Californiaから見た日本-珍留学生活-

Community Collegeを卒業しUniversityに2008年秋から編入します。私の珍留学生活の記録です。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

久しぶりにパーティー

2008年04月28日 23時35分02秒 | 日記 in LA
何かあると、集まる仲間がいます

みんな、私とは歳がずいぶん、違うんだけど
この2年間、共に勉学に励み、共に励ましあったり
鼓舞しあったりしてきた、私にとっては大事な仲間です

今回、その仲間のうちから4人合格者がでたので
久しぶりに飲みました

一ヶ月に一回くらいはなんだかんだと言って、この仲間とは
飲んでいましたが、なんだか久しぶりに、本当においしく飲めた気がします

やっぱり、今まで心にひっかかってた『次の学校への編入』が
決まったからかなぁ


学校が決まったのも、彼らと切磋琢磨して、この2年間、勉強した来たおかげも
もちろん、あります

自分だけの力じゃないと思います。

親、大好きなじーちゃん、彼氏、友達・・・みんなに助けられて支えられたから
このような結果が出せたと思います

この先、みんなとは学校も違うけど、また何かの機会で会えるといいなって
思うし、ってか遊びにいけるし。笑

本当に楽しくて、ちょっと飲みすぎてしまい、T氏、送ってもらって
ありがとうございました

さーて、今日からまた卒業まで、がんばりますかぁ

いってきまーす
コメント (6)

この先、一ヶ月で・・・

2008年04月25日 23時37分31秒 | 日記 in LA
やらなきゃいけないこと考えてたら、眠れなかった・・・

時計を4時までは覚えてる
7時起床です。

ね、眠い・・・

高校の卒業証明書まで必要なんて
面倒だなぁ

なんだか書類記入や、残高証明書・・・

住むところは6月1日まで決めなきゃいけない

無理だよなぁ。。。

こんな忙しい時期に、フィールドトリップもまだまだ行かなきゃいけないのに
大学側も、鬼だなぁ

この週末、計画たてて効率的にやんなきゃなぁ

学校、いってきまーす



コメント (2)

本命は落ちたぁ!

2008年04月24日 15時32分04秒 | 日記 in LA
あ~~~UCLA落ちちゃったぁ

うーーーん、残念


でもね・・・


一生懸命やったし、これ以上やったら私、死んでたかもしれないから


悔いなし!!!!です

はじめはカリフォルニア州立大学しか行けないかなぁと思ってたけど
カリフォルニア大学、行けることになったし

次の学校のこと考えると、今度はわくわくしています

6月までに家、決めなきゃいけないしな~~~

どーしよ。

って、学校忙しい最中なのになぁ・・・

でもIrvineなら、この先、私B平均で充分かもな~

いやいや、そんな手抜きはいけない
最後のセメスターだもんね、がんばろーっと


コメント (4)

とうとう合格!

2008年04月23日 16時48分28秒 | 日記 in LA
合格しました!!!!

University of Carlifornia, Irvineという学校です

正直、ここは本命ではないのですが、カリフォルニアで言語学が勉強できる
Universityの中では優秀なほうだったので、一応受けておきました。

UCLA一本は、コワかったので

いや~、この2年間、確かにがんばったなぁ。←自画自賛
せっかくロスに来たにも関わらず、まだロデオドライブにも一回も行ってない私

勉強ばかりしてたけど、自分のやりたいことを(より良い日本語教師になり
学校を設立したい)成し遂げるには、一時の遊びなど、小さいことです。

自分のやりたい仕事に無事、就ければロデオドライブで山ほど買い物するんだもん

私は、日本語を教えるのが大好きだし日本語について、考えるのが大好き
この先も、言語に関わって生きていくために、またこの先も、がんばろ~っと

今週中にUCLAから連絡が来たら、合格。
来なかったら、不合格

ドキドキの一週間です

でも、とりあえず一校合格したのでホッとしました

明日も、がんばります

コメント (2)

学校が始まりました。。。

2008年04月22日 17時31分19秒 | Weblog
とうとう終わってしまった春休み

全部で、1週間はあったのに、遊んだのは3日でした

その後は、宿題で苦しんで更新できませんでした・・・って今も続いてますけどね

あとジャーナルを3つ読んで、Anthroのテスト勉強やって、
地理の宿題やって、地理のテスト勉強やって、言語学の本読んで(来週Quizだしな

ってな感じで、いつもどーり順調に(?)苦しんでます。笑

あ!卒業式の日にちが決まりました わーい

でもね、その後に大きなテスト、Final examがあるのです

それって、なくない???

卒業だ~わーい って飲むわけにもいかず、その次の日も猛勉強
なんで、そんな日にすんのよ!!
パーティーだって、出席できるわけないじゃん
だから記念品ももらえないしディナーも参加できない
絶対、それ、計算済みだよなぁ。。。学校。

憧れの角帽は、なんだか安っぽかったなぁ。笑
こんなにがんばっても、これかぁ。。。みたいなね。笑

ま・・・取り合えず、早く寝てまた明日、がんばって勉強しまーす

コメント

Love Korean food☆

2008年04月19日 06時30分55秒 | 日記 in LA
私が、Korean food大好きなのは前にもお話しました

私の彼が、ずっと同じクラスで一緒にがんばってきた韓国人の友達がいるので
そのお友達Gに本格的な韓国料理を食べに連れていってもらう約束をしていました
彼が「おいしい!」というなら、間違いないでしょ?
だって、韓国の味に近いってことですもんね

学期中は、お互い忙しいし余裕がないので、このSpring break行こうって
ことになってました



実は、この日の午前中はあの死体置き場に行ってたんですけど。笑

ま・・・気を取り直して


ベガスに行ってたG。帰ってくるのが遅くなって、結局到着は8:40pm
約束は7:00pmだったんですけど 
ぜんぜんOk だってSpring breakだもん

時間を気にしないでいいって楽ですよね~

そのあと、Gが連れて行ってくれました

ここ!!!!



出入りの激しい駐車場で、まわりの車に邪魔、邪魔言われながら
撮ったので、ぶれてます

一人一人、コンボを頼みました。全部、Gのお勧めです!
ここは名前が「TOFU HOUSE」というだけあって
「スンドゥブ」(真っ赤なから~~いスープに豆腐、海産物、筋肉が入ってる
のおいしい店だそうなので、これにプルコギやカルビがついてくる
お得なセットを一人ずつ頼みました一人16ドルくらいだったかな?

韓国料理は、まずたくさんの前菜がついてきますよね!



しばらくぶりにお魚 塩焼きです☆ なんの魚かは・・・わかりません。笑



これは、生の蟹とコチュジャンやお野菜と和えた和え物。
これはGの一番のお勧め



生だけど、おいしかったですよ!後に写ってるのはキムチ!
白ご飯に、おいしい~~~~~~

そして目玉のスンドゥブ!!!!



なんと、豆腐を食べるとき、大豆の匂いがするんです
プルプルしてて、ホントおいしーの
最高~~~~!!!
と思わず叫びたくなる味。笑

次は、肉三昧!4人で行ったんですけど、
私以外はみんな21、22歳の若い男性なので、お肉は必須



奥の骨付きかルビ、めっちゃ柔らかい
なんだか、このセメスターがんばってきて良かった~~~って
思ってしまいました

ベガスで1000ドル勝った、G。おごってくれました
でもね、これ韓国の文化でもあります。割り勘は、ありえないんですね~。
ここは、全部おごるから、次は全部相手がおごる・・・これ韓国の常識です。

だから普段なら、おごってもらうなんて絶対そんなことしないんだけど
次、私の家でみんなで飲んだので、そのときのお金は日本人グループが
持ったのでした!

韓国人はお酒が強い!私はビールとワインをちびちび飲んでましたが
(以前ならがんがんいってたけど、体壊してからはしないようにしてます
他の3人、テキーラをショット 
みなさん、少しずつダウン。

まぁ、Gは泥酔して次の日、お詫びの電話がありましたが・・・
なんのなんの 楽しかったですよ~~

昨日からは勉強を始めてしまいました
あと、今日を入れて3日。また死に物狂いの勉強が始まります。

あーあ、もーちょっと遊びたかったなぁ。
しょうがないよね、学生だもん
勉強が本分です

ふぁいと~お~








コメント

The Hardest Time in My Life

2008年04月18日 06時10分49秒 | 日記 in LA
15日、行ってきました!そうです!

Moegue(死体置き場)です!!!

ホント、なんと言い表せばよいものか・・・
とりあえず、これは記録に残しておきたいので書きたいと思います。

15日の朝、春休み中にも関わらず、学校集合は8:15am。
休み中の学生は、昼夜逆転。良くても、お昼前後に起きるという自堕落な
生活を送っているため、これは大変つらい時間

朝6時に起き、学校到着は7:45am。何事もぎりぎりは嫌いな性格。
早め早めの性格は、きっと仕事してるときのものが抜けないのでしょう。笑

休み中朝8時の学校。



手前にあるコーヒーと新聞は、私のものです。ホント誰もいないでしょ?
そりゃそうよね~。休み中だもん!
このField tripのいいところは、バスがでるところ。車のない私は
こういうField tripは逃せないのです 
なんてったって、エクストラクレジットのため!これに参加し2Pのレポートで
10点もらえるんだもん、そりゃ、やりますよ~~~~

30分ほどバスで行ったところに、それはありました。
「Department of Coroner」(検死局)



訳は正しいのかわかりませんが、要は事故や自殺や殺人で亡くなった方の
検死をする場所です。
ここに着いたとき、本当、冗談じゃなく覚悟を決めなきゃって思いました。
生徒15人(といっても、半分は20歳くらいで、それ以外はみんな
30~70歳くらいの女性)ぞくぞく中に入っていきました。

「何するんだろ???こわいよ~

正直な気持ちです。厳重に鍵のかかった入り口から入り(一般の人は絶対入れない)
はじめに通されたところは、普通の会議室のようなところ。
そこで、ここについてのプレゼンを受けました。

「ここは、亡くなった方がどうやって亡くなったかを調べるところです。
そして、その証拠を探し出します。」

30代ぐらいのちょっと小太りの危険物処理技師のAlexが話してくれました。
なんと1年に60000人が死に、20000人が調べられ、6500人が
検死され、それでも名前のわからない遺体(男性はJohnで女性はJaneと名づけるそう)は
それぞれの年に300はあるそうです。

その理由としては、違法移民でアメリカに籍も、情報もない人たちが多くいる
ということがあるそうです。

毎年Thanksgiving day(11月)からNew Yearは、すごい死者がでるそうです。
12月25日のmorgue(死体置き場)の写真を見せてもらいましたが、遺体でいっぱい!!
入りきらない状態です。

写真はすごかったです。殺人の写真は腰の部分しかない写真。
拳銃で撃たれた足は肉がとびちり、骨が見えています。
Highwayで事故にあった男の人の顔は車で挟まれた状態のまま亡くなっています。
事故で爆発したあとの焼きただれた顔。その中に残っている歯型が決め手になるのだとか。
ダウンタウンのバス停で首をつってしんでいた写真。 ちぎれた指だけの写真。
でも、その指からの指紋で誰かを特定するそうです。

わかります。これは大切なことなんだってこと。
このようなことを学べる機会があるなんて、本当に学生には素晴らしい体験だってことも。

でもね、でも
やっぱ、グロいものはグロいんです!

私は、写真を直視することはできませんでした。だって、以前の日記にも書きましたが
鳥や魚さえ、さばけない私。イカのげそ、さわって気絶したことがある私。
人には得意不得意がありますよね!その不得意部分なんです。

まわりは、みんなBiologyメジャーで普段、解剖とかしてるから平気な顔。
中には私と同じ反応してる人も、チラホラ。でも、ほとんどが身を乗り出してる

でもね、なんだ!プレゼンだけか~!あー良かった。
本物とか見ないで済むんだ~って思いました。

しかし、そんな甘くはありませんでした。

「それでは、これから地下の見学に行きます」

ひょえ~~~~行くの?ねね、行くの???
あきらかに顔色が他の人たちと違う私を見たAlex。

「気分が悪くなる人もいますから、無理だと思ったら
この部屋で待っててください。」

一瞬、悩んだけど、せっかくココまで来て行かない手はないな~と思い決心しました。
正直、過喚起も持ってる私としては、本当にこわかったんですけど思い切って行きました。

Alexに案内され、とうとう地下の鍵を開けそのドアを入ったとたん
なんとも言えない匂い!!!!!!魚とも肉とも、なんとも言いがたい匂い。
マスク、手袋、紙の靴を履かされました。
恐怖で手が震えて思うようにマスクができないのをみてAlex「I can help you」

そのあと各部屋をのぞいていくことに。
死体がたくさん、寝かされています。でも、まるで人形のようでした。

次の部屋をのぞいた瞬間。



のこぎりで何か切ってる。見ると、背中がぱっくり開き、背骨が丸見え。
隣は頭皮をめくられ頭蓋骨を電動のこぎりで切り、脳が丸見えになってる。

もーダメだ。もーダメ。

次に案内されたのはしたい安置場所。よくTVで見ますよね。ホント、あんな感じです。
まだビニールにつつまれていない女性の死体がありました。
肥満で亡くなったそうです。眠るような顔だったので、まだ見ることができました。

まわりはみんな死体です。もう少し行くと、小さい両手でもてるほどのビニール。
Alexいわく、赤ちゃんの死体だそうです
こんな小さいのに、命を終えなければいけなかったのはどうしてなんだろう?
ここにいるということは、事故か殺人。なんだか、その小さいビニールたちを見て
切なくなりました。

その部屋を、何とか出た時点で私の意識もかろうじて残っていましたので
力をふりしぼり次の部屋へ。

歩いてると廊下に一体。

Alex「あ~これは今朝、フリーウェイでバイク事故にあって死んだ青年だよ。まだ死後硬直が始まってないんだ。ほら、やわらかいだろ?」

マジ、も~無理

でも、ここでアメリカらしさを発見。その青年の局部をかくすために
風船がおいてある。「Happy Birthday!」

うーーーーん。日本なら死者への冒瀆にもなりかねないこの行為。
でも、アメリカなら、やっぱり許されるんでしょうね~。

死体搬入口から、また一体運び込まれてきた。
私がそこにいたのは朝の11時ごろだったが、その時点まで9体運び込まれてきたそう。
昨日は19体だったそうです

最後は解剖前の死体を前にLecture。他の生徒は本当に強い
死体の周りに集まり覗き込み、なにやら質問攻め。
まぁ、生徒の中には現職の看護婦さんもいましたし、メジャー的にみんな
勉強したいから必死なんだろうなぁ。

私みたいに、エクストラクレジットのために来てる人は少ないのかもな
私は、もう耐えられなかったので廊下に出ていました

このあと、他のアメリカ人の女性と話し合いながら帰ってきたんですけど
感想を聞かれたので「私の人生において、もっともハードな時間だったわ」って
話していました。

外に出ても、あの特有な匂いが鼻からとれず、まだ自分の体についてる気がしてました

このような施設があるから、いろんな事件が解決できたり
仏様が、自分のお家に帰れたり、大切な役目を果たしていることは
本当によくわかりましたし、このLA Countyには、たくさんの事件が起こってて
この施設で働いているような人たちが被害者の方の誇りや人権を
守るために日夜、働いてるんだなぁって思いました。

でも、正直言いますけどね。
私には、やっぱりここの訪問は、きつかったです。

まぁ、これも留学したからできた貴重な体験というここでしめたいと思います

今日は、ちょっと引くよーなお話だったので
次は「おいしい」話題にしたいと思います

コメント

今回は運転免許取得中止せざるを・・・

2008年04月15日 10時46分01秒 | 日記 in LA
えません!!!!

今日、朝起きて、張り切ってDMV(Department of Motor Vehicle)に
運転免許のペーパーテスト受けにいったんです。

受付のおばちゃんの愛想の悪い態度にも
我慢し、やっと私の番になったので、張り切って言いました。

「今日のテストの予約はしてあります

おばちゃん、

「あなたのパスポートに入国のスタンプが押されてないので
あなたは、運転免許取得できません。」

私、

「え???本当?でも、私、入国できましたし、ステータスもF1(学生)で
ligal(合法)ですよ。」

おばちゃん、

「スタンプがないと免許は取れません。では、次の人!」

なんで、なんで、なんでぇ!?

去年の夏日本に帰って、入国する際、入国管理官が押し忘れたようです。
私は、そんなことありえないと思ってるし、確認なんてしませんでした。
今まで、何回も海外行ってても、そんなこと一度もなかったからです

ねーねー、おばちゃん冷たくない?

今日、取得できなかったらヨセミテ行きはパーです。
だって、このあとあるお休みは明日を除いて(明日もField trip)
勉強しなきゃいけないから免許取りに行く時間なんてないし、入国管理局に
下手したら行かなきゃいけないもん
領事館に電話してみたけど、助けちゃくれない。

私の英語でImmigrationに電話は不安なので、事細かに、不満をちょーぶつけて
アメリカ人らしくメールしてみました。

「あなたたちがスタンプを押し忘れたおかげで、私は運転免許とれなかったのよ。
この休み中に、免許が取れなかったら、成績が下がるじゃない!?
そしたら、あなたたちが私の人生を変えることになる。どうしたらいいの?」

まぁ、気づかない私も私なんですけど、アメリカでは自分の非を認めたほうが
負けです。「I am sorry」を言ってしまったら、向こうは私の責任を
問いだします。

性格、悪くなりそうですけど、ここは強く出るしかありません

返事待ち。



あーあ、ヨセミテ行きたかったなぁ。
地理の先生も一緒に行くから、いろいろガイドしてくれて説明も受けられるし
ただ遊びにいくより、楽しそうって思ってたから。。。

ちょっと、落ち込みました

まぁ、まだまだ続く春休み、この後は何も起きませんように

明日は、とうとうmorgue(死体置き場)に、課外授業で行きます。
よく海外ドラマや映画で出てくる、あれですよね~
ホント、何か連れてきたらどうしよ?
私、見やすい体質なんですよね~ 
数珠、持ってきてたよな~持って行こうかな?
あ、ダメか 十字架かな?やっぱ。
あ・・・十字架のネックレスあったな。あれ、して行こう

8時に学校集合。

学校休みなのに6時起き。これもエクストラクレジットのためだぁ

がんばろーっと。

明日の写真、撮れるかは定かではありませんが、がんばってみます。
まぁ、仏様を冒瀆しないように、ですけどね、モチロン。

あーあ、今日はホント災難だった

こんな日は、早く寝るに限るな、うん。



コメント (7)

またまたLA Zoo行ってきました!

2008年04月14日 18時06分16秒 | 日記 in LA
今日は、Anthoropology(人類学)のHomeworkのため、
またまたLA動物園に行ってまいりました☆

『猿観察』です

しかも、3日前までは18度で震え上がってた気温が昨日から急上昇

今日の気温は36℃!!!

ホント、暑かった~~~~

がんばって8時には起き(お叱りの声が聞こえそうですが・・・
ついたら11:15。おにぎりをつくっていきました。イメージはこんな感じ。
これは、週に一回の夕飯に、たまーに作ってるお弁当です
このお弁当は私が作りましたが、今回のおにぎりは彼がつくってくれたのでした



前までいたゴリラが死んでしまったらしく、新しいゴリラが11月から
登場するという話は、前に行ったときに知っていたので
1時間の猿観察はゴリラにしようと決めていました

でも、現場に行くとすごい人
しかも観察する場所も狭い
こんなとこで1時間もいたら、人に迷惑だしな~と思った私。←日本人
他にもAnthroの課題で観察してる人は何人も見かけましたが。
ゴリラはやめて、オラウータンにしました。
よく動くオラウータンにしないと退屈だろーなと思ったので
子どもにしました



こんな感じで、1時間動き回ってました。
ずっとお母さんの後をチョコチョコ追い掛け回し、他のオラウータンにも
ちょっかいをかける
他のオラウータン、こんなに暑いにも関わらず、うざがらずに
きちんと遊んであげてました。笑

観察が終わってからは、前に来たときとは違うところをまわろうと思った私。
今回はグロテスクなもの中心にまわることにしました

爬虫類系が苦手な方は、ここからは読むのをお勧めしません。笑
それだけでは、もちろんありませんが・・・

コモドドラゴンとかいう、大きなトカゲ。笑



なんとも、キモチワルイ顔。あ~、コワw
次は・・・タランチュラ。二連続。笑



                   

パラグアイに住んでるとき、学校に出勤しようとスニーカーに手を伸ばした
そのとき、一枚目のよーな生き物がスニーカーの中から出てきて
キャーキャー叫んでいたのをなつかしく思い出します 笑

あとは・・・アリゲーター。



体長は約2m。こんなのに、腕をかまれローリングされたらちぎれちゃうよな~
って思いました

蛇は、いい写真がとれなくて残念
気持ち悪かった~~~

暑かった気候を象徴してるこの写真。



暑さで、完全にまいってるカンガルー。笑
ちょっと人間みたいじゃありませんか???笑
いや~ホント暑かったです

明日は、DMVで運転免許の仮免を取りに行きます
どーなることやら・・・笑

それでは、おやすみなさい





コメント (2)

あまりにも合理的で・・・

2008年04月13日 17時48分43秒 | 日記 in LA
びっくりしちゃうんですよね~笑

アメリカって。

住んでみて初めてわかりました。

例えば・・・

料理番組を見ていると、ホントびっくりします
手で何にもやんない

まぁ、日本にも電動泡立機あったし私も愛用してましたが
こっちは、そういう機械モノがハンパない

日本ではすり鉢を使ってゴマをすりますけど、こっちはミキサーのちっちゃいやつ
みいたいなの使ってるし、一番びっくりしたのは大きな肉の塊を切るときに
電動のこぎりの小さいやつみたいなので、おもむろに料理の先生が笑顔で
切り出したときは、思わず目が点。

包丁でいいんじゃないかなぁって、思わず思っちゃいます。

電動皿洗い機は、こちらでは普通です。
家のアパートメントも、もちろんありますけど使ってません。笑
TVのCMでは、電動皿洗い機用の洗剤のCMをやってて、思わず見入ってたんですけど

「従来の洗剤では取れない汚れも、このハイパワーの洗剤ならきれいにとれる!!」

みたいな・・・私、思わず考え込んじゃいました。
洗剤の力を強くするんじゃなくて、自分で洗ったりお酢を使ったり
重曹使えば、きれいに取れるのになぁって
だって、そんな強い洗剤、きっと環境にもなんらかの影響をあたえるんだろーし。

あと・・・いつも思うのは『スプリンクラー』
確かに、ここは本当に暑いし、砂漠の中に街をつくったので水がない。
だから、スプリンクラーを使って芝生に水を効率的にやろうという
彼らの意図はわからないわけではないけど、ところどころ
壊れたスプリンクラーから、噴水のよーに水があふれてる所を見かけるし
芝生がないアスファルトまで強く水が噴出しているのもよく見る。

『水』だって地球の大切な資源だし、電気も使うのもあるし
何とかなんないのかなぁって思っちゃう。

前にも書いたけど、トイレは全部ペーパータオルで私が二人は入れそうなゴミ箱が
いつもペーパータオルで一杯になってるのを見ると、
Anthroの授業で見たオラウータンを思い出してしまう
彼らは人間の森林伐採のため、住むところを失い(自然災害のためもあるけど)
住むところを人間の保護によって移動させられざるを得なかった

まぁ、話はそれちゃったけど・・・

前にも同じこと書きましたけどこの国は、根本から考え直さないと
この国が地球を滅ぼすと言っても言い過ぎじゃないんじゃないかなぁ

ま~、暇なのでつい、こういうことを真剣に考えてしまいます。笑

明日は、Anthroの授業の一環でLA動物園にゴリラの観察に行きます
ゴリラと一時間にらめっこですよぉ
早く寝なきゃ起きれないな。
寝よ~っと。おやすみなさーい
コメント