Californiaから見た日本-珍留学生活-

Community Collegeを卒業しUniversityに2008年秋から編入します。私の珍留学生活の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

朝からそんなCM、まずいんじゃ・・・

2008年05月31日 08時03分52秒 | 日記 in LA
ないの???って思っちゃいます。笑

っていうのは、あの『○イアグラ』のCMです

最近、忙しいのは日記に書きましたが、水曜の夜も今まで行ったField tripの
paperを夜中の2:00am近くまで書いていて、木曜は授業が夜なので
11時近くに帰ってきて、金曜の朝、ちょ~寝不足の状態で起きました

なのに、朝から○イアグラ~~~♪というCMがニュースの合間に流れるのです

CMの内容は、うまく行ってなかった夫婦が、その薬を飲んでからは
仲良くなる・・・みたいな。笑

ってかさぁ、朝からホント、ありえないなぁ・・・

朝ごはん食べながら、TV見てるけど、なんだかなぁ。

いいですけどね、べつに。。。
なんだか、朝のさわやかな雰囲気が台無しというか。笑

アメリカ、やはり恐るべし

それと、昨日、学校からの帰り道。
スーパーに寄って、買い物をしたあといつものよーに、歩いてました。

するとを発見

女性警察官、おじいさんに何か聞いてるみたい。。。
よーく見ると、車の窓ガラス、きれいに割られてる

ご、強盗!?

え~~~、この辺で???
安全だと思ってたんだけどなぁ。。。
おじいちゃん、なんだか、かわいそう

Policeのみなさん、がんばって捕まえてあげてくださいね!

しかし、アメリカなんだなぁと思いました

この街は、何度も日記に書きましたけど、本当に安全な街なんですよね~
でも、こんなこともあるんですね、やっぱり

気をつけなきゃなぁ。。。


あーあ、今日は金曜。
先生が、帰っていいって言ったので早目に帰ってきたけど
今日はリサーチペーパー仕上げないといけないから、ぜんぜん
ボーっとできない。

一週間、頑張り続けているのにビールの一杯くらい飲ませてよぉ

ううう。。。
がんばるしかない
11:00pmくらいには終わらせて『篤姫』見て寝ようっと。

なんて、ささやかな娯楽。笑

では、みなさんHave a GREAT weekend

同じ学校のみなさん、来週さえ終われば、楽になれる
がんばろーね

コメント

あと1週間!

2008年05月28日 23時39分33秒 | 日記 in LA
で授業が終わります。

『終わる』のは授業だけで、次の週はFinalの週です。

こっちの大学は、期末テストがある週は授業がありません


期末テストは中間テストと同じようにGrade(成績)に大きな割合で
(たいてい20%とか15%)影響するため、生徒は目の色を変えて
勉強します

昨日のスペイン語のクラスも、大学生の息子がいるチェコ出身のミレーナ。
目の下、くまだらけ。。。 イギリス出身のトーマス
ひげだらけ。。。

みんな、疲れてるんだなぁ・・・

そういう私も今日は、地理のペーパー、昨日は結局1個しかできなかったため
あと3個は今日、帰って来てから仕上げ、明日は人類学のテスト勉強を始めなきゃ
絶対いい点数は取れない。金曜はアフリカの『女性器切除』についての
リサーチペーパーを仕上げ、週末は期末試験の勉強と、もう一個の
言語学のリサーチペーパーにかからないとなぁ。。。

でも大学の編入手続きも、今週中に終えないといけないし
なんと卒業式もFinalの週にあります。

も~~~なんで今の時期なのよ

考えてないよなぁ、生徒のこと。

はぁ

愚痴って、スッキリしたので、あと1週間授業頑張って
来週はFinalがんばろうと思います

コメント (8)

満載の日曜日♪ Part2

2008年05月28日 03時09分29秒 | 日記 in LA
昨日の続きです

さて、Eaton Canyon。おもしろいものを見つけました
このParkの営業時間を知らせる看板を見つけました



『日の出から日の入りまで』笑
まぁ、わかりやすくていいですね

ここは、そうそうに引き上げ、次の目的地に向かいます
次はハンティントン・ライブラリー
ここは、日本から来る観光客の」みなさんも、行く有名な公園です。
植物園、図書館、美術館、中国日本各庭園等々、見所満載だと聞いていました

2本バスを乗り継ぎ、1時間くらいかかりました。
バスを降りてから、しばらく歩くんですけどね。
豪邸ばっかり 見ていると退屈しないんですよ~
ほら!!


                    
                  



きれいですよね~~
でもね、家々の前の看板には
『侵入者には武器で対応します』
みたいなことが書いてあるんです
ピンポンダッシュしたら、撃ち殺される????笑

なんだかんだしてたら、やっと到着 立派な門。



一般は20ドルの入場料 たっか~~~い
まぁ学生は10ドルです。学生証見せて・・・と。

うーーーーん、どーも写真を撮ろうという意欲がでない。
作り過ぎられた感じ、それにあまりの人の多さ。どんより曇った天気。

きれいじゃないなぁ。。。

でも10ドルも払ったし(日本円なら1000円ちょっとですもんね~)
仕方なく周り始める。。。まずは美術館。絵は建国の父ジョージワシントン。



                   

ほほ~~~。絵、全然わかんない。笑
ま~、きれいだなぁとか、すごいなぁとかしか思えません。笑
何とか派の何とかは、こうだからとか知ったかはできません。笑

さて庭園ですが、これは結構見ごたえがありました。
中国庭園です。



                  

お~~なかなか 周りから日本語が聞こえてきます。
『なかなかきれいな庭だね。。。』とか。
中には中国茶が楽しめるカフェ等がありましたよ
次は日本庭園。前にも、お話しましたが
カリフォルニアへの日本からの移民の多くはアメリカ人宅で
庭師として働きました。だから、こんな庭園があるんだと思います。
きちんと説明は読みませんでしたが、ここもたぶん日系の方が管理なさってるんだろーな



なかなか、精巧に作ってありましたよ
こいのぼりは、ずっと飾ってあるんでしょうね~色が褪せていました。
なんだか、かわいそう



日本庭園。なんだかカリフォルニアで見る日本庭園、変な感じがしました



                   

枯山水まであるんですよ~~ びっくりですよね

あとは、こんな緑があったり・・・



                   

こんなもんで、満足。一番初めに行ったここが一番良かったな~~

帰りはダウンタウンに寄らないと帰れないので79番のバスを使って
ダウンタウンに向かいます。
マジ、こわ~~~~w 絶対、治安悪い!!っていうようなところを通ります。
昼間だから、乗れたけど夜は無理

するとお!!!!!!あれは?

絶対、お祭り!降りようということになり、降りて散策。



                

南米中米情緒たっぷり!!

なんだか、懐かしかったです
ちょっと、危ない雰囲気も醸してるんですけど、ショットガンを車に
持ってる警官が4人もいたので、安心、安心。

でも、暗くなるうちに退散しました
そのあとは日系スーパーで納豆等、韓国系スーパーでは高いものを
購入し、無事帰途に着いたのでした

ふゥ~~~長い日記、最後まで読んでくださってありがとうございました

これから、4つ行った植物園のレポート5時間で仕上げます

マジかぁ。。。きついなぁ。ってか、今日もテストじゃん!
フリーダ・カロ、スペイン語で書かなきゃぁ~~~
ではでは。みなさん、素敵な一日を

コメント

満載の日曜日♪

2008年05月27日 06時36分23秒 | 日記 in LA
ちょっと忙しくて、更新できませんでした。
金曜日は、エッセーを一つ書き上げ
(日曜にフィールドトリップ2箇所行く予定だったため
土曜は勉強に励むつもりが、ボーっとしてしまい(←自分の首を絞めてる・・・
日曜は、とうとう最後のフィールドトリップに行ってきました

でも、正直言うとお天気もだったせいか、前の二箇所よりは
感動があまりなかったのが、正直な気持ちです。。。

一ヶ所目。家からバスを三本乗り継いで行きました。
土日のバスは下手したら40分待ちは目珍しくないのです
ホント、公共交通利用者に冷たいカリフォルニア

でも初めの2本が15分以内で来て、めっちゃ順調
三本目に乗ろうと思って、待ってる街がホント寂れてて・・・
月曜が祝日なのも手伝い、街の人たちは旅行に出かけたりしてるのも
あるけど、まるでゴーストタウン

ここは、アメリカ。ちょっとだけ恐怖感を感じましたが
『SUSHIYA』というお寿司屋さんがあり、そこの店主らしき日本人が
タバコを外で吸ってるのを見て、ちょっと安心

待つこと一時間。。。

もう、来ないからあきらめて次の場所に行こうと思い
ガスステーションのトイレを借りて、外に出たときのこと。

げ!!!!

バスが来てる
きゃ~~~~っ走る、走る、走る

間に合ったぁ。。。1時間、待っていきなりなんだもんなぁ。。。
着いたとこは、こんなとこ。



田舎に来てしまいました・・・

5分ほど歩くと目的地に到着。こんなとこでした。ただのです



                    

こんな感じです。しょうがないので、お弁当をここで食べることにしました。
貧乏学生なので。笑 あるもので作ったお弁当でしたが自然の中で食べる
お弁当の味は格別です



お花の写真がきれいに撮れました



けっこ~書いたところで、いきなり文章が消えちゃって
製作意欲を失ったので、ここまでで一部とします。。。

では、またこの先は二部に書きたいと思います!
きゃ~~~リサーチペーパーとアンソロのFinalの勉強しなきゃ!!!
コメント

帰国時に・・・

2008年05月21日 23時42分41秒 | 日記 in LA
やらなくては、いけないことや、日本に持っていかなくてはいけないこと
日本で買って持って帰ってこなくてはいけないもの等々
少しずつ、考えなくちゃなぁ

慌てて考えると、必ず忘れ物があるはず

少しずつ、考えようっと。このあと2年は帰れないからな

正直、あまり日本に帰りたいとは思っていなかった。
友達は、みんな結婚してるし子育てに忙しかったりするし
そうじゃなくても仕事が忙しいし、会えるとしても
週末に少しだけとかになる。

そこが、学生時代(18歳~25歳くらいまで)と違うところ

日本に帰れば、働いていない私は大変、肩身が狭いので
家中の掃除、洗濯、食事の準備。。。家族の『足』。
来いといわれれば、どこにでも行きますし、連れて行けといわれれば
どこにでも連れて行きます。笑 
おそらく、今年はじーちゃんが、もう歳なので引退した
畑仕事も、もれなくついてくるだろう
草取りとかは、ダメ。
変な動物(蛇、とかげ等々)に遭遇する率が高いから。笑

母も、そんな若いわけでもないので少しでも楽にしてあげたいしな。。。
だったら、学校進学しないで働いて結婚して日本に住みなさい!という
声も聞こえてきそうです。
帰るときというのは私の罪悪感から
『もっとも忙しい時間』になってしまうのです

こっちにいるときは、自分の部屋、トイレ、キッチン、バスを掃除するだけで
すみますが、日本だったら家中を掃除機を持って走り回り
一日三食の食事の支度。。。メニュー考えるだけで億劫。
一人ならインスタントラーメンに野菜入れて終わりなんだけど。笑
そういうわけにいかないですしね~~~

本当に、専業主婦の方を私は尊敬します

これなら働いてるほうが何倍も楽だもんなぁ。。。といつも思います。

まぁ、これもたまにしかできない親孝行だと思って、がんばろーっと。

さーて、学校に行かなくては☆

では、みなさん、今日も素敵な一日を
コメント (2)

またまた行ってきた植物園

2008年05月21日 03時07分24秒 | 日記 in LA
あっつマジ、ひからびる
連日36度を超える暑さの中、Field tripに行ってきました

も~~~、やることいっぱいあるのに休みごとにField tripはもう不可能。
これを最後のField tripにひしょうと思います。
も~、これでBなら仕方がないわw

今日の場所はここ バスを3つ乗り継いで行きました。
Pasadenaを、ちょっと過ぎたところです。





『くぇ~~~~~!!』

な、なに??? 
なんなの?この声 正体はこれ



日本では動物園の檻の中でしか見たことない立派な孔雀
そういえば、LA ZOOに行ったときも園内に放し飼いでした
幸せそうな孔雀たち

でもね。。。ちょっと繁殖しすぎじゃない???ってほど。。。
園内に、いるわいるわ。孔雀だらけ。笑 周りでくぇくぇ、うるさいし
何の声かと思うと、びくびくしちゃいます。笑

でも、やっぱりとってもpeacefulです
前、行ったところは、もっと人工的な感じがあったけど、ここは
あんまり人間の手が加えられてない感じ。いいふうに言えばそうだけど
予算不足で、管理されてないようにも見えます。。。

こんな感じです



                  



ここ、とにかく鳥が多いんです。鳥も人間に慣れていて逃げようとしない



かわいいですよね

Tropical Forestの中を歩いていると、どこからともなく
『かさかさ』という音が聞こえます。
マジ、コワい
やめてよ~蛇とか出たら死んじゃうな・・・とか思いながらビクビク



しばらく歩くと、結婚式♪



この、暑い中、大変ですよね~~~
アメリカらしさ、発見
ハマーのリムジン!!
植物園にハマーのリムジンは、ちょっとなぁ
まぁ、おめでたいことなのでいっか



ちょっと映画みたいな風景じゃありません?



ここには植物園もそうですが、1800年代の庶民の人のおうちがあったり
お金持ちのお家があったり、歴史の勉強になるようにもなってます。
いい写真がなかったので、のっけません。笑

孔雀、ホントいっぱいいるんです。
何かいる気配を感じて、パッと上を見ました。
すると・・・



なんだ~~~~びっくりさせるなぁ。
いるなら、いるで・・・でも、結構いい写真が撮れました

しかし暑い!!

帰りのバス停。



車社会のカリフォルニアはバス利用者に冷たい
こんなんじゃ日射病になっちゃう
待ってる間に、ひそかに『死』まで感じてしまうほどの暑さ。
死んでしまうかも。。。と思ったそのとき、バスがやっと来たのでした。

本当に暑かったけど、自然はやっぱいいですね。。。
あーあ、今日Spanishのテストだぁ。
前回85点。まさかのB。

ありえない。。。

今日は満点目指します

それでは、みなさん良い一日をお過ごしください







コメント (2)

National Treasures(国の宝)-戦時中の日系人-

2008年05月17日 16時59分38秒 | 日記 in LA
とうとう行ってきました

日系人で編成されたアメリカの442戦闘部隊の生き残りの方の
お話を聞くことができたのです。

彼と会えたことだけでも、奇跡に近いことだと私は思うのです。

ここ、カリフォルニアに留学してたから、このようなことができたんだと思います。

442部隊に関しては、Social Science(社会科学)でリサーチペーパーを書き
授業でプレゼンをしました。

日本人として、人間として、あまりにも考えることが多かった442部隊。
詳しくはこの日記を読んでいただければ・・・

簡単に442部隊のことを話すと・・・

戦前から日本からアメリカの移住は盛んに行われていました。
特に、私が今住んでるカリフォルニアには多くの日本人が移住してきたのです。
その人たちを日系一世(Issei)、その子どもたちを日系二世(Nisei)と言います。
Niseiの多くは、アメリカ生まれでアメリカの教育を受けているので自分を
アメリカ人と信じて疑いません。でもNiseiは自分の両親や祖父母の祖国が
『日本』であることも理解しています。

現に、日系人博物館に行ってわかったことですが、Niseiの多くは日本語が
苦手なのにも関わらず、戦地からは日本語で手紙を両親宛に書いていました。

パールハーバー後、日本人はアメリカ政府いわく『保護』の目的で
収容所に送られました。でも、その収容所のほとんどは、砂漠や極寒の地にあって
ひどい環境だったそうです。

Niseiは、ショックを受けます。
自分の両親を、このひどい環境下から解放するためには・・・
そして、自分のアメリカへの忠誠心を示すためには・・・???
その結果、ルーズベルト、アメリカ大統領が下した勅令に従い日系人だけで
組織された442部隊に参加することが全ての解決法だとNiseiは判断し
442部隊に参加するのです。

でも、日記にも書きましたが442部隊は、過酷な戦地に送られ
300%の死傷率でテキサス部隊を救ったり、アメリカの陸軍史上
ありえない戦果を残します。

『Go for broke!!』(日本語で言えば『バンザイ!!』)をモットーに
彼らは、ありえない功績を残し、様々な勲章を手にしています。


その中の、生き残りの方にお会いできたのです

2人、お話されました。

そのうちの一人の方は、戦争にアメリカ人として行って442部隊で戦った方。



戦時中にアメリカは、日系人に質問しました。
その中の27問目と28問目が日系人の運命を変えました。
Yes、Yesの人は戦争へ。
No、Noの人は刑務所へ。

はじめに話した彼はYes、Yes。
彼は、収容所も悪くなかった。三食食べれるしね。と話してたけど
祖国と信じるアメリカの仕打ちを悪く言いたくないという気持ちをひしひしと感じた。
汚水が逆に流れることもあったり、医者も満足にいない環境下を
『悪くない』という彼の気持ち。考えてみてください。

その中で、彼は3秒後死んでもおかしくない戦場でアメリカのために
両親のために戦ったのです。

次に話した彼はNo、No。



彼は日本への忠誠を示したために、刑務所に入れられました。
彼の考えは、アメリカの憲法に基づき、どんなマイノリティの権利も守られる
べきはずだった・・・とのことでした。



2人も、すごい人です。




二人とも、違う意味で人生をかけて、命をかけて、戦った。
国のために戦った。

二つの祖国に挟まれ、でも果敢に戦った。


『戦争』全てが、ここから始まった悲劇。


その過ちを、彼らから痛いほど学んだ。

初めに話された方、時間がなくて話を中断された形で終わって残念だったけど
彼、最後に生徒が出て行く中、一人一人戦友の名前と、どんな風に彼らが
散っていったかを話し出しました・・・

『××大野、彼は銃弾が飛び交う中・・・』そんな感じで、話してらっしゃいました。

きっと、そんなふうに442部隊の功績を語り継ぐのが生き残った自分の役目だと
思ってらっしゃるような、そんな気がしました。

次の方も、自分たちが今後のアメリカにおいてのマイノリティ(少数民族)の
悪い見本として、必死で今も戦っていらっしゃいます。


この時間は、私の人生において本当に意義あるものだったなぁって
思います。うん、本当に。


Identity、国、正義、自由、権利、愛情・・・
いろんなことを教えてくれる貴重な時間でした



コメント (6)

香水

2008年05月16日 23時46分25秒 | 日記 in LA
が、私は大好きです
香りで、その人の人となりも考えたりします。
男性でシャネルを使ってたりすると、『げ!遊んでるな~』とか
思っちゃうし、ブルーウオーターしてると、なんだかドキドキしたり。

女の子でも、Happyとか使ってると可愛いな。。。とか思うし
これは、若い女の子用ですよね

今は、GIVENCHYの『irresistible』とCalvin Kleinの『escape』を
使ってます

前者の意味は『悩殺する、大変魅力的な』。。。なので
これは、遊び用とか、お出かけ用に使ってて
もう一方は、万人が好きなさわやかな香りなので、学校用に使ってます

前から使ってるGUCCIが、あまりにも清楚な香りすぎて
自分に似合わない気がして、あまり使ってませんでした
デートに使うくらいだったので。笑



でも、その香りがなくなりつつあります。


香水って、そのときの思い出を思い出します。
そのときの状況や、恋愛とかね

だから、香水が終わるときなんだかオーバーなんだけど
一つの時代が終わる感じがするのです

また、香水を選ぶときが来るんですけど、今度はどんな思いをこめて
選ぼうかなぁ。。。けっこう、名前も考えて選んだりします

いい新作がでてるといいけど

あ!!!

Americanaという新しいショッピングモールもできたけど
せっかく日本に帰るんだもん!
Duty freeで買おうっと

選ぶのが、楽しみだな~~~
コメント (2)

デートとお金

2008年05月14日 23時44分25秒 | 日記 in LA
について、EnglishのHomeworkで読んでいたんですけどね。

けっこ~おもしろかったんです、これが。笑


デートという言葉は、もともと売春からできた言葉らしく
戦争前は、『デートするために選ぶ』ことに価値があり、楽しんだが
戦争中からは『結婚』に価値が移ったとか。。。

あとは、デートのときにお金の金額ばかり尋ねる女性がいて
せっかく話は、おもしろいけど幻滅した女性や
支払いのときになると、ス~~~っと消えてしまい、
自分が何も手をつけてなかった支払いを彼女に求めると
『一緒にいたぶんのお金だから、あなたが支払って』と言った女性の例をだし

女性は『気前よく支払う男性を求めるんじゃなくて、その人の人となり
を見るべきだ。さもなければ売春と同じだ。』みたいな結論で。笑

働くようになって、こんなにお金を稼ぐことが大変なことだと
知ってからは、私もお金に関しては結構、締まり屋になったと思う。
でも、このエッセーの女性のように、お金に関して執着が激しいのとは違って
使うときは、パーッと使うけど、不必要な出費は抑えるよーになったかなぁ。

デートに関しては、基本、割り勘が普通だと思っている。
だって、会うたびに『おごらなきゃ!』と思ったら、会うのが億劫になるだろうし
おごられてばかりだと、私は『悪いなぁ』という気持ちが重荷になっちゃう

だって、その人だって私にご馳走するために働いてるわけじゃないわけで。。。笑
嫌な上司に頭下げて、稼いだ大切なお金だろうし。笑 
私も、この留学のために必死で貯めたお金だったりするし

でも、例外があって。

お誕生日とか、何か相手にうれしいことがあった日は
気前よくご馳走してあげたかったりする
だって、相手の喜ぶ顔がうれしいし、何か相手に喜ばしいことがあったら
一緒に喜びたいしなぁ

ま~、知ってる人の中で確かに男性のお金だけを当てにする人も見たことは
あるが、そんな女性を選んでる男性を見ると、その男性も
そんなものって思ってしまう。

誇りも持っていたいし、自分のことは自分で支払いたいですよね
子どもじゃあるまいし。

と、大人の女性ぶってはいる私ですが、今回の学費は親に頭下げて
借りました。。。

すいません。

では、今日も一日がんばりましょう~~~~
コメント

中国大地震

2008年05月14日 03時29分40秒 | 日記 in LA
中国で大きな地震が起こりました

10,000人近くの方が亡くなったそうですが、
この分だと、まだまだ死者は増えそうな気配です。

パソコンでニュースの画像を見ていて、阪神淡路の地震を思い出しました。
あのときも、本当に大変でした・・・
毎日、新聞で地震の記事を読み、TVで被害にあった方を見て
涙していました。

私の親戚が、神戸に住んでいたのもあったし、ニュースに流れる画像を
祈るような気持ちで見ていたのを思い出します。
死者が、ニュースごとに膨れ上がるのを見て、足がガタガタ震えました。

あのときは、母と母の兄弟が支援物資を背中に積んで、電車で大阪まで行き
歩いて、親戚一家を救いに行きました。
おばちゃんは、パジャマ一枚で震えていたそうです。
あのときの様子を母は今でも語ります。
私は若かったし、女の子だし危ないから・・・と置いていかれたのでした。

中国では、地震後、雨が降り被害も大きくなっているのだとか・・・

日本からも、きっと支援チームが現地入りすることと思いますが
一人でも多くの人が助かることを願ってやみません。
私ができるとことといったら、息をのんで見守ることと、祈ることしかない。
どーか、どーか多くの人が助かりますように。


中国の災害にあった方に、心からお見舞い申し上げます。。。



日本もあのとき、全世界から救助チームが来て助けてもらいましたよね。
今回も、どーかそうでありますように。

あーあ、やっぱブルーだ・・・

あ・・・そうそう。
私がSocial Scienceでプレゼンしたんですけどね・・・

World War 2時に、日系人のみで編成された442部隊という部隊が
アメリカへの忠誠を示すために、果敢に戦って300パーセント近くの
死傷率を出しながらも、テキサス部隊を救った話したと思います。

その中で、奇跡的に生き残った方が木曜に、うちの学校で講演てくださることに
なっています

先生が『He is a natinal treasure.(国の宝だ)』と言っていました。
それを聞いて、私、本当にうれしかったです。

50年以上のときを経て、あれだけの過酷で熾烈な戦いを経て
彼らのアメリカへの忠誠がアメリカ国民に認められているんだなぁと。

この先の人生、彼のような方のお話を聞く機会は、きっともうないと思われます。

みなさん、お忙しいとは思いますが、興味のある方
May15 Thu. 12-1pm kreider Hall SR138 です
是非、行ってみて下さいね~~~~

お話を聞いた後はブログにも、是非書きたいと思います!

それでは、今日も一日がんばりましょう

コメント (2)   トラックバック (1)