ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

医療問題   診療報酬改定で診療所の再診料引き下げ

2010年03月10日 | 時事問題
医療に関する提言・レポートfrom MRIC(2010年3月9日)「過労死寸前の開業医を襲うー24時間電話対応」 多田知祐 ただ胃腸科肛門科 より

 2月10日の中医協総会の診療報酬改定審議において、開業医の再診料を710円から690円に引き下げられた。病院と開業医の再診料金を同じにするためである。診療所は外来診察料が主な収入源です。今回の診療報酬改定においては危機に瀕している病院へ配分を多くすることが狙いで、800億円の予算がついた。開業医は儲けすぎているという厚労省のデーターには開業医は反発している。開業医の労働時間は月平均252時間、1日平均70人の診察を行い、外来医療費単価は1人約7000円(アメリカ62000円、英国25000円)、年間外来診察数は約8500人(OECD平均2421人)で過酷な経営と労働状況になっている。さらに今回「地域医療貢献加算」が30円つきましたが、24時間電話対応が条件となり、開業医をさらに苦しめることになります。病院での医療崩壊と同様、開業医の過酷な労働は医療崩壊につながりかねません。という開業医側からの悲鳴をさて皆さんはどう考えますか。

コメント   この記事についてブログを書く
« 読書ノート 濱口桂一郎著 ... | トップ | CD 今日の一枚 シューベル... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

時事問題」カテゴリの最新記事