なないろあそびの不思議道☆ふしぎどう

京都こころ屋なないろあそびのじぶんとつながるっていうしあわせみつけよう

次はこんな世界かもしれない

2020年05月01日 | 不思議☆道から
以前に仏教の教えだったかで聞いた光景です。


お腹を空かせたたくさんの人がいます。

目の前にはご馳走がいっぱい。

でもそれを食べるためのお箸がすごーく長くて1mとかある。

天国に住む人たちは

そのお箸で他の人にご飯を食べさせてあげている。

みんなで食べさせ合いっこするのでお腹いっぱい食べられます。


でも地獄に住む人たちは

自分だけご飯を食べようとするのでお箸が長すぎて

食べることができないまま。

いつまでたっても満足できません。


どちらにもご馳走は同じようにあるのにこの違い。。。




コロちゃん後の世界は同じ場所にいながら全く違う世界観になると言われています。

どちらの世界で過ごすのかは自分で選べるとも。


今日ふとこの教えを思い出して

私の中で新世界のイメージが具体化しました。


食べさせ合いっこの世界に住みたい!!

次の世界にワクワクして

よし!!っと気合が入った一日でした。











50歳。何だかめでたい。

2020年03月15日 | 50歳からのしあわせ
ブログを冬眠している間に50歳を超えました。

49歳の最後の日までは

やだなぁ  だの
年取るなぁ だの

日常の、あらゆる場面で遭遇する「年齢確認」のハードルが上がる感じとか
年々劣化してゆく運動機能のあれこれなどにため息をついていました。

それがなんということでしょう♪

50歳になったとたんに、ふとひらめいたのでした。

・・・50歳って50年。
・・・50年って100年の半分。ということは「半世紀」

・・・・・ん?それってすごくない!?

振り返れば波乱万丈・死の淵にも片足突っ込んだことのある私が
気づけば半世紀も生き延びた!!

なんてことを考えた瞬間にカチッと何かのスイッチが入っちゃったのです。

わぁ~めでたい!!

電化製品の寿命はせいぜい10年足らず。
一軒家だって30年もすればあちこち修理が必要。
なのに私は半世紀♪

そうよね、半世紀も生きてればシミもシワもできるよね。
夜更かし出来ないとか、階段がきついわとかしょうがないわね。
半世紀も頭使ってきたならメモリーいっぱいで物覚えも悪くなるわ。

何だかめでたい気持ちがどんどん加速していく。

すごいわ、わたし
がんばったわ、わたし

てな具合にどんどん自分を愛でていく。

そしたら過去のあれこれがもう今更どうでもいい気がしてきた。

だって半世紀なんだもの。
そんなの遠い昔のことよ。

おばさんパワーってこうして培われてゆくのかしら?


そんなふうに始まった50代。あれからさらに数年経ちますが
やっぱり今でもめでたいです。













フラクタル幾何学の図をみて思う

2016年12月31日 | 不思議☆道から

2016年、地球の上ではたくさんの悲しいこと、つらいこと、びっくりすることがありました。

そんな時に「フラクタル」という幾何学の概念と出会いました。

その図形を眺めていて考えたことは

わたしの周りで起きる小さな出来事と

地球や宇宙で起きる大きな出来事は

すべて同じものを描いているのかもしれないということでした。


それはここ数年ずっと考えていたこととおんなじで

それを視覚で見せてもらった気がしました。


あぁもっと家族を大事にしよう

もっと友人を深く知ろう

小さなことにも心を尽くしてみよう

なんだかそんな気持ちに包まれました。



今年も一年ありがとうございました。

どうぞよいお年をお迎えください。










弥山にて

2016年11月25日 | 広島歩き




こちらも10年ぶりの宮島は弥山。

光の道を歩く。。。歩く。。。そりゃぁもうトホホなくらいに。

こんなにきつかったっけ?

10年ってすごいなぁ。

ぶつぶつという背中を友達が写してくれました。




「10年」と何度もつぶやいているわね、と指摘され

「10年」という時間に意識が向かう。

光の中で・・・。








10年が経って思うこと

2016年11月24日 | 広島歩き



平和記念公園を歩く。

前に来たのは・・そうそうあれから10年。



今年の夏に無性に71年前の戦争のことを知りたくなった。

学校で習ってきたこと。

これまで当然のように受け取ってきた情報。

そんなもろもろをもっと違う角度でみてみたくなった。

もっと深く知ってみたくなった。

あの時代に起きたこと。

原爆の意味。

今まで知らなかったことを改めて調べ進んでもう一度この場所へ訪れたくなった。



ここに記された「あやまち」について思いを巡らせる。

きっとたくさんの意味が宿っているだろう。


その中のひとつ、「核兵器を使わない」という約束が71年続いたことをよかった、と思う。

この場所に今日もたくさんの人々が足を運んでいることをよかった、と思う。

おとなもこどももいて、

いろんな国の人がいて、

誰もが真剣にこの場所で起きたことを感じようとしていて。

・・・胸が熱くなった。



10年前のわたしはこの場所に光を送ろうとしていたけれど

10年が経って今のわたしは

この場所からたくさんの光をもらっている。

これからもずっと、ここからの光が世界を守ってくれますように。