センソウの個人的思い出とかなんか色々

かくれんぼ同窓会における一大イベント「センソウ」の個人的な思い出等を綴ります。いわゆる「センソウ日記」とは少し違います。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

爆弾名一覧

2014-12-24 21:50:53 | センソウデータ集
誰も興味ないかも知れませんが、これまでのセンソウにおける爆弾の名称を紹介します。由来は当時のマスターに確認したわけではないので間違ってるかも。


センソウ2007 テポドン ノドン ステルス  ※テポドンとノドンは北朝鮮の兵器。

センソウ2008 リトルボーイ ファットマン ステルス ※リトルボーイとファットマンは、アメリカが投下した原子爆弾の名称。

センソウ2009 生物兵器→ゴジラ プルトン ステルス  ※生物兵器は、ウイルスや毒素をぶちまける「貧者の核兵器」。ゴジラは多分例の怪獣から。プルトンはギリシャ神話の冥府の神の別名、或いはワンピースに登場する古代兵器。

センソウ2010 クラスター ナパーム ステルス  ※クラスター爆弾、ナパーム弾という実在の兵器。

センソウ2011 ヨルムンガンド フェンリル ハデス(ステルス扱い) ※ヨルムンガンドとフェンリルは北欧神話に登場する怪物。ハデスはギリシャ神話の冥府の神。

センソウ2012 天照 素戔鳴 月読(ステルス扱い) ※日本神話の三貴神。畏れ多い。

センソウ2013 プグナ ドミヌス レウォルティオ(ステルス扱い) ※プグナは「戦闘」のラテン語、「ドミヌス」はローマ皇帝の称号、レウォルティオはラテン語で「革命」あるいは「回転」の意味らしい。つまりみんなラテン語。

センソウ2014 綾波 式波、真希波(ステルス扱い) ※新世紀エヴァンゲリオンの登場人物の性。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

過去の罰ゲーム一覧

2014-12-24 13:40:51 | センソウデータ集
このカテゴリーでは、センソウにまつわる様々なデータを気まぐれで書いていこうと思います。マスターをやることを考えている方や、センソウというイベントに興味がある方などの参考に少しでもなれば幸いです。

ただ、内容は私が現役時代に実際に見聞きしたことですが、いかんせんかなりの時が流れているので記憶違いの部分がところどころあるかも知れません。特に、私が入会した2008年以前のことに関しては、先輩から話を聞いただけなので、記憶が曖昧な点も若干あります。

もし間違いを発見した方がいらっしゃいましたら、コメント等で連絡して頂けるとありがたいです。


さて前置きが長くなりましたが、今回はセンソウにおける過去の罰ゲームを知っている限り紹介していきます。


センソウ2004 湘南ゴミ拾い/サークル強制退会

センソウ2005 リアル箱根駅伝(リアル「走れメロス)・・・箱根から新宿まで、冬合宿のバス出発までにリレーマラソンでたどり着く。箱根駅伝と言っても復路のみ。

センソウ2006 2泊3日の断食合宿・・・水以外口に出来ない。断食してる敗戦国の目の前で、戦勝国の面々がパーティーをしてご馳走を食べている。夜間の生理的に自然な睡眠ではなく、辛さから逃れるために仮眠を取った場合は叩き起こされる。敗戦国の一部のメンバー(一女)がこの罰ゲームによるショックでかくれんぼ同窓会に来なくなってしまったらしい。センソウ史上最も過酷と思われる伝説の罰ゲーム。敗戦国はスペイン。

センソウ20007 ファミレスボンバー&ヒッチハイク・・・敗戦国を2チームに分け、サイゼリヤの全メニューを注文。先に食べ終わった方が勝利。負けた方はその場でメアド変更。アレルギーを持つ某カクレンジャーが当該物質の含まれる食品を食べてしまい、救急車が出動したとか。また、リーダーのみ、5千円を渡されて京都の清水寺に放置され、そこからグランドフィナーレまでにヒッチハイクで東京に辿り着くという追加罰ゲームを課された。あっさりとヒッチハイクは成功したらしい。敗戦国はセルビア。

センソウ2008 バレンタインデーに入試がある慶應義塾大学の校門前で受験生にチョコレートを配る(某カクレンジャーの猛反対で中止)→歌詞カードを渡され、看板やポスターなどの屋外で見ることの出来る文字を集めてその歌詞を完成させる。管理人が敗戦国民だったが、まだ完成させてないのに午後3時くらいで解散を許されるグダグダっぷりだった。敗戦国は西ドイツ・・・なんだけど、日本やマスター含むその他数名も罰ゲームを受けるという前代未聞の展開に。その理由についてはこの記事を参照して下さい。

センソウ2009 ムカデで山手線ハイク・・・この年のセンソウは全5チームで、一チーム当たりの人数が15,6人くらいいたから列は長くなるし、寒い中で腕を振ることができないムカデ歩きはすごく過酷だったと思う。でも結局、最終的にはグダグダになり、ムカデをやめて普通に話しながら歩いてたとか。敗戦国はチェコ。

センソウ2010 劇の公演・・・この年のマスター(管理人の同期)三人の優しさに溢れた、かなり甘めの罰ゲームだったと思う。みんないい人。敗戦国はアイルランド。

センソウ2011 帰ってきた2泊3日断食合宿・・・近年罰ゲームの内容が甘くなってきていることを憂慮したマスター、ミッドナイトキャンディの悲願。敗戦国はアルバニア。管理人の同期が多い国で、色んな思いがこみ上げた。

センソウ2012 小田原から東京まで徒歩・・・「天下の難所」箱根がない上に総距離が短い、しかも走る必要はないから「走れメロス」に較べれば楽な気もするが、全員が最初から最後まで歩かないといけないため、一人当たりの歩行量は圧倒的にこっちのほうが長い。しかも、マスターは時速5㎞でノンストップで歩かせ続けるつもりだったらしい。結局2泊3日を要したとのこと。敗戦国はパレスチナ。

センソウ2013 ポットラックパーティー・・・敗戦国は、各国が持ち寄った食べ物+マスターからの贈り物(シュールストレミング)を食べさせられる。敗戦国は太宰府天満宮。アステカ帝国が持ち込んだ「雑草定食」の中に誤って毒草が混入されており、それを何も知らずになぜか戦勝国のホワァが食べてトイレに駆け込むという事件が起きた。

センソウ2014 一位になった国が内容を決めるという異色な方式。断食+断眠合宿、あるいは敗戦国を断食組とポットラックパーティー組に分けての合同合宿を予定。敗戦国民にバイトをさせてアメリカ国民に貢がせるという案も。アメリカ合襲国が一位となり、全米が最下位となったが、罰ゲームは結局行われず。なお、当初は一位の国が決めた罰ゲームに加えて、トランプタワー7段作成と鎮魂の旅(全襲撃発生地点に行き、鎮魂の祈りを捧げる)も予定されていた。
※追記 上記の罰ゲーム案は結局うやむやになり、2015年11月28日(土)、マスターが決めた罰ゲーム『写経50枚』が執行された。このゆるい罰ゲームにアメリカ合襲国一同は憤り、パイパンが「ただの文化的な土曜の午後じゃねぇか」という名言を発した。

センソウ2015 超ひも跳び理論~重力を感じて~・・・敗戦国一同による、壮大な大縄跳び。全員で365回連続で跳べたらクリア。それが出来なければ合計で規定の回数跳べればクリア。結局連続365回は達成することが出来ず、昼から始めて深夜までかかった。敗戦国は11451459。跳んでいる最中に笑わせようとしたら睨まれた。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加