晴れ ときどき 雨。

長い人生、うまくいくことばかりじゃない。泣きたいときは泣いていい。笑顔は心から笑えるときにしよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

梅雨明け

2006-07-30 21:42:54 | 日記
7月30日  最高気温30.2℃



7月も残すとこ、後1日という今日、梅雨明けが宣言されました☆
待ちに待ったの到来です
行きたいところもしたいこともたくさん。
なのに、なかなか都合がつけられず。。
どうしようかなぁ…と頭を悩ますのもまた楽し。
というわけで、梅雨明けと共に私のテンションも上々

そんな中、今日は窓をあけ、扇風機をつけて、お昼寝
久々に足を伸ばし、食材の買い出しにも行きました
修理待ちで動いていなかった洗濯機も始動。
久々に自宅での洗濯です(笑)

明日からまた新しい1週間が始まりますね。
今年の夏はどんな思い出を作りますか??

素敵な夏になりますように…☆
コメント (2)

楽し懐かし夏祭り。

2006-07-30 02:14:26 | 日記
7月29日 時々 最高気温31.9℃



今日はとある町内会の夏祭りに行って来ました。
思ってたより小さかったけれど、それがとても心地よかったです。

昔よく行ってた地元の夏祭り。
町内会が企画して行われるそのお祭りは、
花火大会のような大々的なものでは決してなかったけれど、とっても楽しかったことを思い出しました。
母に浴衣を着させてもらったり、特別なお小遣いをもらったり、
普段は食べない綿飴や水飴やチョコバナナなんかを食べたり…
飼うことが出来るわけでもないのに、金魚すくいに挑戦したり…

そんな夏祭りと今日の夏祭りはちょっぴり違いました。
お小遣いも貰えませんし、浴衣も着させてもらいません。
だけど、じゃんけんで勝ったら2本ね、なんていう水飴や、ヨーヨーすくいなんかはとっても懐かしかったです。
じゃんけんは見事に負けるし、ヨーヨーすくいもすぐに切れて1つしか貰えませんでしたけど(笑)



夏祭りに行ったのはどれくらいぶりだったんでしょう?

年を重ねるうちに、いつの間にか少しずつ色んな時間が過去のものになり、やがて薄れてゆくのかもしれません。
だけど、
そんな時間こそ、自分の心に何かを灯してくれる大切な大切な時間のように思いました。
人混みが苦手ですが、今年は久々に花火大会にも足を運んでみようと思います。




コメント

久々の晴れ♪

2006-07-26 08:30:46 | 日記
7月26日 



今日は遅番。
いつもより遅く起きると、「今日は久々の晴れだよ~」のメール。
寝ぼけ眼で慌てて、カーテンを開け、外を見ると、眩しい太陽が見えるじゃあないですか
急いでカメラを手にし、ファインダーを覗こうとするも、眩しすぎ…
ノーファインダーでシャッターを切りました(笑)
そんな今朝の空がこの写真
天気がいいと、気分は
私って単純…??

お返事は、帰ってきたらのんびりさせて頂きます♪
ではでは、行ってきます!!

コメント

お題は「旅」

2006-07-21 21:40:44 | 日記
7月21日  最高気温21.7℃

ブログお友達のjazzさんからバトンが廻ってきました☆
お題はずばり「旅」。
八丈島に行く前に書きたかったんですけど…遅くなってしまいました

ではでは、始まり始まり~

①パソコン、または本棚に入っている「旅」は?

私が夏のボーナスで買った本棚のど真ん中。
3段目に陣取ってる写真達ですねぇ~~
パソコンにもデジカメデータがぎっしりですが…
以前はフィルムカメラを使用していたので、
デジカメで現像したものまで含まれているこの本棚がまさに私の思い出の「旅」の数々。
あまりの量に収拾がついてませんが、意外に私の記憶は鮮明だったりします(笑)
あんな写真があったはず…と思い探せば、すぐに見つける自信あり

②今、妄想している「旅」は?
1.誕生日が同じ大切な人との誕生日旅行。
2.同期の友達3人で、遅めの夏休み旅行。
3.大好きな妹との姉妹旅行。
行き先は結構定まってきています。
が、今は書きません!!
後日、「旅行日誌」として書きたいので(笑)

そして、まだまだ先かもしれないけど、漠然と考えている旅は、母との親子旅行。
家を出て、働くようになり、母の生き方にとても憧れるようになりました。
そして、母のすごさを知りました。
母は強しというけれど、母の本当の意味での強さに、私はその子どもであることを誇りに思います。
負けてられません(笑)


③最初に出会った「旅」は?
それはもちろん、家族旅行です。
よく伊豆と房総に行ってました。
夏の伊豆、初春の房総が定番でした。
その頃の写真が実家にはたくさんあって、毎年毎年私達兄弟の顔の丸さが違ったりして、結構笑えます。
私が写真を撮るのは、母が写真に残すのが好きなせいかもしれません。
写真にないけれど、鮮明に覚えている場面があります。
それは…
海辺で座り込んだ水着姿の妹。
一人、じーっとしていた妹に近づくとぷ~んと漂う香り。
えぇ…してました。。。水着に。。。
あれは妹が2~3歳だったかと…笑。
今でもその話は笑い話として、我が家でも話題にのぼりますね。

④特別な思い入れのある「旅」は?
これは質問を読んだ瞬間に浮かびました。

20歳の誕生日旅行です。
好きな人と迎えた初めての誕生日。
そしてその人もまた同じ日に年を重ねました。
去年の誕生日旅行レポートはこのブログでしましたが、
いつもお邪魔しているペンションで、私達は4回の誕生日を迎えました。
(今年はお互い、仕事の関係で誕生日当日というわけにいかないかもしれませんが…)
毎年思うこと。
それは、今年も一緒に迎えられてよかった。
旅行とまではいかなくても、今年も一緒に迎えたいなぁ…と思います。

何度迎えても、それは決して同じなんかじゃなくて、たった一度きり。
旅行だけでなく、全てのことがそうなんですよね。
同じ時は一度としてない。
私はその一度きりの「旅」を思い切り楽しみたいと思います。

⑤最後にバトンを回す5人とお題は?
これがですね…
5人もバトンを廻す友人がおりませんで、、、
なかなか記事を書くことが出来ませんでした。

ですが…
このバトンを目にした瞬間、ブログお友達であるmintさんに書いて頂きたいお題が浮かびまして…
一度やったことがあるそうなんですが、お願いしました^^
というお題はずばり、「ハンドメイド」。
よろしくお願いします
そして、もう一人。
八丈島へ一緒に行った中学時代からの友人に…「出会い」。
色んな場で色んな人と交流を持つ彼女。
そしてまた、彼女の綴る世界は独特で、面白いんです。
お願いします



コメント (4)

空と海と夏休み~in八丈島~vol.2

2006-07-20 23:36:18 | 旅行日誌
7月15日  最高気温30.1℃(八丈島の天気)

<ちなみに…本日(7/20)の東京の最高気温は24.4℃。束の間の涼休み?>

前回の八丈島レポートからだいぶ空いてしまいましたが、続きを行ってみましょう~~
というわけで、八丈島の2日目。
お酒を飲み、どんな風に寝付いたか、全く記憶がなかった私が目覚めたのは、7時半のこと。
オーシャンビューなテラスへ出ると目に飛び込んできたのは…


キラキラまばゆい海
朝日を燦々と浴びた海はそりゃあ、もうきれいでした

あんなにテンションがあがった朝は久々だった気がします(笑)

しばし海を眺め、顔を洗い、朝食をとり、いざ2日目の八丈島へ
まず向かったのは、友人希望の「八丈島歴史民族資料館」。

彼女はそういう「文化」にとても興味示し、色んなことに詳しかったりします。
私の苦手とする分野に強い彼女には感心されっぱなし。
昔の庁舎を使ったというその建物内は思いの外、展示物が多く、へぇ~~と私でも見入るものがありました☆
「"島"という閉ざされた場所で、なぜ文化が発展していくのか。不思議だと思わない?」という彼女の言葉に、「確かに…」とうなずくだけの私。
もう少し色んなものに興味を持ちたいもんだと思わされつつ、資料館に入ると…

流人を差別することなく受け入れた八丈島では、流人達が様々な文化を伝えたということをビデオを通じて教わりました。

彼女が館内を回っていた間、私はというと…
資料館の一部である中庭で撮影会。(←あまり資料館にいた意味なし…?)

青空とオレンジ色の花(ユリですかね?)の組み合わせに惹かれ、何度もシャッターをきってました。

資料館を一回りした後は、またまた海へ。

八丈島には7カ所ほど「海水浴場」とされる場がありますが、砂浜のある海水浴場は「底土海岸」という場所のみだそうです。
そんな底土海岸も、ご覧の通り
そう、ごみごみした海岸とは無縁な快適海水浴場
島への足が限られていることがその要因ではないかと、私達の分析(笑)
泳ぐにも焼くにも、潜るにも、島はいいですよぉ~~

2時間ばかし海で遊んだ私達は、海の家にて、焼きそばとかき氷を食しました☆

海で遊び、海を眺めながら食べる焼きそばもかき氷も、本当に美味しかったです

再び海へ戻り、1時間ぐらい海に浮遊した私達は、島を発つ前に海の幸を食しに、お食事処へ。(食べてばかりな気がするのか、気のせい、気のせい。)

舟盛りの刺身に天ぷら、さっぱりしたところてん。
どれもこれも美味しくて、この量を友人と2人で食べ尽くしました☆

最後は民芸店に足を運び、お土産を買い占め、レンタカーを返し、空港へ。

そうなんです。
今年の帰りは飛行機を使うことにしました☆
船だと11時間のその道のりも、飛行機じゃ45分
もう少し、八丈島にいたかったねぇ…と何度もいいながら、飛行機へ乗り込みました。

「ひょっこりひょうたん島」のモデルとなったという八丈島に別れを告げるべく撮影したのが、こちら↓

空から眺めた八丈島は、あっという間に見えなくなりました…

45分後には、羽田到着。
人、人、人…の東京に現実…とうんざりしつつ、ここでの生活をやはり選ぶかな?なんて思いつつ、空港で夕飯を済ませ、帰宅。

あっという間の夏休み。
けれど、確実にリフレッシュ出来たように思います。
もう少し長かったら、今の生活に戻れてない気もしたり…苦笑。
何事も程ほどがいいのかもしれません。
もう少し…そんな気持ちが思い出を楽しいものにしてくれる気がします。

おしまい
コメント (2)

空と海と夏休み~in八丈島~vol.1

2006-07-16 13:31:40 | 旅行日誌
7月14日  最高気温29.6℃(八丈島の天気)

じめじめした暑い毎日…
驚異的な気温を記憶する中、いかがお過ごしでしょうか?

私は一足早く夏休みを頂き、昨年新島に一緒に行った友人と八丈島へ行って参りました!
*新島旅行レポートはこちらこちらをクリック。
(4日間頂ける夏休みのうち、2日間使っただけなので、まだ夏休みは残ってたりします☆)
というわけで、今日から2回に渡り、恒例の(?)旅行レポート
どうぞ、お付き合いくださいませ

金曜日の夕方、新橋で待ち合わせ…
船に乗る前に汗を流すべく、ドルミティーナスパへ。
女性限定のフロアというだけあって、とても居心地のよい空間に癒されました
仕事の帰りや、終電を逃してしまった方なんかも利用されてるようです☆

汗を流し、さっぱりとした私達はいざ、竹芝へ。
乗船手続きを済ませ、10:30出港~~


朧月夜の中、船から眺めるベイブリッジに圧倒されながら、
1年前もこの光景見たな~なんて思いつつ、去年と大きく変わった自分の今の環境について、思いを馳せておりました…笑。

今回乗船したのは「かめりあ丸」という船で、デッキにベンチがなく、
去年のようにベンチに座りながら、の~んびり…というわけにはいきませんでした。。。
というわけで、夜景をしばし眺めた私達は、早々に船内へ戻り、就寝

翌朝4時半頃…
三宅島に着くというアナウンスのもと、起床。
去年天気が悪く、撮り損ねた朝日を一目見ようと、デッキへ。

すると…

見事なまでの朝日にうっとり
海の上で眺める朝日は本当に気持ちよかったです…

9:15 八丈島、到着。

港に来ていたホテルの方と共に宿泊先ホテル シーピロスへ。
そこで迎えてくれたのは…



海と空を一望出来るエントランス

チェックインは午後3時からということで、レンタカーの手配をしてもらい、海へ

の前に…
朝食を食べていなかった私達は、八丈島では「明日葉そば、うどん」が有名とのことで、腹ごしらえに町中の蕎麦屋さんに向かいました。

明日葉が練り込まれた麺は鮮やかな緑色で、ほんのり苦味があるようなないような…笑。
少し茹で過ぎ(?)な感じではありましたが、天ぷらとよく合って、美味しかったです☆

お腹を満たした私達は、今度こそ、海へ
連休前とあって、思いの外空いていました☆

シュノーケリングを楽しんだ私たちは、島内のドライブへ。

じぐざぐの山道を運転して辿りついたのは…

登龍峠。
八丈島にそびえる八丈富士が一望出来るその場所は、名所のひとつとのこと。
天気がよかったこの日の眺めは、そりゃあもう、きれいでしたよ~~

峠を越え、山道を下り、中之郷にある「足湯 きらめき」へ。
本当は「みはらしの湯」に行きたかったのですが、ポンプ故障ということで、お休み中。。。
オーシャンビューの露天に入りたかったですねぇ…

その足湯に向かう途中、見つけた「裏見が滝温泉」。
そこは水着着用の混浴で、無料の温泉ということでしたが、
観光客は私たち以外おらず、皆、地元のおじいちゃん、おばあちゃんという地元の方の集い場でした☆
温泉自体は、滝を眺めつつ、水音に耳を傾け、風を感じながら入ることの出来るとても素敵な露天風呂という感じでした♪

私は「裏見が滝」も見てみたかったので、友人を温泉に残し、一人山道をてくてく。
地盤が雨水を含み、ぐにゃぐにゃな中、十数分程歩いていくと、その滝はありました。


滝の裏が見えることから「裏見が滝」というそうですが、
思っていたほど、水量がなく、少しがっかり。。。
温泉に浸かってた方がよかったかも…苦笑。

初日に見たかった場所を回った私たちは、ホテルに戻り、チェックイン。
部屋を開けると目に飛び込んできたのは…

オーシャンビューのテラス
まさにリゾートなその空間に二人揃って、感動しきりでした☆

海水でぎしぎしになった髪をシャワーで流し、夕飯へ。
前菜からメインまでおしゃれに作られた一品一品はとても美味しかったのですが…
今回紹介するのは、島寿司。
(写真は全部撮ったんですけど、他にも載せたいものがたくさんあったので、、、)

甘めのタレが染み込んだ魚と酢飯が絶妙な美味しさを作り出し、「美味しい…」の一言でしたね

夕飯を済まし、お腹が満たされたはず…の私たち。
なのに、いまいちお腹に余裕があり、食べ過ぎ?と思いつつ、車で買出しへ(笑)
もちろんお酒がメインだったのですが、途中、ラーメン食べたいね~なんて話になり、
寄っちゃいましたよ。ラーメン屋さん。
ホテルの夕飯を完食したにも関わらず、私は冷やし中華、友人は醤油ラーメンを注文しちゃいました
味はまあまあという感じでしたが、お腹が満たされ満足。
ホテルへ戻り、テラスでお酒を飲み、眠くなった私達はやっとこさ、就寝

楽しい1日はあっという間ですねぇぇ…つづく。
コメント (2)

変わってゆくこと。変えていきたいこと。

2006-07-13 09:45:46 | ひとりごと

時は流れる。
その中で私は色んなものに出会い、
色んなことを考え、
色んなことを決めてきた。

私はこう在りたい、そう思うことがあった。
私の中で優先してきたものがあった。
それを貫いていけば、一人でも生きていける、そう思ってた。

けれど、確実に私の中には変化が起きてる。
今までは後回しにしてきた、犠牲にしてきたその事を優先したい私がいる。

なのに、この気持ちに身を任せていいのか、そう思う私がいる。

流れゆく時の中で
変わってゆくことは自然なことだと思う。
だけど、その変化に戸惑う自分がいることも事実。

私は今の自分をどうしたいのか。
そんな風に考えてみる。
すると、見えてくるものがある。

変わってゆくことは、時の流れに身を任せてるだけじゃない。
どこかで、自分で選んできた結果なんじゃないかと思った。

変わってゆくことは、変えていきたいことなのかもしれない…


コメント

空が泣いてくれた日。

2006-07-10 01:26:43 | ひとりごと
7月9日 のち 最高気温26.8℃

久々の雨。
ずっと待ってた雨。
傘をさし、音楽とカメラを手に外に出た。



空が泣いていた。
空が優しく泣いてくれた…


心のざわめきが少しずつ落ち着いていくのがわかった…


人気のない道。
車の影もない道。
私はここで生活してるんだ…そう思った。


わからなくなることも
嫌になることも
疲れてしまうことも
辞めてしまいたくなることもある。
大切な人を傷つけ、
友達を振り回し、
どうして私はこうなんだろう…そう思うこともある。

どれもこれもと思い焦る自分の心を静めてくれるように、雨は優しかった…
この気持ちを伝えたいと思える人がいる。
見えなくなってしまったと思っても、見えるものがある。
疲れたからと、今は休むわけにいかないときがある。

7月の雨に…ありがとう。


(使用カメラ:Power Shot S2IS)







コメント (2)

土曜の午後

2006-07-09 14:55:58 | 日記
7月8日  最高気温29.5℃

更新、滞っておりますが…
皆さん、お元気ですか…?
私はぼちぼち元気にやっております(笑)
梅雨らしい雨もあまり降らず、どんより曇り空が続く中…
久々に「自然」の中へ。


木々はすっかり緑色に染まり、その存在感に圧倒されながら、公園内をのんびりお散歩。
サンダルを履いていた私の足はあっという間に蚊の餌食。。。
1時間もしない間に、7カ所刺されました…
未だに痒みは止まりません。。。
この時期のお散歩にはご注意ください。


公園内には枯れ始めているものもありましたが、紫陽花がまだちらほら。
昆虫もあちこちで見られました。

公園を奥へ奥へと進んでいくと…

だ~れもいない原っぱ。
公園内にあった小さな滝から水がザーッと落ちる音に耳を傾けながら、
この原っぱに座りこみ、ぼーっとしてました。

雨水を含んだ土の匂い。
ホームに入り、出て行く電車の音。
虫を追いかける子ども達の笑い声。
絶え間なく聞こえる水の音。

そんな空間に心静めていたときです。

ミーン…ミーン…ミンミン……

!?
蝉の声!?
今年初めて耳にした蝉の声。
梅雨はもうすぐ明けるかもしれません。
夏はそこまで来ています。

そんな季節を感じた土曜の午後。
夏本番になるその前に…海に行きたいなぁ…と思ったりしました。

(使用カメラ:Power Shot S2IS)

コメント (2)

今日の空模様

2006-07-02 19:37:15 | 
7月2日 のち 最高気温29.9℃

午前中のぐずついた空模様に出かける気力を失った私は、お昼寝
夕方目を覚まし、窓を覗いてみると…



晴れてる
久々にこんな空を見ましたねぇ~~
雨を降らせた雲がたくさんあったせいか、羊雲が一面に広がってたんです
そこで急遽、いつもの買い出しへ向かうことに
もちろん、カメラを片手に


買い物へ向かう途中にある橋からの眺めはこんな感じ。


帰り道の空はこんな感じ。
向こう側がきれいに焼けてるのがわかるのに、建物が邪魔して見られません。。。
実家なら絶対こんな事ないのになぁ…
(田舎ゆえ、高い建物がないので。笑)
なんて思いつつ、帰宅してみると…


西に雲が風にサーッと吹かれたような空。

この数分後…

空は見事に夕焼け模様
夕日には出会えなかったけれど、今日の空には思いっきり楽しませてもらっちゃいました☆

(使用カメラ:Power Shot S2IS)
コメント (2)