直後、再び冷たい雨がぱらいついたものの、
一瞬でも現れた陽差しが温かかったです。

そして…


冬の桜。
この桜は「不断桜」というものだそうです。





秋から冬、そして春。
3シーズンに渡りその花を咲かせるという「不断桜」。
紅葉には出会えなかったけど、とても嬉しい出会いでした^^

冷えた身体を「ぜんざい」で暖め、次に拝観したのは「三千院」

紅葉のピークを過ぎた三千院はとても静かでした。


残りわずかとなったモミジの様子を彼が「星空」と表現しました。
あ~なるほど…と思った私。
こんな風景もまたありかな?^^

続く。





コメント

Happy Merry Christmas

2007-12-25 15:47:24 | Weblog

素敵な夜をお過ごしください…☆
コメント

2人旅デビュー(in 京都)~初日~

2007-12-22 01:27:07 | 旅行日誌
12月15日最高気温11.7℃ 最低気温2.1℃


午前7時過ぎの空。
いよいよ私には今年3度目の京都、彼にとっては初めての京都、
2人にとっては初めての旅行の始まりです。
期待に胸膨らませつつ、東京駅へ。

東京駅に着いてまずは、彼の希望という「駅弁」調達^^

京都へ旅立つのに、なぜか2人とも「北海道弁当」に惹かれ購入(笑)
駅弁は冷え冷えなので、
味のしみた炊き込みご飯がよかったかも…
と思うまずまずな味ではありましたが、そんな失敗もまたいい思い出☆

新幹線に揺られること、3時間弱。
京都駅に到着。

まずは「京都タワー」にこんにちは^^

そして初日だったこの日のルートは…
京都デビューの彼と相談した結果、「銀閣寺→金閣寺→嵐山」
というわけで、まずは銀閣寺。

趣ある銀閣寺。
何度か足を運んでいるにも関わらず、この眺めでの撮影は初めてです。
紅葉がすっかり終わっていたため、ちょっと私のテンションはダウン。

ですが…
参道にある「みたらしだんご」で復活(笑)

寒い冬の空気を感じながら、焼きたてのお団子は温かかったです。


次はいよいよ、「金閣寺」。
私は高校時代、修学旅行で京都デビューを果たしましたが、
なぜか、「金閣寺」には行かなかったため、今回初めての金閣寺。
かなり興奮してました☆

期待で胸膨らむ中…

金閣寺。
どこかの写真で見たまんまの金閣寺~
シンメトリーは定番、というわけで1枚。

そして、水面に焦点を向けてもう1枚。

夕暮れ時の金閣寺を目指すも、
あいにくの曇り空で、夕日はおがめませんでしたが…2人とも大満足^^

お次は電車とバスを乗り継ぎ、「嵐山」へ。
ちょうど「京都 嵐山 花灯路」期間中だったんです☆

紅葉のライトアップは全て終わっていたので、
思わぬイベントに私はテンションあがりまくってました…

が、実は前日まで39度の高熱を出していた彼。
そんな病み上がりの彼を寒空の中、連れ回し…
その後、体調不良を続かせてしまったことを後になって後悔。。。
ごめんなさい…
この旅行で、私は前回の記事に書いた「大切な事」を教えてもらいました。

そんな京都旅行初日の夜の写真。



一人で歩いた嵐山とは違い、寒かったけど、あったかい空間でした。

1日中歩き通しで、身体が冷え冷えだった私達。
嵯峨にあるお気に入りのカフェ「嵯峨野湯」にて、ティータイム。


くたくたになった2人は京都駅近くで、夕飯を済ませ、部屋に戻りました。
1日目、お疲れ様☆


つづく。













コメント (2)

いてくれて、ありがとう。

2007-12-18 00:09:12 | ひとりごと


「元気にしてる?」
「落ち着いたら、帰っておいで^^」
「今度、久々に飲みにいこっか?」
「今日、どうだった?」

そんな言葉をかけてくれる友達がいる。
家族がいる。
仲間がいる。
恋人がいる。

私はずっとそれが当たり前だと思っていたのだと思う。
自分の周りに誰か人がいてくれるものだと思っていた。

でも、そうじゃない。
気にかけてくれる人や
応援してくれる人。
見守ってくれてる人。
そんな人がいることで、今の私がいて、これからの私がいる。

友達がいった。
たくさんの人の中にあなたがいるんだよ、と。

彼がいった。
誰かがいてくれること、それだけでありがたいことなんだよ、と。

ずっと見失っていた。
ずっと気づかずにいた。

私は気遣ってもらってばかりで、受け身でいただけだった。
そんな中で失ったものがたくさんあったこと。
そんな中で傷つけてしまった瞬間がたくさんあったこと。

「いてくれて、ありがとう」
そう心の中で思うことで、誰かを思い、
気遣っていくことがきっとできる。

忘れないでいたい。
みんながいて、私がいられること。
みんなと一緒に笑いあうこと。

明日も晴れますように…


・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆・:☆
秋が過ぎ、冬になったなぁと感じる今日この頃。
彼と京都に行って来ました。
これはそんな旅行中に撮った空の1枚です。

昔からの友人に会ったとき話した事と
彼と話した事が私の中でひとつになりました。

人と言葉を交わしながら、学ぶことがたくさんあります。
価値観が違っても、それは同じです。
頑なな自分に気づくと共に、
そんな自分を変えていく難しさを今、感じています。
時間はかかるのかもしれません。
でも、きっと変われる、
変わろうとすれば、変われるのだと思います。




コメント

区切り。

2007-12-06 21:16:50 | ひとりごと

とある日の午前5時半の空。
今、住んでいる一人暮らしの家からの眺めです。
この景色を眺めながら、とても清々しい気持ちになりました。


8月の記事で、新たなスタートを…という記事を書きました。
そしてこのブログが「雨のち…晴れ。」から「晴れ ときどき 雨。」に変わりました。
あのとき、私の中で大きな転機がありました。
それはずっとお付き合いしてきた人との別れです。


このブログで度々話に出てきた「相方」。
5年付き合った人と私は、今年、二人で暮らし始めようと話していました。
けれど、色んな事が重なって、別れることになりました。
色んな不満や不安を見て見ぬふりをしてきた結果なのだと思います。
いつかこうなるんじゃないかと、心のどこかで思い始めていました。

そんなとき、私の背中を押してくれた知人の中に一人の男性がいました。
彼と話す中で、
今まで抱えていた色んな思いがどれだけ背伸びをしてきたのか、
そして、どうしてあそこまで意地をはっていたのか、
そんな自分の思いに気づきました。
いつしか、私は彼に好感を抱くようになりました。
そして、今、その彼とお付き合いさせて頂いています。
今までの経験や反省をもとに、
その方とのお付き合いはゆっくりとまったりとしていこうと思っています。

ここは「恋愛ブログ」では決してないけれど、
師走に入り、年末を間近に控えた今、
しっかり自分の区切りとして書き留めておこうと思いました。

別れてすぐに誰かと付き合い始める…
それは舞い上がってるだけだと、何人かの友人にもいわれました。
でも、そんな友人も今は見守ってくれています。
焦りすぎず、背伸びしすぎず、自分らしく、ゆっくりと歩いていきたいと思います。
コメント

幸せのお裾分け

2007-12-06 21:14:00 | 日記

11月3日。
大学時代の友人の結婚式でした。

挙式、披露宴、二次会と参加して思ったこと。
「幸せそうだなぁ^^」
一人の人と出会い、生涯を共にすると誓い合い、
互いが互いを思い合い、支え合い、共に歩いていくこと。
結婚って、素敵な事だとそう素直に思った1日でした。

この日、結婚式に向け、準備に追われていたという彼女は
39℃の高熱を出していたにも関わらず、笑顔でした。
そしてそんな彼女をさりげなくサポートする旦那さん。
とても素敵な関係がそこにはありました。

久々の大学時代の仲間との再会。
幸せな結婚式。
私の心の中はほんわり温かくなりました^^

結婚、出産、おめでとう^^
末永く、お幸せにね☆

コメント

冬の気配

2007-12-03 10:51:45 | 日記
12月1日 最低気温8.8℃


カメラを持たずに外に出た日。
町中の風景を眺めていたら、突如、マニュアルレンズで撮りたくなりました。
なので…足をとめ、引き返し、カメラを取りに帰宅。
ご近所の風景写真を撮りながら、目的地へ。


いつの間にか葉が色づき、散り始めていたのだと気づきました。


久々のマニュアルレンズは、
ボケボケだったけど、なんだか新鮮でした。


時は12月。
いつの間にやら冬がそこまで来てたんだ、そう思った日。
コメント