咬合と全身 ホワイトニング

咬合を介して顎関節症と不定愁訴への歯科的アプローチ

歯周病予防・ムシ歯予防・口臭防止を兼ねたMIホワイトニング

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

日本人の3人に1人は不定愁訴

2018-04-25 16:52:19 | Occlusion & Body 咬合と全身

と呼ばれる症状、つまり頭痛や腰痛、首筋や肩のこり、便秘、冷え性、生理痛、不眠などに悩まされているそうです。
このような患者さんの一部は、整形外科、鍼灸、整体、カイロプラクティックなどを訪れても治療効果が得られないだけでなく、原因が分からないと診断され放置される傾向にあり、やがてドクターショッピングを続ける彷徨患者、難民患者になるのでしょう。

やがて、ネット等で以下の内容を耳にしたり、目にするようになります。
噛み合わせが悪いと身体にゆがみが生じる。また、身体の何処かが歪むと噛み合わせに悪影響をおよぼす。身体と噛み合わせとの間には相関関係があるのです。
「噛み合わせのずれ」や「顎の偏位」「うまく噛めない」などは咀嚼機能を低下させるだけでなく頸椎や脊椎、腰椎をゆがめ、頭痛や肩凝り、腰痛等を起こし、それにより頭頸部の緊張が脳硬膜の緊張までも引き起こし、脳脊髄液の流れを阻害する可能性を生みます。その結果脳の機能が低下し、全身のさまざまな部位の機能も低下する等の「負の連鎖」が起きます

確かに最近の研究では、咬合と不定愁訴(腰痛、肩凝り、頭痛などの未病症状)に大きな関係があることが判明していますが、口腔感覚の異常や原因不明の多彩な身体症状を引き起こす「脳内神経伝達物質レベルの異常」と、身体症状を義歯や咬み合わせと関連付ける「思考や記憶に関わる高次中枢機能(大脳皮質)の異常」にあることも忘れてはいけません。
つまり、不定愁訴の原因は咬合だけではなく多岐に及んでいるのです。
しかし、患者さんは
一見聞き心地のよい 『全身のバランスを整えてから咬合を治す』から
「この歯の、この咬み合わせを治さないといけない。」
「咬み合わせさえ治せば、今抱えている問題は解決する。」
等と、咬み合わせの治療を進めることに強くこだわる傾向になるようです。

確かに咬合と全身の機能との関係が相当頻繁に喧伝されていますが、この様なことは歯科臨床の領域では、今にはじまったことではなく、相当古くから顎関節症に関連して咬合問題が全身の機能に影響を及ぼすのではないかということで臨床経験的に種々論議されてきたところです。それ以外に、根の再治療をしたところ冷え性や腰痛が寛解したという経験も多々あります。
不定愁訴と歯の関連は咬合だけに限定されたものではないようです。

この問題に関して世界的指導的な役割を果たしているAmerican Academy of Orofacial Painの最近のガイドラインでも咬合因子は、客観的に関与するものの二次的な寄与因子であるという見解を示すにとどまり、
「咬合問題と全身の機能的問題との因果関係は明示されない」
が現状です。

本やネットで情報収集は良いことですが、
治療家擬きの歯医者か?歯医者擬きの治療家か?分からない歯科医師、咬合はあまり理解されていない歯科医師等の数よりも咬合を理解されている歯科医師が少ないのが現状と考えます。
私も、歯科医師向けの咬合セミナーを定期的に開催してますが、なかなか理解し難いようです。
そのようなことから、情報化社会の中、色んなメディアを使っての情報収集は玉石混交であることを念頭にして調べてください。

大切なのは歯科的な問題の有無による歯科由来の不定愁訴か否かがある程度診断できます。
 ① 垂直的顎位・水平的顎位
 ② 側方ガイド(前後左右)
 ③ 咬合平面の方向
 ④ 力(内外)
 を確認し、この問題点を解決することです。
すべての不定愁訴(歯科由来以外)を改善できるわけではありませんが、不正咬合は不定愁訴の原因のひとつという事になると、逆に、咬合治療で不定愁訴の改善も期待できる事になります。
三位(顎関節・歯牙・筋肉)一体を図った歯科治療の延長線上に、この全身の不定愁訴の改善があると考えています。
これはよく咬合を理解されている歯科医師にしかできないことでしょう。

正当化できる特定の証拠がないかぎり、治療の第一選択は保存的で可逆的かつ証拠に基づく治療法にすることが強く薦められます。
標準治療としての大きな治療の流れ
1.生理的顎位の獲得
  スプリントを活用し、試行錯誤しながら生理的顎位を求める。
2.補綴や矯正による咬合再構成
 ① 早期接触・咬頭干渉・咬合干渉の排除
 ② セントリックストップ確立
   ・ 臼歯の咬合支持
   ・ 上下の歯列や歯のはまり込みがない
 ③ 歯列が狭小化しない
 ④ 下顎安静位の維持
 ⑤ 顎関節への負荷が少ない
 ⑥ 筋のリラクゼーション
3.口内環境の正常化
  むし歯、歯周病の改善を進め、口内環境の正常化を行うことは非常に重要です。
  口内環境に悪い悪習癖の修正、改善。
4.姿勢改善
  姿勢が悪いと全身の筋肉のバランスが崩れ、それが咬み合わせに大きく影響してくる
  ので、猫背、片足立ち、足組み、などの悪い姿勢のクセを改善する努力をします。
  口だけ診てるだけでは咬合治療は絶対に不可能です。
5.生活習慣の改善
  早寝早起きと睡眠の質、栄養のとれた食生活、禁煙、適度な運動、ストレス発散など、
  生活習慣(精神的面も含む)も大きく影響するので、歯科治療と並行してこれらの改
  善も必要です。

コメント

小児の顎関節症

2017-10-03 13:19:26 | TMD 顎関節症

小学4年生の男の子が母親と一緒に主訴顎関節症で来院。問診では右の顎関節部が1ヶ月半ほど前から痛いとのこと。触診でも右顎関越部に圧痛があり、聴診では機能的雑音近いクリック音がありました。また、疼痛は軽減しているとのこと。
6番の咬合はクラスⅡ、レントゲンを見ても永久歯交換のスペース不足は明瞭です。

食事の様子を尋ねると、食事時間は長く、右噛みでいつまでも食べ物をモグモグし、最後はお茶で流し込んでいるそうです。これを簡単に言えば嚥下障害になります。
噛んだり飲み込んだりする力をつけることは、顎やその周囲の筋肉の発達に大切なものですが、全身の健康や脳の発達にもつながってくることがわかっています。ぜひ、お子さんの食事内容や食べ方に注意を払い、噛む力、飲み込む力をきちんとつけてあげるように工夫して欲しいと思います。
また、混合歯列期の一つの特徴である歯ぎしりもするそうですが、これに関してはあまり神経質になることはないと考えます。

小児の顎関節症
かつて、顎関節症は大人の病気だと言われていましたが、最近では小学校高学年から中学生にかけて発症していることが多く見受けられます。これは、あまり噛みごたえのあるものを食べなくなったため、顎の骨や筋肉の発達が悪いことが考えられます。
噛む機能に影響するだけでなく、肩こりや、頭痛などの症状と顎関節症の症状とは90%以上同じ側で起こり、顎関節症の軽快と同時にこうした症状もなくなることが多いことから、顎関節症とある種の不定愁訴とは関連があると言われています。

横道
確かに顎関節症とある種の不定愁訴と関連がありますが、全て不定愁訴と関連があるかと言えば、今の段階ではNO!です。しかし、不定愁訴と顎関節症は密接な関連があると考えられて歯科医院を訪れますが、その原因は?と考えると歯科医院のHPに問題があると思います。実際、整形外科に通院する患者さんの多くは噛み合わせで治ると豪語する歯科医師もおられますが、それに関してはエビデンスがありません。
不定愁訴を抱えた患者さんが歯科医院を訪れますが、歯科的な問題が無ければ、恐らく関係ないでしょう。歯科的問題があれば、ひょっとしてその歯科的問題をクリアすれば不定愁訴が改善されるかもしれません。
くれぐれも歯科医院の誇大広告?に引っかからないようにして下さい。

大人程高い確率ではないものの、小児でも顎関節症にかかると言われ、顎関節症は特に20~30代の若い女性に多くみられる症状ですが、幼児期でも顎関節症の症状が出ている子供は存在し、年齢が上がるにつれてその数は増加していきます。
特に、乳歯が抜け落ち、永久歯が生えそろう中高生になるとその数は急激に増えてきます。

子供が顎関節症になる主な原因
子供が顎関節症になる原因は、大きく、歯並び自体に原因があるものと、顎関節に負担がかかりやすい生活習慣(クセ)の2つがあげられます。

1.歯並びが原因の顎関節症
   歯並びが問題の場合
 ① 上の歯と下の歯の関係が反対になっている反対咬合
 ② 上の歯が深く下の歯に被さるように見える過蓋咬合
 ③ 上の歯と下の歯の中心がずれているケース
 ④ 噛んだ時に前歯が完全に下の歯と接していない開咬     等があげられます。
現代の食生活等の変化から、子供の顎の大きさは小さくなる傾向が見られ、歯が生えるのに十分なスペースが確保されない場合にこういった歯並びの問題がおきてきます。
また、母乳で育った子供とそうでない子供では、歯並びに違いがあるとも言われています。
赤ちゃんが母乳を飲むためには強く吸う必要がありますが、この行為が顎やその周囲の筋肉を発達させ、顎の骨の成長に関係していると考えられ、母乳で育てられた子供は顎の成長が発達して、咀嚼機能が発達しますので、その後の食生活でもよく噛むようになり、ますます顎の骨が発達していくと考えられます。

母乳だから顎機能が発達し、人工乳だから発達しないと言うわけではなく、生後の生活習慣が大きく関与してくると考えて下さい。その目安の一つが噛み合わせであり歯並びだと考えます。混合歯列期では咬合誘導が大きな成果をあげます。

2.生活習慣(クセ)が原因の顎関節症
   顎関節への影響がよくない生活習慣の例として、以下が挙げられます。
 ① いつも口を開ける習慣がある
    口で呼吸していることが多い
 ② 食事の際に右側、左側どちらか片方でしか噛まない
 ③ 口の中にたくさんの食べ物を詰め込んで食べる 
 ④ 食事の時、ぺちゃくちゃ音がする時がある
 ⑤ 嚥下時(飲み込む時)によく水気のものを取る
 ⑥ 座っている時によく頬杖をついている
    姿勢は猫背になっていることが多い
 ⑦ 歯を噛み締めて 常に上の歯と下の歯が接している状態になっている
 ⑧ 寝るときにうつ伏せで寝ている                        等があげられます。
上記に挙げた生活習慣を続けていると、無意識のうちに長時間、顎関節に負担をかけていることになりますので、注意して下さい。

また、顎関節症になると口を開ける時に、顎関節付近でカクンというクリック音と呼ばれる音がします。子供が顎関節症になるとその音を面白がって、より多く口の開閉をして顎の負担を大きくすることがままありますが、それは絶対にしてはダメなことです。

子供の顎関節症はどのような治療が行われるのか?

子供の顎関節症の治療法は成長期である事を除いて、基本的には大人と同じです。
症状が軽い場合は、自然に消失する事もありますが、逆に悪化してしまう事もあります。

1.歯並びが原因の顎関節症治療
治療方法は歯並びが顎関節症に影響している場合は、顎口腔筋機能の正常化をはかり咬合誘導を行います。そして時には矯正治療をして歯並びを正しい位置に戻します。
子供の場合、大人に対する矯正治療と比べて、顎の成長を促したりする装置を利用できたり、顎の成長自体も矯正治療に利用したりできますので、効率よく矯正治療を行えるという利点があります。

治療期間については治療計画によっても大きく変わりますが、大体1年半~2年位は考えておいた方がいいと思います。場合によっては、顎の成長を見ながら治療を行う事もありますので、さらに期間が長くなることもあります。

2.生活習慣が原因の顎関節症治療
まず顎関節症になる要因となっている生活習慣(クセ)の改善をはかりましょう。
お子様が御自身でできる対策は、食べ物を飲み込まずよく噛んで食べ、顎関節の成長を促すようにしたり、適度な運動をしてストレスが溜まらないような生活をすることです。
保護者は、お子様の普段からの姿勢(特に猫背)にも気を配るようにしましょう。あとは、前述の顎関節に負担がかかるような生活習慣も改めるよう指導しましょう。

 

 

 

コメント

各種ホワイトニングはどのくらい効果があるのか?

2017-09-12 15:45:45 | Whitening ホワイトニング

ホワイトニングとは、加齢や食習慣等により色が付いてしまった歯を漂白していく方法です。繰り返し施術する事でご自身が希望される白さにする事ができます。勿論 1日で白くする事も可能です。

少し話が横道にそれますが、最近、セルフホワイトニングという言葉を耳にします。これは歯科医院で説明するところのホワイトニングとは全く別物です。
モデルタレントを起用したエステでできるホワイトニングサロンが増えてきているのが1回2~3千円で行うエステ機関の「セルフホワイトニング」と記憶しています。
まずは気軽にお試し感覚で、という方も多いようですが利用者の多くから「まったく白くならなかった」とのお声をお聞きします。

何故効果が出ないのでしょうか?
「歯を白くするホワイトニング」の薬剤は法律で医療機関でしか扱うことができません。エステで行う「セルフホワイトニング」は歯(エナメル質)の黄ばみを分解する薬剤を使うことができません。歯磨剤と同じ成分を使っているため「歯の表面の汚れ落とし」でしかありません。

費用と効果

ホワイトニングは下図のように分けることができます。

ホームホワイトニング・オフィスホワイトニング・デュアルホワイトニングそれぞれにメリット、デメリットがあります。
ホームホワイトニングでホワイトニング効果を発揮させるには自宅で毎日ご自分でホワイトニングする必要があり、それが毎日のことなので長続きし難いことです。だけども歯周病予防、ムシ歯予防には準備を怠らなければ非常に効果的な予防法になります。
費用的には最初に4万円前後の費用がかかりますが、その後のホワイトニング剤の購入は5千円前後でしょう。

デュアルホワイトニングはホームホワイトニングとオフィスホワイトニングの両方の良い点を備えた最も効果的な術式ですが、今や、この術式はテトラサイクリン系の変色歯症例以外の使用は必要ないでしょう。逆にオフィスホワイトニングにホームホワイトニングを併用するデュアルホワイトニングを薦める歯科医院のオフィスホワイトニング法はホワイトニング効果の低い術式と言っても過言ではないでしょう。
費用的には10~15万円前後になるでしょう。

次にオフィスホワイトニングですが、希望される白さまでに数回通院されてトータル5~10万円ほどかかるようです。そして、ホームホワイトニングの併用を薦める歯科医院が多いと聞きます。

当院ではMIオフィスホワイトニング(MIOW)を導入するようになってからはホームホワイトニングを希望される患者さんは変色歯以外、皆無になりました。

MIOWはB1,A1領域或いはBW領域を希望される場合、数回に分けてその領域に入る施術法と1日でその領域に入る施術法の2種類があります。

よく耳にする言葉が『高いと効果があって、安いと効果があまりない。』と聞きますが、MIオフィスホワイトニング(MIOW)の特徴は以下に挙げられます。
 ①従来のホワイトニングと比較して格段にホワイトニング効果が高い 
 ②施術時間が非常に短い
 ③術中・術後痛が皆無に近い
 ④ホワイトニングと同時に虫歯予防・歯周病予防・口臭防止に繋がる
 ⑤ランニングコストが非常に安い
 ⑥施術費用を安くすることができる
 ⑦オーダーメイド的ホワイトニングが可能になる

コメント

MIOWの臨床

2017-08-01 09:30:13 | Whitening ホワイトニング

『MIOWの臨床』DVDができあがりました。

MIOWの臨床は当院の施術法を中心にMIオフィスホワイトニングセミナーの内容を約86分に纏めたものです。
DVDはMIOWスペシャルを中心になっているのでMIOWセミナーを受講された先生方の復習に最適ではないかと思います。
MIOWDVD、もしくは医療情報研究所発売の『リピート率60%!MIホワイトニング実践法」をお持ちの先生方にとっては、
新たにMIOWスペシャルが加わる分、アドバンス編になります。
このMIOWスペシャルでは1日で歯をB1,A1領域にする術式もあるのですが、『MIOWの臨床』の中にその術式も紹介しています。

 

アドバンス編といっても、初めてMIOWを導入される先生方にも理解できやすい内容となっています。

販売価格、お申込法などは下記をご覧下さい。
http://www.senya-dc.com/menu/whiteningseminar.html

コメント

ホワイトニングで歯を紙のように白くできるか?・・・その2

2017-06-12 16:11:17 | Whitening ホワイトニング

ホワイトニング効果・・・日米の違い
ホワイトニングは元々の色より歯の明度を上げて白くできますが、欧米人に比べてホワイトニング効果には限界があります。
その理由の1つに、日本人の歯は欧米人の歯に比べると小さくエナメル質が薄いためと言われています。
つまり、エナメル質の厚みがあればあるほどホワイトニング効果は高くなります。

ホワイトニング歯磨剤は本当にホワイトニング効果があるの?
ホワイトニング発祥の地アメリカのようにドラッグストアやスーパーで手軽に買える状態ではなく、答えは残念ながらNO!になります。
ホワイトニング効果はエナメル質のマスキングと色素分解と定義するなら、歯磨剤に過酸化尿素もしくは過酸化水素が含まれる必要があります。
そういった歯磨剤は薬事法に抵触するので自己責任の下で個人輸入する以外に手に入りません。
日本では薬事法により、ホワイトニング成分の含まれた商品の販売は禁止されています。

ホワイトニング歯磨剤と言うよりは美白用歯磨剤もしくは研磨性歯磨剤と言った方が的を射ているかもしれません。

日本で販売されている自称ホワイトニング歯磨剤は直接的なホワイトニング効果はありませんが、汚れを落とす力はあります。
その汚れを落とす成分によって、毎日しっかり磨いていれば、黄ばみや着色は消えていきます。
また、しっかり磨くことで口臭は消えていき、歯はツルピカになります。
その状態をホワイトニング効果があると錯覚していると言っても過言ではありません。
本当のホワイトニング歯磨剤を手に入れたとしても、
日本人のエナメル質は薄いために外国で宣伝されているほどのホワイトニング効果は得難いかもしれません。

当院では、
個人輸入されたホワイトニング歯磨剤を長期間使用することで知覚過敏になる可能性があり、
俗に言うホワイトニング用歯磨剤よりも歯質修復性歯磨剤をお奨めします。
これはオフィスホワイトニングを施術する際、ちょうど化粧の下地作りのように歯表面のコンディショニングが
良くなっているためにホワイトニング効果をアップさせてくれます。

歯の色、白さが人によって違うのはなぜ?
歯は、最も外側(表面)がエナメル質、その下に象牙質があり、象牙質の中に神経(歯髄)があります。
エナメル質は半透明であり、象牙質は黄色っぽい色をしています。
歯が真っ白でなく黄色みを帯びているのは、象牙質の色を透過しているためで、エナメル質の透明度・厚さや、
象牙質の厚さや色の組み合わせによって歯の色が決まるので、人それぞれに個人差があります。
また、日常生活のなかで、歯がすり減ったり、欠けたり、飲食による着色汚れが歯についてしまったり、加齢による歯の深色効果が表れます。
よく似た顔はありますがそっくりな顔がないように、個人個人の歯の色も千差万別です。

歯の色について
この写真はシェードガイドといって、歯を白い歯で被せるときの色見本ですが、ホワイトニング時の歯の明度を見るときにも利用します。
人の歯は色の系統を4種類に分けることができます。またアルファベットの後ろの数字(1~4)が大きいほど明度が落ちて暗い歯になります。

 A系統:レッド系
 B系統:イエロー系
 D系統:ブラウン系
 C系統:グレー系
日本人の歯の平均的白さはA3.5と言われ、ホワイトニング時の目標とする白さはB1、A1です。
B1、A1領域になると人から「白い歯ですね!」と言われますが、残念ながら人間の歯の色は紙のように白くなく、
どちらかと言えばアイボリー系と言っても良いかもしれません。
また、それが自然な色で輝く綺麗な歯だと思います。
B1、A1領域は明眸皓歯のような状態ではないでしょうか。

どこまで歯を白くしたいか??
理想とする「白い歯」には個人差があり、同じ白さであっても、肌の色によっては更に白く見えたり、逆に暗く見えたりすることもあります。
女性なら口紅の色によっても歯の色の見え方が変わってきます。

明眸皓歯のように歯は白いほうが清潔感はありますが、白ければ白いほど良いといったものではないと思います。
真っ白な被せモノをした元野球選手や芸能人を時々見かけますが、歯が異様に白すぎるような気がし、
人工的で不自然な印象を持ちますがスクリーンやテレビ画面ではちょうど良いのかもしれません。

歯の白さは、白目の色と同じくらいの白さの歯が美しいといわれていますが、人からみても不自然ではないナチュラルな白さ
ということで先ずはB1、A1領域を目指す。そして、その白さを見ながらBW領域を目指されても良いと思います。

コメント