長期滞米研究者ネットワーク

管理人たちの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

締め切り直前

2004年11月30日 | SE の日記
締め切りが今週金曜日のグラントを FedEx で送り出しました。何度か読み返した最終稿だけどもう一度見直したらタイポがあるんだろうなー。約70ページの申請書を14部のコピーして送りました。紙がもったいない・・・それにしても何で15部もハードコピーが必要なんだろうか。

グラント申請書を送り出す前の数日がとてもストレスが溜まります。「無事締め切りに間に合うだろうか」とか「まだ出来ることがあるんじゃないか」とかいろいろ気にかかります。もう送ってしまったので後は FedEx の tracking をするくらいですかね。数ヶ月以内ならまだ追加データを送ることができるので、レビュアに突っ込まれそうなところは可能な限り追加実験をしていこうと思っています。>とか言って、実験は院生に丸投げですが。

今回の申請書には論文数報分の予備データを載せ、Key personnel として分野で名の知れた研究者2名が入っているので少しはチャンスがあるのではないかと思っているのですが・・・

2月初めまでに(最低)あと二つ、やったるでー。(←月曜日だけは何故かやたら威勢のよい人)



>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント

食べ物編

2004年11月26日 | SE の日記
今日もフレンズに出てきた表現を紹介します。食べ物の単語の入った表現です。実生活でも何度か知人が使っていました。

Apples and oranges 「全く違うもの」

どちらもフルーツだから「似たもの」という意味かと思えば、そうではないんですね。They are as different as apples and oranges. みたいに使うようです。批判的になるので余程親しい仲での会話か第三者の話をするときに使ったほうが無難かもしれません。ちなみに「似たもの」という意味でも食べ物が出てきます。

Potato-potato (ぽていと・ぽたと、と発音)

単語の potato は地域(国)によって発音が違うけれども実際はほとんど同じものなので、「似たようなもの」という意味で使うようです。

フレンズでは Ross が「それは apples and oranges だろー」と言ったのに対し、Phoebe が「Potato, potato(五十歩百歩でしょ)」と嫌味っぽく答えています。



>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ

コメント (5)

まかしとき。

2004年11月24日 | SE の日記
以前の日記に書きましたが、米ドラマシリーズ「フレンズ」を引き続き DVD で見ながら分からなかった単語をチェックしています。それらの単語は会話に役に立つかもしれないので英単語のページにアップしようかと思っているのですが、見返してみると意外にマニアックな単語が多く、実際に使う場面があるか、覚えるだけの価値があるか、よくわからなくなってきました。(せっかく集めたのでアップはしますが。)

そんな単語たちよりもむしろ「長期滞米」生活のいろいろな場面で使えそうな表現集をアップした方がお役に立つのではないかと思い、とりあえずフレンズから少しずつピックアップし簡単な解説と共に紹介してみます。とりあえず日記に書いていって数がたまったらコンテンツ化するつもりでいます。

今日はそんな中から「Consider it done.」直訳すると、「済んだものと思ってよ。」って感じでしょうか。ドラマの中では Joey がものを頼まれて「まかしとき!」って感じで使っていました。Leave it to me. も似たニュアンスで使えると思いますが、こちらは「やっとくよ。」くらいで結果に対する責任感・自信が Consider it done. よりは軽いような気がします。

こんな感じの英会話表現をメールかコメント(下)から簡単な解説つきで紹介していただけたら嬉しいです。


>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント

この大事なときに・・・

2004年11月23日 | SE の日記
風邪を引いてしまいました。喉が痛いです。来週にはグラント申請書提出だというのに今一集中力が湧きません。今日は企業との打ち合わせでプレゼンをしたのですが、声がかすれているので無理に大きな声を出して症状が悪化してしまいました。まー寝込むほどではないので気合を入れて申請書提出を乗り切ろうと思います。

そういえば、そろそろ Annual Report を Department に提出する時期になりました。過去1年間の研究成果、論文投稿・掲載、特許申請、グラント申請・取得、教育、その他の Creative activities を所定の書式に記入し提出します。今年は今までの貯金で論文掲載がいくつかあるのと、特許申請に関連して企業や農務省でのプレゼンそして論文投稿をしたのでそれらを記載しようと思っています。院生の指導以外教育には携わっていないので、研究面を最大限にアピールしなければ。。。そうだ、今年初めに作った研究棟のホームページについても触れておこう。今度、記入項目を「風の巻、テニュア審査」あたりで紹介しますね。


>> ホームページへ >> 人気 blog ランキングへ
コメント

太陽に向かう話

2004年11月16日 | ばみら日記
太陽に向かって歩けば自分の影を踏まないと歌ったのは1976年の西条秀樹であったが、太陽に向かって歩くのは日本の特に都市部だとかなり難しい。むしろ槙原なにがしの歌ったようにビルの谷間に窮屈そうに落ちていく陽を見る事ができれば幸いといったところである。かたやアメリカ。道のまわりには何もない。都市部であっても道が広い。空が広い。しこうして、早朝夕暮れ時は太陽に向かって車を走らせる事になるのである。どんなときもぉ、なんて歌っている場合ではない。何も見えなくなってしまって実に危険な状態である。信号も見えないし、前の車も歩行者も見えない。サンブラインドとよばれる状態である。歩行者しているあなた、運転手にはあなたが見えていると思ったら大間違い。対抗車線を走っているあなた、運転手にはあなたの車が見えていると思ったら大間違い。先行しているあなた、後続の運転手にはあなたの車がみえていると思ったら大間違い。本気で見えません、これホント。

大学の構内で知り合いの研究者が車にはねられて亡くなったことがあった。朝日の中、研究棟の前の道を渡ろうとしてほぼ即死の状態であった。運転していたのは同じ学部の別の研究者という誰にとっても不幸な組み合わせであった。別件であるが、人身事故の原因がサンブラインドと証明されて無罪になったケースもある。サンブラインドになる場所や時刻が変わるサマータイムの変わり目は特に注意が必要である。


>> ホームページへ >> 人気 blog ランキングへ
コメント (2)

ひさびさに日記を書く話

2004年11月11日 | ばみら日記
そう、ひさびさの日記である。前回はいったいいつであったろうか。(ちょっとスクロールすれば日付けはばれてしまうが。)ばみらに限っていえばネタぎれということはあり得ない。書く時間がないというのはあるかもしれない。特に9月は学会旅行、セミナー旅行でほとんど出払っていた。かなり珍しいことではあるが。おかげで飛行機ののり方にすっかり慣れてしまった。全米を震撼させた件の出来事から3周年、未だに空港でのチェックは念入りである。しかし当初より混乱や待ち時間がすくなく感じるのはチェックする側もされる側も慣れてきたためであろうか。2時間前に空港に到着すべしといわれていた事件直後にくらべると、今は1時間も前に空港入りすれば大抵の場合はなんとかなる。それでも出発五分前にかけこんだ古きよき時代とは比較にならない。移動の自由が保証される、そんな日はくるのだろうか。ちなみにさすがに自分が最後だろうと思ったサンフランシスコ行きのその便で、ばみらよりも後に搭乗した人が一人いた。だれやねん、そんな豪傑は、とふと目をあげると、それはばみらの共同研究者であった。



>> ホームページへ >> 人気 blog ランキングへ
コメント (1)

いよいよ

2004年11月10日 | SE の日記
飽きたーー。書き物飽きたー。実験したーい。でも、グラント申請の締め切りは容赦なく迫ってくる。。。

よし、今回の申請が終われば、、、次の締め切りがその1ヵ月後か。。。

それが終われば、、、その次の締め切りがその1ヵ月後か。。。



春が待ち遠しい。。。

ドーンと宝くじでも当たんないかな。。(←末期症状)


>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント

ひさびさに。。(続)

2004年11月05日 | SE の日記
今日の実験。。。予想とは微妙に違ったけど、かえって面白いことになりそう。

明日は一日中 safety training でつぶれます。半日で充分だと思うんだけどな。ばっくれたい。グラント書き、またしても尻に火がついてきたしなー。

でも、今日の追試したーい。



>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント

ひさびさに。。

2004年11月04日 | SE の日記
明日は実験するので、今日はちょっとその仕込をしました。これがうまくいくと興味深い方向に研究がすすみそうな気がします。そういう面白そうなとこだけちょろっと実験して泥臭いところを助手と院生にまかしているといつか嫌われてしまいそうな気もしますが。。。まー、うまくいかなくてがっかりする可能性も自分で引き受けるんだからいいでしょ。(ってここに書いても仕方ないけど)


>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント

竜田揚げ

2004年11月02日 | SE の日記
肉料理は日本の味付けで結構いけますね。今日は竜田揚げが美味しく出来たのでレシピをアップします。

1)とりモモ肉 500g
2)つけ汁(醤油大匙3、酒大匙1、にんにく:二かけみじん切り、生姜・長ネギ:にんにくとほぼ同量をみじん切り、ごま油少々)
3)片栗粉適宜
4)レモン 1/4

一口大に切った鶏肉をつけ汁にいれ、良くもんで味をしみ込ませる。
20分放置。
鶏肉の余分な水分をキッチンペーパーでふき取る。
肉と片栗粉をジップロックに入れよく振って肉表面に粉を満遍なくつける。
160-170度に熱した油(中火)で4分揚げる。
火を強め、さらに1分揚げる。
網にあげて油をきる。

レモン汁をかけて召し上がれ。


書き忘れましたが、この前の豚の角煮には隠し味にパパイアの絞り汁4分の1個分いれました。効果があったか不明ですが。。。ごぼう、サトイモが手に入ったので今週はさらにトン汁に挑戦予定。


>> ホームページへ  >> 人気 blog ランキングへ
コメント (2)