80歳に向けて・「新風来記」・・・今これから

風来居士、そのうち80歳、再出発です。

ノート転写

2016年10月01日 07時28分37秒 | 考える
7月27日(水)
今さらながら、自分が何者であるのかを識りたいと思う。
出来れば、客観的な証明のようなものが・・・。

私の訳の分からないようなブログを読んでくれているからといって、
その内容に同意、同感しているというわけではない。
それを勘違いしてはいけない。

しかし、何かを期待して(?)、読んでくれる事だけは信じていいと思う。
私は、その期待にできる限り、真剣に答えていく義務がある。

8月6日(土) 病室にて
今、気がついた。
ここで、こうして自分の行為、行動に、いちいち反応があるのは、
実は 「当たり前でも、当然の事でも、」 決してないということだ。

先生を始め、看護師さんたちに感謝、感謝、大感謝・・・!!


常に時間はたっぷりとある。
うまく使いさえすれば。  ゲーテ

自分一人で石を持ち上げる気がなければ、
二人でも石は持ち上がらない。  ゲーテ


8月17日(水)
恰好つけるのは止めにしよう。
今さら恰好つけてみても、すでに遅い。
「付け焼き刃」 だと言われるのがいいところだ。

時間は止められない。

言い古された事だが、人生に失敗作はあって当然だ。
失敗作は作り替える、あるいは改良すればいいだけの話だ。

まずは、とにかくアイデアを形にする。
それが出発点だ。

もう、いくら待っても、母はもう戻ってはこない。
あの人は、総ての重荷から解き放たれて、自由の世界へと旅立っていった。

私は、ベンチに腰を掛けて、来るはずもない聴き手を、
ただ一人、ひたすら待ち続けているのだ。

「自由」 というものが、これほど苦痛だとは、今の今まで、思ってもみなかった。

誰かを待つ。
何かをやる。
何か出来る。
これらは、総てが 「相手・対象」 あってこそだ。
相手を見失ってしまった現在、私は何に目を向ければよいのか?


私は他人を引きつける何物も持ち合わせていない。

よくよく考えてみれば、たとえば友人が、あるいは恋人が、
私のすぐ横にいてくれたとしても、おそらく沈黙したまま、
目の前を時間が通り過ぎていくのを眺めているだけだろう。


こんな人間とでは、私自身であっても付き合ってみたいなどとは思わない。

やだ、やだ・・・!!
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 相模原に | トップ | とっておきの音楽祭 in Machida »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
…ひきつけるものは、あると思いますよ。 (そこら辺の素人)
2016-10-01 22:42:00
 夜分失礼します。

 真剣に悩んでおられるように感じたため、つい、おせっかいかもしれない…それでも、つい答えたくコメントさせていただきました。

 「70年以上生きた人生の重みを教えて下さる方」

私にとっては、あなたは間違いなくそういった存在です。

まだ24年しか生きておらず…なのに人生に諦めを感じている人間として、

 70年以上生きた方の意見に触れられる数少ないお方です。

 そして、そう悩んで…こういった記事を書いてくださり…私自身、考えの糧にさせていただいております。


 こういった悩みを持った方の記事を見て、何かを感じ取るだけでも私にとっては魅力です。
 
 勢い任せで失礼ですが、コメントさせていただきました。
コメント、ありがとうございます (風来居士)
2016-10-02 21:10:29
「そこら辺の素人様」 コメント、ありがとうございます。

なるほど、自分のブログを読み返してみると、前から
そのような傾向は見え隠れしていますが、この所、確
かに、内容が愚痴っぽくなってきていますね。
ちょっと、反省。
でも、正直なところ、「嘘」は・・・う~ん・・・、ほとんど(?)
書いていないつもりです。

はっきり言います。
この所、現状維持でいいのかどうか?
もっと何かやれるのではないか?
そんな事ばかり考えています。
歳は関係ないと思っています。
まだ、結論が出ていません。

良かったら、たまに、又、ここを覗いて、ご意見を聞か
せていただければ有り難いと思います。

コメントを投稿

考える」カテゴリの最新記事