松ちゃんのデジカメ遊び

デジカメ撮影に好奇心旺盛なおじさん。主に、風景、お祭り、花など。カメラはオリンパス E-M1MarkⅡ

大曲の花火 ~ 春の章 ~

2019-05-17 18:51:26 | 花火

 

大曲の花火「春の章」が先週の土曜日に開催された。大曲の夏の花火は有名だが、春、秋そして冬も開催されている。会場もカメラマン席が100%確保できるし、車の渋滞もほとんど発生しないので、花火好きにはたまらないイベントだ。

毎年いろいろ趣向を凝らして開催されているが、今回は「世界の花火」「日本の花火」と題して、フランスからの参加と日本からは音楽花火ショー・有名花火師による大玉の競演など内容も盛り沢山で、大いに楽しむことができた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

■HPはこちら   https://www.mattyan-photo.net/

にほんブログ村 写真ブログへ


コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« GW10連休 ~ 信州・岩手桜  | トップ | 令和元年 仙台青葉まつり »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ポヨポヨ)
2019-05-19 17:39:45
こんにちは!

大曲 春の章、行かれましたか!
いいですねえ・・・ 

拝見してまず、今回はあまりライブコンポジを使わないで撮られたのだな?と思いました。
ズームで、一輪の花が咲く風情がまたいいですね!
二枚目のお写真は、たんぽぽの綿毛が飛んでいく様を思い浮かべました(^^)
9枚目のブルー農場色など、私には一度も花火で撮れたことのない色なので、
本当に素敵と思います。
何とも良い色ですね~~~
11枚目もくっきりと出た二色のコントラストが美しい二輪です。
最後の一枚は、一部分を切り撮られたのだと思いますが、右上から流れるように重なるラインは、とてもシャープで、流星群のようですね。

実は、この夏、憧れの大曲の花火を見たいと、いろいろ検索かけたのですが、
宿はとうに取れず、ツアーでは、花火大会終了後に3時間もバスに乗って深夜に宿入りとのことなので、あきらめました。
夏に比べ、春はやはり空いているのですか? カメラマン席というのは、どういう席なのでしょうか?
撮影を考えると、ツアーの桟敷席や椅子席というのは、私には不都合に思われるのですが・・
秋や冬も、夏より空いていますか?
一度は見たい東北の花火、松ちゃんさんのブログでお馴染みの大会は全て調べたのですが、すでに時遅し。
がっかりです(^^;)
Unknown (松ちゃん)
2019-05-20 22:39:09
ポヨポヨさん こんばんは

ライブコンポ・・・今回も使いましたよ~

9枚目のブルー、きれいな色が出ていました。自分も初めて見る色かも・・・
最後のは、ズームでピントを合わせこれもライブコンポジで撮ったものです。

夏の大曲花火期間は宿は難しいですね。周辺の横手、角館でも難しいかも。
秋田とか盛岡だとどうなのかな?
東京からのバスも大変ですよね。いずれマイカーも含めて大曲市内は歩行者が空くまで
車は駐車場から出られないんですよ。
私もバスツアーで行ったことありますが、バスが駐車場から出たのは0時過ぎだった
かな・・・
桟敷席は見る分には迫力があっていいでしょうが、撮影にはどうでしょうかね。
三脚も立てられないのではないかな?

夏の花火ではc席というのがあって、最後方の土手ののり面に設置されるので
撮影にはいいんですが、これもツアーだと席が制限されるので・・・
昨年はこれで失敗しました。

春・秋の章は夏と同じ会場で桟敷席3000円。
これを購入すれば、カメラマン席と言われている最後方ののり面へ自由に移動。
のり面と言っても通路などがあって平坦な場所もとれるような場所になってます。
会場の正面とかいい場所をを取るため、入場前に並んでますが、カメラマン席の
スペースは十分な余裕があります。
(私も今年は並びました・・・隣の方は東京からでしたよ)

夏は大体18000発の打ち上げですが、春・秋は約8000発。規模も小さいので
込み具合は夏ほどではないですよ。

私一番のおすすめは鶴岡の赤川花火大会ですかね。
ここも最後方の土手の道路に三脚が立てられる1m四方のカメラマン席が設けられます。
席数が限られているので、発売日の発売開始時間を狙って予約をしないと取れませんが・・・
撮影場所としては最高の場所ですね。
私はリピータになっているので、発売予定の連絡が入るようになってます。

コメントを投稿

花火」カテゴリの最新記事