長期滞米研究者ネットワーク

管理人たちの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

人生山あり谷あり

2007年01月12日 | SE の日記
「こんにちは。」

『おや、ひさしぶりですね。なんですか、今日は?』

「ここしばらく谷に迷い込んでいます・・・」

『そうですか。深い谷ですか?』

「ええ、今まで経験した中では深い谷だと思います。」
「地図を良く見ながら進んできましたし、
  きつい所も文句を言わず・・『底は見えていますか?』

(まだ 話の途中なんだけど・・・ ま、いっか・・・)

「霧がかかっていて良く見えません。」
「一時期より若干登った気がしますが、更に深みに落ちる予兆かもしれません。」

『そうですか。体力はまだありますか?』

「ええ、まあ。家族も大丈夫そうです。」
「でも、かなり不安なんです。
  この谷はどこまで続くんだろうかって・・・」

『明日泊まる場所と食べる物は確保できていますか?』

「ええ、それは大丈夫です。」

『そうですか。では。』

「えっ、もう行っちゃうんですか?」
「何かアドバイスとか、励ましの言葉とか・・・」

『こんな時どうしたらよいかは伝えてあるはずです。』
『下り坂になったからといっていちいち呼び出さないで下さい。』


「すみません・・・
  どうにも不安で寝付けなかったもので・・・」
「明日は大丈夫にしても、1ヵ月後はどうなっているか。1年後はどうなっているか。」

『そんなことを心配するより私とした約束を守ることを考えてください。』

「けっこう冷たいんですね。」

『そうですか?最大限のアドバイスのつもりですが。』

「もう少しわかりやすいアドバイスが欲しかったんですけど・・・」
「この先の森は避けて通れとか、もう少し行けば野原にでるからそこで休めとか、
  雨雲が近づいているから・・『そうですか。では Good luck /~ ・・・』

(そうですかって・・ また 話の途中なんだけど・・・)

「つっけんどんなくせに、去り際だけはさわやかだな。」


続く



>> 人気 blog ランキング: 他の長期滞米研究者の方々のブログあります。
>> ホームページ: 長期滞米研究に関する情報集めてます。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 今日のお仕事 | トップ | ありえないメール »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (みっしー)
2007-01-13 00:22:47
どうもごぶさたです。続きが楽しみです(それだけ?っていわれそうですが)。
Unknown (SE)
2007-01-13 08:37:26
コメントいただけてとても嬉しいです!また「彼」と話したら続きを書こうと思います。乞うご期待(?)
Unknown (みっしー)
2007-01-13 11:07:52
谷を下れば里にでることは理論上は可能ですが、滝に出会ったりしてますますはまりますので、迷ったときは尾根にでることですね。まあ、たどり着いてみたら、反対側は何千メートルもスパッと切れ落ちていた、なんてことはヒマラヤではままありますが。「彼」とおなじくらい意味不明なコメントでした。
Unknown (SE)
2007-01-13 20:41:24
里に向かって滝に打たれるのも修行かと思ったりもしたのですが、それはやめることにしました。心機一転今までのコースを辿っていると、私を崖に突き落とそうとする人(sg.)がいました。幸い、ロープを投げてくれる人(pl.)の助けもあって深く落ちずにすみました。今はコースを慎重に選びながらもとの位置までもどる努力をしています。

コメントを投稿

SE の日記」カテゴリの最新記事