長期滞米研究者ネットワーク

管理人たちの日記

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ニュースに取り上げられる研究

2004年06月04日 | SE の日記
最近のニュースに「医者のネクタイは病原菌の巣?」というのがありましたが、情報元は私が先週参加していたニューオリンズでの学会のようです。数千の発表の中からなぜこれが選ばれたのかとても不思議です。「40人の医者のネクタイを調べて半数から細菌が検出された。警備員の場合は10人中1人だった。」って、新聞社が取り上げるほどのことではない気がするんですが。。。

ニュースの影響力の大きさを考えると、一般受けしそうだからと安易に研究発表を取り上げて紹介するのは問題があると思います。まー、今回の場合はお医者さんのネクタイの着用率が下がるとかネクタイのデザインが変わるくらいで大きな社会問題にはならないでしょうけど。

ニュースに取り上げられる研究って今回のパターン(ウケ狙い)か日本からの研究がネイチャー、サイエンスに出たときが多いですね。(PNAS も意外に多い?)
コメント   この記事についてブログを書く
« 論文投稿(続編) | トップ | 空の旅 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

SE の日記」カテゴリの最新記事