千日詩集

1日1編1000日詩(のようなもの)を書く

第2日

2020-07-02 | 

  塀の上の猫

塀の上の猫は不敵な笑みを浮かべて
「だんなさんどこへお出かけじゃあ」
どうもこいつらはわれらの行動を
逐一見抜いているような気がする

猫宇宙人説というものがあるが
こいつらは閻魔様の手先で
われらの悪事を逐一報告している
のではなかろうか

まあわれらの悪事などたかが知れている
閻魔様だって馬鹿馬鹿しくてやってられない
ええいどいつもこいつもやり直しじゃあ!

「雨が降りそうだから傘持っておいき」
猫は空をちらと見ながら忠告する
確かに西に入道雲が聳えている

この記事についてブログを書く
« 第1日 | トップ | 第3日 »