晴れ ときどき 雨。

長い人生、うまくいくことばかりじゃない。泣きたいときは泣いていい。笑顔は心から笑えるときにしよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

自分に必要なもの。

2007-07-12 00:08:59 | ひとりごと
7月11日



今の職場に3年は残る。
そう誓ったのが去年の暮れ。

最近、色んなしわ寄せがあり、
職場の先輩も同期も日々の疲れに悲鳴をあげている。
そんな精神状態の中、飛び交うのは愚痴や悪口ばかり。
そこに自分も加わり、そんな言葉ばかりを口にする自分が嫌だったりする。
今の状態が続けば、職場はもっともっと過酷になることは否定できない。

そして自分の決意が果たして正しいのか、揺らいでいた。

今日、友人に会い、そんな話をしていたら、彼女がこういった。
「何をしたいのか。」
そう問われたとき、
私はそういうあれこれの環境や人間関係に左右されず、
「自分のやるべき業務に専念したい」と応えた。
迷いはなかった。
本心だった。

そして気づいた。
それが答えなんだと。
関わりたくなければ、関わらなければいい。

尊敬して止まない先輩を思い出した。
愚痴や悪口が飛び交う中、彼女は無言だった。
全く無関心だった。

少しでも仕事にやりがいや楽しみがあって、
日々、それを積み重ねていくことで成長していく実感がある。
それだけで充分。
いらぬ気遣い、いらぬ同調、共感…
それがわずらわしくて、悶々とするなら関わらなければいい。
そう思った。

凛として在る自分でいよう。
そう思った。


彼女はこうもいった。
「勤務がハードで身体が壊れるなら、身体壊れるまでやってみてもいいんじゃない?」と。

正直、ビックリした。
でも、たぶんそんな気持ちでいたら楽だと思った。
体力がもたなくなる…そう怯えるから、臆病になってる。

やってやろうじゃん。
そんな感覚。

何かが吹っ切れた気がした。
明日も頑張ろう。


コメント (2)