長期滞米研究者ネットワーク

管理人たちの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

全米剣道選手権

2011年08月15日 | SE の日記
今週末、アトランタのエモリー大学で行われた全米剣道選手権に参加してきました。金曜日が個人戦、翌日が団体戦でした。600名の参加者があったそうで、思っていた以上に盛大な大会でした。

個人戦と団体戦に出て、結果は3勝1敗1引き分けでした。残念ながらメダルには手が届きませんでしたが、団体戦はあと少しで3位になれるところまで行きました(2勝2敗1分け、1本差で敗退)。団体戦は副将や中堅で戦いました。最後の団体戦では、個人戦で全米3位になった人に勝つことが出来ました。ラッキーな一本だった気もしますが、運も実力のうちということで素直に喜ぶことにしました。

今まで一生懸命準備してきたし周りの人のサポートも受けてきたので、メダルがとれなかったことは心底悔しかったです。でも、全米のレベルを肌で感じることが出来とてもよい経験になりました。それから、最後の試合のあと何人もの仲間や先生に笑顔で迎えられ喜んでもらえて嬉しかったです。剣道人生の中で一番の思い出になりました。今まで支えてくれた先生方や友人そして家族に感謝です。家族で過ごす時間を練習や遠征に割いてきたのでこれから埋め合わせをしていかなければと思います。

写真は個人戦一回戦で決まった面です。選手選考会や強化練習ではほとんど決まったことのない飛び込み面ですが、体が状況に反応して勝手に動きました。その他に決まった一本も含め、昨年からトレーニングに付き合ってくれ多くのアドバイスをくれた友人のお陰です。彼には本当に多くの時間と労力を割いてもらいました。感謝の言葉が見つかりませんが、10月の昇段審査に向けてお手伝いをして少しでも恩返しが出来ればと思います。
コメント (4)