旋律はいつもドリン系

高校時代のマンドリンクラブの話です。
若干、ほんとのことをベースのフィクションです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

(8)ここはやはりライオンの檻。なのじゃ。

2008年05月31日 01時15分00秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
ワシら『階段遠回り組』は教室の窓際の後ろの方に陣取った。 1クラス35人。その内男子約10人。そういう状況におかれた男子がとる行動は、ひとつ。寄り添うことだった。 . . . 本文を読む
コメント

(7)来るな!ワシの肉は固いのじゃ。

2008年05月30日 00時20分01秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
藤本正輝はすでに教室にいた。他に数人の男子もいて、ワシら『階段遠回り組』と合わせると、1年5組の男子ほぼ全員が揃っているようだ。 . . . 本文を読む
コメント (4)

(6)遥かなる教室。なのじゃ。

2008年05月29日 12時09分29秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
1年5組は校庭側の一番南の校舎(南校舎)の3階にあった。階段をあがってすぐの教室が5組。奥に6組、7組とつづいている。ところが、あがりきった、その先の廊下から進めなくなってしまった。 . . . 本文を読む
コメント

(5)意外に頭よかったのね、藤本くん。なのじゃ。

2008年05月27日 23時53分13秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
入学試験の時に藤本の姿を見つけた時、ワシと同じ中学の人間はみんな驚いた。なぜかって、藤本クラス(レベル)の不良になると、行く学校なんてだいたい、決まっているじゃないか。ネンは本気で「やっぱり、普通科の進学校にする」と言った。 . . . 本文を読む
コメント

(4)JR福塩線下り方向、府中行き。なのじゃ。

2008年05月26日 21時48分22秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
「ネン、やっぱりおかしい。まん中は空いてるのに、前後だけぎゅうぎゅうじゃ」JR福塩線(国鉄福塩線)下り方向、府中行きの沿線には、高校が新市商業を含めて4校あった。途中からさらに人が乗り込んできても不思議じゃなかったのだが、妙に車輌のまん中だけが空いている。 . . . 本文を読む
コメント

(3)はじまりは、そんなもん。なのじゃ。

2008年05月25日 00時52分50秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
身長180センチ、ガキのころから野球で鍛えた体は針金のようだ。兄貴とちがいワシはガキのころから小柄で160センチそこそこ。このころ兄貴の命令は絶対だったのだが、この命令は法外だった。決死の覚悟で、「い、いやじゃ。絶対にむりじゃ。」 . . . 本文を読む
コメント (2)

(2)ワシは青山千春♂(チハル)じゃ

2008年05月25日 00時38分50秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
ワシは広島県のはずれ、福山市の県立新市(しんいち)商業高校に入学した。田舎である。ワシんち(家)から自転車で学校まで約30分。ワシんち(家)から最寄り駅まで10分、電車で10分、新市駅から歩いて10分。電車通学にすることにした。 . . . 本文を読む
コメント (2)

(1)マンドリンという楽器をご存じですか?

2008年05月25日 00時23分35秒 | 1章-はじまりは、こんなもん
マンドリンという楽器をご存じですか?イチジクみたいな形をした、小ぶりな楽器です。上手い人が弾くとコロコロとした、綺麗な音がします。 . . . 本文を読む
コメント