ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

奈良の仏像  興福寺 「文殊菩薩坐像」

2008年08月19日 | 京都案内
興福寺 「文殊菩薩坐像」 国宝

座高94cmの寄木造り 鎌倉時代の作 国宝 文殊菩薩は釈迦の弟子で学問に秀でた祈願佛として人気が高い 維摩居士の老成とは違った若さ、豊かなお顔、ふくよかな体格である。頭に経典を入れた箱をのせ、衣の下に鎧を着る姿は中国宋時代の流行だそうだ。おそらく定慶派工房の作であるとされる。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 読書ノート 真野俊樹著 「... | トップ | 農家の道端に咲く夏の草花  »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

京都案内」カテゴリの最新記事