80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

放埒 (ほうらつ) の日々 (その2)

2017年11月03日 16時42分31秒 | 考える
放埒・・・気ままに振る舞う。 気ままで締まりがない。

ふと思う。
気ままに生きたい。
さらには、生きているという実感が欲しい。

人は、良きにしろ悪しきにしろ、自らの行為の結果が、見えてこ
ないという状況に、長く置かれ続けることを好まない。
何事につけ、「知らず・宙ぶらりん」状態では、イライラするばか
りだ。


あるがままに生きる、・・・気ままに生きる・・・。
これが、意外に難しい。

気ままに生きる。
そのためには、自身の生き方、ひるがえって、金の使い方に、もっ
と注意しないとまずいのではないか・・・。
現在の社会においては、金が「生活の基本」だ。
・・・と、これでは、少しも「気ままに」ではないじゃないか。
そう言われそうだ。

何だかんだと言っても、結果として、どうでも良いようなことを、
真面目な顔をして、やろうとしているだけの事に過ぎない。

結果、人目を気にしているだけのことだろうか。

現状・・・、これで良かったのか、悪かったのか・・・?
結果、駄目なら駄目と、はっきりさせてもらいたいと思う。


それで、スッキリ(?)と、あきらめもつく。
本当に他人を理解しようとしても、何れは限界にぶち当たる。

改善せねばとも思う。
結果が出れば、それに応じて動きよう、考えようも出てくる。
対処法も考えられる。

仲間から付き合いが悪いと嫌われる勇気も、ある程度は必要なのか
も知れない。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 放埒 (ほうらつ) の日々 (そ... | トップ | 放埒 (ほうらつ) の日々 (そ... »

コメントを投稿

考える」カテゴリの最新記事