晴れ ときどき 雨。

長い人生、うまくいくことばかりじゃない。泣きたいときは泣いていい。笑顔は心から笑えるときにしよう。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

8月最後の夕日

2005-08-31 20:22:40 | 
8月31日 のち 最高気温28.8℃


今日、帰りのバスに揺られながら、夕日がとてもきれいなことに気づきました。
バス停に到着するなり、スーツであったにも関わらず、
夕日が見える開けた場所を求めて、ひたすら走りました(笑)。
日が沈むのって、長いようであっという間ですからね。。。
今日こそは、シャッターチャンスを逃すまいと必死でした。

ですが、撮影した写真は、ブログ仲間のなおつぐさんの朝焼けの構図とそっくりに。。。
なおつぐさんの朝焼け
構図の勉強が足りませんね
色んな夕日が撮れるよう、日々勉強です


ちなみに、この夕日で焼けた空はこちら
コメント (11)

楽しい思い出part2

2005-08-30 20:10:50 | 花々
8月30日 のち 最高気温30.5℃

今日は日中、すっごいきれいな青空に出くわしたにも関わらず、
いつもいつも持ち歩いているカメラを持っておらず、
見事に逃してしまいました。。。
シャッターチャンスは、撮りたいと思ったその瞬間ですよねぇ…

というわけで、先日行ってきた植物園の写真をアップすることにしました。
カメラを持つようになって、
道端の花に目を向けることが多くなったんですが、
この花を見かけたことはありませんか?

この花の全体像はこちら
この花を見たとき、ハイビスカスだと思ったんですが、
調べてみると、「もみじあおい」というそうです。

じゃあ、ハイビスカスってどんな花でしたっけ?
そこで、この間行った熱帯植物園で確認してきました
赤い南国の花、ハイビスカス

ずばり、これがハイビスカスです☆
見比べると、全く違いますよねぇ~
花びらの性質も、雌しべの長さも。
「これで納得。」と思えた時間でした(笑)

ちなみに、先週行った植物園レポートの初回はこちら楽しい思い出part1
コメント (4)

空のキャンバス

2005-08-29 23:31:46 | 
8月29日  最高気温30.8℃


8月最後の日曜日だった昨日の空は、一日中曇り空でしたが…
今日はうってかわって、きれいな青空が広がっていました☆
ちょっとブルーだった私ですが、
ふと空を見上げるときれいな空色に、白いちぎり雲。
そしてその空を背景にピンクのサルスベリ☆★

そんな空を見上げた後の午後、
私の中にあったモヤモヤがすーっと晴れていったんです。
快晴とまではいかないにしても、
今日の天気と同様、模様
明日になって、ブルーにならないよう、
この空をしっかりと心にとめておくとします☆
コメント (2)

自分の足で…

2005-08-28 00:23:19 | 花々
8月27日  最高気温31.0℃


寄り添い、一緒に花開く日を待っていました。
けれど、あなたは先にいってしまいました…
私は今日やっとこの花を咲かせます。
お日様向かってまっすぐと。
一人だけど、
独りではないとあなたが教えてくれたから。
あなたが隣にいたことを、私はしっかりと覚えています。
頼ることしかしてなかった私。
その私を一人で立てるようにするために、
あなたは先に花を咲かせたのかもしれませんね。
ありがとう…


夏の花のひとつである朝顔。
駅までの道端に、毎朝きれいに咲く朝顔があります。
その朝顔が花開いている様子をみると、
通りすがりの人達に、「おはよう」と声をかけているように感じます。
そして帰り道、その朝顔は花を閉じ、私たちを迎えてくれます。
その姿はまるで「お疲れ様」といっているかのよう。
朝の苦手な私に、朝顔を撮ってみようと思わせてくれたのは、
ブログ仲間のなおつぐさんです☆
ぜひ、皆さんも足を運んでみてください♪
なおつぐさんのページ
コメント (8)

生活する場所

2005-08-26 23:22:53 | 私の好きなもの
8月26日  34.8℃


この空は実家に帰っていたときに撮影したものです。
実家から自転車で10分も走れば、田んぼが一面に広がっています。
少しぼけてますが、↓これがこの場所の全景。

この場所を私はよく一人でぷら~っと散歩に出かけていました。
特に浪人生時代は、夏の暑さに関係なく
炎天下の中、ぷらぷらとしていたもんです(笑)。

久々に訪れたその場所は
空が今生活しているここよりもずっっと広くて、
流れる空気も時間もとてもゆっくりで…
不思議な感じがしました。
そして思ったこと。
ここは心休まる場所だけど、今の私が生活する場所じゃないと。
こっち(東京)に戻ってきたとき、背筋がしゃんとする感覚を感じました。
「よし、がんばろ!」そんな気持ち。

うまく言えないけれど、
あそこにずっといると
自分を自分で律せなくなるような気持ちといえばいいんでしょうか…。
自分のことを自分で決めて、
自分の決断に責任をもつ。
そういうことが、あそこにいたら甘えてしまうような気持ち。
どこにいても、そういうことが出来るのって大切だけど、
そういう気持ちを感じたんですよね。
大学を卒業するまでの残り半年、実家に一度戻りますが、
私は卒業したら、実家を離れることを選ぶだろうと思いました。

疲れたときに羽根を休める場所。
日常の全てから解放される場所。
自分を律する場所。
人には色んな場所があるのじゃないかと、この景色を眺めていて思いました。
コメント (4)

マッスル・ミュージカル

2005-08-26 01:51:56 | 日記
今日は台風が近づく中、
友人とずーっと行きたかったマッスルミュージカルに行ってきました。
マッスルミュージカル
人間の身体はあそこまで出来るのか…と感心すると共に、
会場全体がひとつになって食い入る空気がなんともいえず、気持ちよかった
サーカスやオリンピック選手とは違って、
たくさんの人(メンバーは51名みたい?)がひとつのステージで、
同じ演技をすることで、才能ある人だけが出来るという印象でなく、
一人ひとりの努力があそこまでの演技を実現したという感じで、
本当にほんとに、感動しまくりでした
公演が終わって、会場を後にしながら、
友達と2人で筋肉鍛えたくなったね!なんて話してました(笑)
言葉なしで語れるあのミュージカルは、本当に見ごたえあると思います。
少しでも興味ある方は、ぜひ一度見てみてください
コメント

台風の日に…

2005-08-26 01:38:48 | 
8月25日 (台風11号接近) 最高気温26.1℃

私のカメラが撮影デビューしたのは台風一過の日でした。
そして今日、台風が関東に接近とのことで、
今回は台風の様子をぜひ撮影してみたいと思いつきました

そんな日に、私は友人とマッスルミュージカルの予定☆
マッスルミュージカルの会場は横浜!
台風の中の横浜の夜景を撮ってみようじゃないかと、意気込んでいた私
ですが、そんなにうまく行くわけがなかったんですよね…

夜間の撮影はシャッタースピードを遅くするため、手ブレしやすい。
その上、雨の中で撮影ときたら、傘をさした状態。。。
そして私の弱点が手ブレしやすい。。。
こんな悪条件が揃っていれば、写真は当然ぶれぶれ…
というわけで、台風の中の横浜風景写真は撮れませんでした
今度は三脚をもって、横浜の夜景に挑戦したいと思います

追伸
横浜は無理でしたが、実家の窓からなら、台風の様子を撮影できました☆
コメント

プレゼント

2005-08-23 23:20:27 | 花々
8月23日 のち 最高気温32.3℃



以前(高校時代だったはず…)、
友人からもらったチェーンメールのコピーが出てきました。

「次のような銀行があると、考えてみましょう。
 その銀行は、毎朝あなたの口座へ86,400ドルを振り込んでくれます。
 同時に、その口座の残高は毎日ゼロになります。
 つまり、あなたがその日に使い切らなかった金額はすべて消されてしまいます。
 あなただったら、どうしますか?
 もちろん、毎日86,400ドル全額を引き出しますよね。
 私たちは一人ひとりが同じような銀行を持っています。
 それは”時間”です。
 毎朝、あなたに86,400秒が与えられます。
 毎晩、あなたが上手く使い切らなかった”時間”は消されてしまいます。
 それは翌日には繰り越されません。
 それは、貸し越しできません。
 
 もし、あなたがその日の”預金”を全て使いきらなければ、
 あなたはそれを失ったことになります。
 過去にさかのぼることはできません。
 あなたは今日与えられた”預金”のなかから、”今”を生きないといけません。
 
 だから、与えられた”時間”に最大限の投資をしましょう。
 そして、そこから健康、幸せ、成功のために最大のものを引き出しましょう。
 時計の針は走り続けています。
 今日という日に、最大限の物を作りだしましょう。

 あなたの持っている一瞬一瞬を大切にしましょう。
 そして、あなたはその”時”を誰か特別な人と過ごしているのだから、
 十分に大切にしましょう。
 
 ”昨日”はもう過ぎ去ってしまいました。
 ”明日”はまだわからないのです。
 ”今日”は与えられたものです。
 だから、英語では”今”をプレゼント(=present)というのです。」

時間をお金に例えている表現はあまり好きではありません。
「最大限の投資」という表現も好きではありません。
そのとき、そのときによって、
その時間をゆったりのんびり過ごしてもいいと私は思うので。
そしてまた、与えられた時間全てを使いきりたいと、
全ての人が思うとも、私は思いません。

けれど、過去にとらわれたり、先のことを心配しすぎて、
今を生きることをなおざりにしたくないという気持ちは再認識できました。
この言葉を今、改めて読み、こうしてこの場で紹介したいと思いました。
長い文章に目を通して頂き、ありがとうございました☆
 
 
コメント (4)

希望の光

2005-08-22 22:03:38 | 
8月22日 のち 最高気温30.5℃



ぬけるような青空に
力強く輝く光がみえた
その光は私の背中を力強く押してくれてる気がした
このまま進んでみよう
進みながら
見えてくるものがあるかもしれない
見つかるものがあるかもしれない
気付くものがあるかもしれない
何事もやってみなきゃね♪


この写真は「板根(ばんこん)」といって、
熱帯多雨林の大木の根元にできる板状の根だそうです。
ちなみにこの板根は、幹の周りが7m、木の高さ50mの大木のものだったとか。
全体像はこちらをクリック



コメント (4)

感謝の気持ち

2005-08-21 21:37:47 | ひとりごと
8月21日  最高気温33.5℃

今日、数ヶ月ぶりに実家に帰ってきました。
実家といっても、今住んでいるところから、
2時間もかからずに帰ってこられる場所なんですけどね
ですが、実習中は朝が早いため、ここから通うのは無理ということで、
今の3人共同生活を去年の9月に許可してもらったんです。
(実習も一段落したということで、来月あたまには今の家を引き払うことになってます。)

久々に帰ってきた自宅。
当然だけど、家族みんながそれぞれ自分の生活を送ってます。
そんな中、かなりご無沙汰な私が入っても、家の空気は変わらず(笑)
妹も弟も、母も父も私と普通に言葉を交わしてました。
食事の後のテーブル拭く人を決めるためのじゃんけんも、普通にしたりして。
家族って、不思議だな~と、すごいな~と思ったりしました。
離れててもこういう存在があるってことが、幸せなことなのかもな~と。
当たり前のことかもしれないけど、
こうして守られてる、ここにひとつの居場所がある。
そのことに少し感謝の気持ちです

コメント (2)