ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

文芸散歩 柳田国男 「日本の祭」 角川ソフィア文庫

2018年04月15日 | 書評
太平洋戦争の只中、日本の神の発見によって柳田民俗学を創始した記念すべき著作 第1回

序 その1

太平洋戦争勃発の直前、昭和16年(1941年)の秋、柳田国男が東京帝国大学全学教養部の教養特殊講座で行った講演がもとになって、本書「日本の祭」が翌17年(1942年)11月に刊行された。聴衆は文系の学生は少なく、理系の学生が多かったという。つまりこれまでこのような問題を聴く機会が少なかった学生を相手に、噛んで含める様に「日本の祭」を説き起こしている。神事の故事来歴を扱うのは専門家の仕事だとしても「一通り国の固有信仰のあり形を知らしめるには、別に十分なる要約がなければならぬ」と目的のために本書を著したという。つまり国民が健全なる常識を養うことは、国民の前途を考えるうえで必要欠くべからざる準備であるという認識があった。専門家の見解も、ここに書いた内容も一つの見方である。うっかり丸呑みに信じてはいけないと批判精神を持つこともあわせて注意を促している。本書の内容は、第1章「学生生活と祭」(祭を学ぶ態度)、 第2章「祭から祭礼へ」(祭の特徴)、 第3章「祭場の標示」(神地)、 第4章「物忌みと精進」(神屋)、 第5章「神幸と神態」(神態)、 第6章「供物と神主」(神供)、 第7章「参詣と参拝」(祭日)からなり、第1章は「序章」で第2章から第6章までの6章が本章の内容である。本書は祭という言葉は「マツラフ」という語と同じように、神の御側にいて、神に奉仕する意味であろう。祈願という意味はついでにという意味で、本来の目的は神と一緒にいるということであった。神=支配者という構図は統一国家形成後の絶対神からくる後付けの意味であり、本来の神とは神=先祖であり、沖縄の民謡に「死んだら神様よ」と同じように、神は無数にいる八百神である。この弥生時代の村落共同体時代の記憶が「我国固有の神」という柳田氏の基本的考えであった。(縄文時代のアニミズムはさらに昔の話で本書では扱わない) 著者は祭の要素として五項目を挙げている。神地、神屋、神態、神供、祭日である。祭りの五要素に入る前に、祭の特徴についてまとめておこう。

① 祭りの重層性: 日本の祭りには重層性が見られる。部落の祭り(一族の祭り)がありそのうえに村の祭りがある。まとめて氏神の祭りと呼ぶこともある。村の氏神に対して一族の氏神を内神と区別する呼び方もある。このような祭りの重層性は地方行政の変更による(特に明治22年に施行された新町村制)。町村合併により従来の村の氏神が格下げになって部落神になり、新たな村の氏神がその上にできた。その時一つの部落の氏神を新村の氏神にしたものや、新しく村の氏神を勧請した場合があった。または複数の部落の氏神を合同して村の氏神にした例もある。これには氏神、産土神、鎮守神の区別に関する複雑な問題である。ここでは神道の事は扱わない。 
② 内神と外神: 自分たちの氏神、産土神のことを内神と呼び、ほかの村の神、他所から持ってきた神などを外神と呼んだ。外神を排斥することなく、隔てなく敬神の気持ちを抱いた。内なる神と氏子の関係は家族みたいなもので神意を聴く必要もなかったが、新しい神は神託を降した。日本の神社には寄り宮、相殿、行逢祭という共同の祭式、末社と言って数々の神の歴史が境内に存在する。まさに時代の変遷そのものを受け入れる素地が開けていた。
③ 物忌みと祭り: 物忌みとは神を祀るにふさわしいように精進潔斎することです。具体的には「オコモリ」のことです。籠ることが祭りの本体なのです。本来は酒食をもって神と共にあるあいだ、一同が御前に待座することが「マツリ」であった。そして神にささげた酒食を、末座におおいて共々に賜わることが「直来」であった。オコモリを全うするには一切の不浄を遠ざけなければならない。それがために精進屋を設ける。頭屋の家を神宿として、注連縄を張り主人以外はそこに入れない、また外来者も入れない。祭りの期間中に、お産や死者の出た家のものを遠ざけることがある。すべての氏子がオコモリを長期間行うと生産活動に支障を起すので、頭屋の主人だけが物忌みを行う。物忌みが厳格なところでは、お灯明を上げ、潮を浴びて潔斎をするとか、他家では飲食はしない、他人が来ても茶や煙草も出さない、夫婦の交わりを断つなどをしたという。
④ 祭りの変遷: 政治経済など実生活から受ける制約によって信仰生活も影響を受けて祭りは変遷した。このことは6) 「参詣と参拝」に述べられている。春秋2階の祭りに神が降臨され、神の恵みを受けてお告げを聴き、五穀豊穣・村内安全を祈願した。「村祈祷」、「村祈願」をおこなっていたが、社会生活が複雑になると村内の利害が複雑になると「個人祈願」が始まった。(現在はこれが主流で、企業隆盛祈願は村祈願の変形であろうか) 個人祈願が普通になると神社のほうが賽銭箱を用意するようになった。賽銭の前は「オヒネリ」といって紙に洗い米を包んで奉納した。米を銭に替えたものもオヒネリという。毎朝参拝という敬神家も現れ、神を祭るための参拝ではなく、神を敬するため、個人祈願するための参拝になった。参詣も簡略され、礼拝するだけの礼式となった。
⑤ 若者と祭り: 東京帝国大学で行った講義の聴衆は学生であったので、祭りに関しては参加者ではなく見物人であろう。しかし氏子として祭りに参加することは青年の義務であり権利であった。神輿を担いだり、獅子舞や神楽の芸能を演じるのも青年であった。戸主になる青年のみの参加を認める制もあって祭りが村落社会の上に持っていた重要性が伺える。古来日本に持ち得た物心両面の生活様式を受け継ぎ覚え込むのも青年の義務であった。家制度が崩壊すれば、その信仰も変化を受けざるを得ない。今や有名な神社の祭典は見物客や参拝者のための観光行事として盛大に行われている。

(つづく)
コメント