ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

病院の運転資金不足?

2009年02月28日 | 時事問題
朝日新聞 2009年2月28日2時28分
民間病院の過半数「運転資金が不足」 153病院回答
 民間の病院団体が加盟病院を対象に実施した緊急の経営状況調査で、54%の病院が運転資金は不足していると回答したことがわかった。日本病院会などは「経済状況の悪化が悪影響を及ぼしている」として国に対策を求めている。
 運転資金に関する質問では、「大幅に不足」が18%、「不足気味」が36%だった。不足と答えた病院に運転資金の使途を尋ねたところ、人件費が半分を占めていた。

運転資金不足は赤字ではないが、銀行などの貸し渋りが原因 日銀の対応を期待したい

 公立病院の経営状況:地方自治体の公立病院は全国に970あるが、2006年には75%の公立病院は赤字で、経常赤字は1997億円で累積赤字は1兆9736億円となった。この総務省は2007年「公立病院改革ガイドライン」を示し、経営の合理化、病院の再編ネットワーク、経営形態の見直しを改革の柱とした。しかし病院の赤字は公立病院だけでなく私立の病院の経営も苦しく、日本病院会のデータ-では2006年の診療報酬3.16%引き下げによって、1167病院のうち70%が赤字となっているそうだ。病院の赤字の原因として筆者は1)国の医療費削減対策が最大の原因 2)公立病院経営の事業管理者が素人で官僚であるため、継続した経営責任を取る人がいない 3)医事会計のプロがいないこと 4)医師不足で廃業する診療科がでて経営基盤を圧迫していることなどを挙げている。また黒字民間病院の中には過剰診療もあること事も指摘した。
ジャンル:
経済
コメント   この記事についてブログを書く
« 読書ノート 山際素男著 「... | トップ | CD 今日の一枚バッハ 「教... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事問題」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事