旋律はいつもドリン系

高校時代のマンドリンクラブの話です。
若干、ほんとのことをベースのフィクションです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

『3章あとがき』byワシ。なのじゃ。

2008年12月30日 01時13分43秒 | 日記
3章が終わりました。やっと、終わりました。ほんとうは10話くらいの話にするつもりで、始めたのですが…。前章に比べてのんびりした更新でしたが、おつきあい下さり、ありがとうございました。前章では最期は非常に重くなったので、この章は軽いお話にしようと思ってたのですが、なかなか上手くいきませんでした。しかも、Tさんに指摘されたのですが、前章は1人称だったのが、今回は複数の視点があると言われて、驚きました。本人は途中まで、1人称とか3人称とか、そういうのはまったく無自覚で書いていました。せっかく読んでくださる方々を混乱させてしまったかもしれません。反省です。お正月に勉強します。

1章、2章で1年間のサイクルを書きました。3章以降はその間を埋める話しにするつもりです。次は夏休みとか合宿とか、現在構想を練ってます。やはり10話くらいの軽い話の予定です。また、少しお休みしてから再開いたします。今後とも宜しくお願いします。

それでは、皆様よいお年を。

******近況
12月に所属しているギターサークルのクリスマスコンサートがありました。毎年、隣の市の割と大きな公民館でやってます。そのコンサートに棗田先輩のモデルの先輩が来てくれました。作中の棗田先輩は、特に、この先輩というわけではないのですが(しいて、言えば私が1年当時の3年女子のギターの先輩全員です。みんな、やさしかったなあ)ビジュアルはこの先輩と思って、書いてました。その先輩が聞きに来てくれたのです。15年から20年ぶりくらいの再会ですけど、以前と変わらず素敵なままでした。嬉しかったです。


↓はげみになりますので、もしよければお願いします。
人気ブログランキングへ

↓お手数でなければこっちも、お願いします。
にほんブログ村 小説ブログ ライトノベルへ

コメント (9)   この記事についてブログを書く
« (35)『密かなフラッグ』by... | トップ | お礼とお知らせ »

9 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
お疲れ様です。 (tanpen001)
2008-12-30 18:27:04
>驚きました。本人は途中まで、1人称とか3人称とか、そういうのはまったく無自覚で書いていました

無意識ですか、
面白い書き方だなーと思ってたのですが、
発想が普通の方と変わってるのかもしれませんね。
一つの財産ではないでしょうか。
今までなかったものを(私はこれも見たことありませんでした)無意識に作り出せるものは羨ましいものです。
できれば昇華させて読者も新たな小説の楽しみ方ができるようになればうれしいですね。
(書く方はえらく大変でしょうが)
コメント有難うございます (チハル)
2009-01-01 17:46:44
えっ。面白い書き方ですか?

それこそ、無意識です。でも、それが特徴であるなら、特徴が無いよりある方がいいと思うので、これからますます励んで書いて行きたいと思います。私自身は読んでくれる人ができるだけ面白いと感じてくれることを目標に書いてるだけですが。

コメントありがとうございました。
あけましておめでとうございます (tanpen001)
2009-01-01 23:52:27
あけましておめでとうございます。
今年もどうかよろしくお願い申し上げます。
今年はさらにご健勝されることを心よりお祈り申し上げます。
こちらこそ、明けましてお目出度うございます (チハル)
2009-01-08 23:31:38
明けましておめでとうございます。
お正月はすっかり寝正月でした。久しぶりにのんびりした気分です。

現在、次章を考えてます。まあ、ネタは自分の経験ですので、どの頃の事を書こうかなと悩んでます。

今年も宜しくお願いします。
Unknown (ゆうこ)
2009-03-09 10:53:49
チハルさま  季節はそろそろ春に向かっております。また楽しいお話待っております。
コメント有難うございます (チハル)
2009-03-11 22:01:28
ゆうこ様、コメントありがとうございます。

4章を思案しておりましたら急に別な話が閃きました。
それで今、その別な話に夢中になってしまってます。

その準備で、こちらの方は、たまにしかチェックしてませんでした。
返事が遅くなってしまい、申し訳ありません。

ジャンルが全く違う話なので、こちらで書くわけにもいかず、
別なブログを新しく、たてるつもりです。

2ヶ月以上も更新のないこの小説に毎日、
何人もの方がご訪問してくださっていて、心苦しく思っていたのですが、

青山チハル的に言うと、
「この思い(新しい小説のことです)は、誰にも止められないのじゃ」なのです。

こんな歳になって、新しい話を創作するつもりになったのも、
この『旋律はいつもドリン系』を始めたお陰です。

この『旋律はいつもドリン系』は私にとって、
特別な思いのある小説なので、絶対に辞めませんけど、

今は新しい試みに、自分でもワクワクしております。
どうか、もうしばらく、お休みすることをお許しください。
Unknown (ゆうこ)
2009-03-18 12:16:56
チハルさま 
暖かくなりました。もう木蓮も彼岸桜も雪柳も連翹も咲いて」ます。チハルさまの新しいジャンルのお話も綺麗に咲くことができますように・・・お待ちしております。
ご訪問ありがとうございます。 (坂マンドリン)
2009-03-25 22:33:47
はじめまして。ご訪問ありがとうございます。
3月15日のマンドリンコンサートはとてもよかったと思います。来場者がとても多く驚きました。これからもよろしくお願いします。
コメント有難う御座います (チハル)
2009-03-28 19:37:22
坂マンドリン様、わざわざご訪問ありがとう御座います。以前から存じていましたが、同じ広島市内(私は違いますが)ということで、なんとなくこちらからのコメントはひかえてました。私の所属するクラブのことを、お褒めいただいて嬉しくなって、ついコメントしました。あのクラブは、もしも、最初から読んでいただけるとわかりますが、このお話の尾崎先生のモデルの先生が作られたクラブです。また、遊びにいかせてもらいます。

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事