泉心堂治療院

せんしんどうちりょういん

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

言葉

2010年02月12日 | Weblog
最近、少しホッとしていることがあります。

3歳半になる長男の言葉のことです。

妻の次男里帰り出産のために、長男は2歳のほとんどを台湾で過ごしたせいか、

中国語ばかり話すようになってしまいました。

日本に戻ってきてから、わたしの母親にも通じない中国語で話かけていたのですが、

母もめげずに日本語で話しかけていたせいか、

最近になって、私の身内や、外で誰かに話しかけられた時には日本語で話すようになってきました。

でも、普通の3歳に比べれば言葉の発達は遅いと思いますけど、

使い分けができるようになってくれればとりあえずは一安心です。

ちなみに家では相変わらず中国語ですけど、

状況に応じて自然に使い分けができるようになってくれればそれでいいと思います。

それにしても教えたわけでもないのに、自然とできるようになってくるのですから、

子供ってすごいな~と感心してしまいます。



メガネ

2010年02月08日 | Weblog
わたしは近眼です。普段はメガネを使用しています。

20代の初めまでは視力はいいほうで自信があったのですけど、

台湾に留学して半年ほどしてからメガネが必要になってしまいました。

台湾は中国語。中国語と言えば漢字。

しかも台湾の漢字は繁体字と言って画数の多いごちゃごちゃした漢字が使われているのです。

例えば、日本でも斉藤さん→齋藤さん渡辺さん→渡邊さんというように、

苗字に難しい漢字を使っている場合があるのですが、

台湾では「齋」や「邊」のような難しい方の漢字を一般的に使っているのです。

ですから、教科書も、新聞も、インターネットも、全部難しいほうの漢字。

これで目が悪くならない訳がありません。

そのせいか、台湾では町のあちこち、特に学生街で多くのメガネ屋さんを見かけることができます。

わたしもお世話になりました。