松ちゃんのデジカメ遊び

デジカメ撮影に好奇心旺盛なおじさん。主に、風景、お祭り、花など。カメラはオリンパスEシリーズ(E-5.E-M1)

岩手 早池峰山 ~ 初めてのハヤチネウスユキソウ

2015-07-05 14:33:46 | 

 

岩場に生えるハヤチネウスユキソウ

 

一昨日、山ベテランの友人の案内で岩手県の早池峰山に行ってきた。山登りはど素人だが、エーデルワイスに似ていることでも有名なハヤチネウスユキソウ見たさに前々からお願いしていたものだ。

自宅を朝の3時30分出発、6時30分には河原坊登山口から登山開始。梅雨の時期とあって天候が心配だったが、朝方の曇り空から晴れ間もみえるいい天気に・・・。友人は何回かこのコースを経験しているので、話は聞いていたが、森林限界から上の急な岩場が想像以上のきつい昇りなのだ。救いは登山道周辺にウスユキソウをはじめいろんな花が咲いていたので、写真を撮りながらゆっくりと時間をかけて登った。

帰りの小田越コースは途中に鉄梯子があったりしたが、どちらかというと初心者向けのコースか。コースの至る所でウスユキソウを見ることが出来たが、うっすらと綿毛をかぶった美しさは感動ものでした。

 

GPSトラック軌跡 

河原坊登山口~早池峰山頂~小田越登山口-(県道)-河原坊登山口  標高差;約850m

河原坊登山口から入っての樹林帯で センジュガンビ

マルバシモツケ

樹林帯を抜けると、目の前にかなり急な岩場が・・・

チングルマの花は終わり、羽毛が風になびいていた

ミヤマアズマギク

ミヤマシオガマ  咲き始めで色が鮮やかだった

急な岩場のコースに入ると、念願のハヤチネウスユキソウとご対面   白い綿毛がきれいだ

早池峰山固有種のナンブトラノオ 咲き始めなのか思ったより小さい花だった

ムシトリスミレ

ミヤマシオガマ  

 

ミヤマアズマギク

キバナノコマノツメ

 ハヤチネウスユキソウ

ミヤマオダマキ

早池峰山頂上 (1917m)

頂上から小田越コースへ下った所で  カラマツソウ

この辺は木道が整備されていた コイワカガミの群落

木道が終わり岩場の下りが続く。 遠方の白い所が登山口

小田越コースの岩場にはたくさんのハヤチネウスユキソウが・・・

 

 

咲き始めのウスユキソウ 苞葉が開ききってない

 

咲く時期によってなのか、いろんな表情がある

 

 

 

ホソバツメクサ

ハクサンボウフウ

降りてきた岩場の小田越コース

 

 

■HPはこちら
  http://www.mattyan-photo.net/


にほんブログ村 写真ブログへ

『写真』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 仙台もやっと梅雨入り・・・ | トップ | 天童紅花まつり 2015 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
手中お見舞い申し上げます (ポヨポヨ)
2015-07-20 13:22:53
こんにちは!

東京は梅雨明けしました。
いきなりの猛暑で、せっかくの三連休もほとんど家の中です(;'∀')

早池峰山、ハヤチネと読むのですね。
ハヤチネウスユキソウはこの山のみで見られる花なのですね^^
きれいな名前・・ 綿毛に覆われた花なので、薄雪なのでしょうか。

花の名前は人がつけるのだけど、どんな名前の花も形状や色は個性的ですよね。
このウスユキソウも実に神秘的です。
ベールを纏って咲くなんて^^

それにしても二千メートル近い山登り、すごいですね!!
四枚目のお写真の岩場や、二十枚目のお写真のはるか彼方の登山口を見ると、気が遠くなりそうですが(;´・ω・)
想えば松ちゃんさんは普段から、高山の花などを撮影されてるから、
十分に鍛え上げられているのでしょうね。

たくさんの高山植物のお写真を拝見できましたが、
シモツケ・アズマギク・スミレ・オダマキ・・・ 
私も日常的に近所で見る花の名前が、出てくるのが楽しいです^^
ミヤマは深山の意味でしょうか?
同じ種類の花でも、高山に咲き、少し名前が違うとイメージも違って見えるのがさらに神秘的ですね。
どなたも耕すわけでもなく、肥料もまかぬ固い岩場で、
こうしてさまざまに色付け自生する姿は尊いように思えます。
人知れず咲く・・ という言葉が似合いますね!
Unknown (松ちゃん)
2015-07-23 20:17:29
ポヨポヨさん こんばんは
ありがとうございます。

東京はもう梅雨明けですか。仙台は梅雨なのに雨が少なくて・・・

早池峰山、この時期はハヤチネウスユキソウの見ごろになるので
土、日は大変な混雑になるそうです。
(天気の関係で平日にして良かった・・・)
初めてのウスユキソウでしたが、真っ白な綿毛を被った花姿を見たときは
疲れが吹っ飛びましたね。

二千メートル級の山でしたが、登山は全くの素人ですよ。
登山ルートのほとんどがゴロゴロした岩場で、特に急な登り坂は緊張の連続。
少し登っては休み、そして、花を見つけては写真を撮るペースで
何とか登れました。
一緒に行ってくれた友人に感謝です。

花の名前で、ミヤマは深山の意味でしょうね。
同じ種類の花でも、山で見る花の色はまた格別のものがありますね。
そして、岩場に咲く花たちの生命力はすごいものだと思います。

コメントを投稿

」カテゴリの最新記事