ブログ 「ごまめの歯軋り」

読書子のための、政治・経済・社会・文化・科学・生命の議論の場

政治資金不正記載問題 調子に乗っているとそろそろ民主党へも飛びますよ

2007年01月12日 | 時事問題
asahi.com 007年01月11日20時08分
事務所費問題で中川政調会長、飲食費も計上明らかに
  自民党の中川昭一政調会長は11日、自らの資金管理団体が家賃不要の衆院議員会館を事務所としながら05年に3096万円の事務所費を計上していたことについて、同団体が契約した国会近くの個人事務所の家賃などとともに、飲食費も事務所費に計上していたことを記者団に明らかにした。金額は「現在調べている」としたが、「通常必要な事務所維持経費の範囲内だ」と、適正な処理だと強調した。

今なぜ自民党閣僚と幹部の事務所費用と飲食代ばかりがあげつらわれるのか。
メデイアに誰がえさを投げているのか。
自民党が逆襲に出るのは必至。民主党もご用心、ご用心。
コメント (1)

京都にある国指定重要文化財建築物

2007年01月12日 | 京都案内
国指定重要文化財は次の14建築物だそうです。少しの改造・建替えも許されません。金閣寺は戦後炎上して再建されましたが、上賀茂神社や下鴨神社のように20年に一度建替え(遷宮)ると国宝にも重要文化財にもなりません。しかしいずれも世界遺産ですが。ということで重要文化財というもののあまり有名なものはありません。京都にある国宝は以前此のブログで紹介しました通り46箇所もあります。

1)龍谷大学大宮学舎・正門  明治12(1889)年  京都市下京区七条通大宮東入ル
2)龍谷大学大宮学舎・本館  明治12(1879)年  京都市下京区七条通大宮東入ル
3)龍谷大学大宮学舎・北黌/南黌  明治12(1879)年  京都市下京区七条通大宮東入ル
4)龍谷大学大宮学舎・旧守衛所  明治12(1879)年  京都市下京区七条通大宮東入ル
5)同志社大学・彰栄館  明治17(1884)年  京都市上京区今出川通烏丸東入ル
6)同志社大学・礼拝堂  明治19(1886)年  京都市上京区今出川通烏丸東入ル
7)同志社大学・有終館   明治20(1887)年  京都市上京区今出川通烏丸東入ル
8)同志社大学・ハリス理化学館  明治23(1890)年  京都市上京区今出川通烏丸東入ル
9)京都国立博物館・正門  明治28(1895)年  京都市東山区大和小路通七条上ル
10)京都国立博物館・本館  明治28(1895)年  京都市東山区大和小路通七条上ル
11)中京郵便局 (旧・京都郵便電信局)  明治35(1902)年  京都市中京区三条通東洞院北東角
12)京都府庁舎・旧館  明治37(1904)年  京都市上京区下立売通新町西入ル
13)京都文化博物館・別館(旧・日本銀行京都支店)  明治39(1906)年  京都市中京区三条通高倉北西角
14)梅小路蒸気機関車館 (旧・梅小路機関車庫)  大正3(1914)年  京都市下京区観喜町
コメント

高級ビールなんて言葉ありました?

2007年01月12日 | 時事問題
asahi.com 2007年01月12日08時23分
サッポロ・サントリー「高級」対決
「サッポロビール(のエビス)が1300万ケースなら我々も、と燃えている。必達目標です」 サントリーが11日の記者会見で打ち出した高級ビール「ザ・プレミアム・モルツ」の07年販売目標は、業界内で驚きを持って迎えられた。プレミアム・モルツは06年、前年比4.4倍の550万ケースを販売し、高級ビール市場を先導した。07年はそれを2.4倍に拡大。老舗(しにせ)のナンバーワンブランド「エビスビール」に挑むという。
迎え撃つサッポロ。ビール関連飲料の販売がさえない中で、エビスは14年連続してシェアを上昇。06年には1013万ケースと、過去最高の売り上げを達成した貴重なブランドだ。

私はサッポロ黒ラベル党、本物のビール。サントリーモルツも旨い。
高級ビールなんて話はない。普通のビールだった。そこへ発泡酒と言う贋物や安物が乱入して「悪貨が良貨を追いだした」までのこと。キリン、アサヒというビッグ2に追い込まれてサッポロ、サントリーのビールシェアーは15%以下に落ち込んでいる。サントリーは麦芽とモルツだけを使用した正真正銘の本物ビール。ただ営業力が弱いだけ。参考までに私が女房といっしょに行った祇園の料理屋で割烹テーブルに座った三組(私たちを含めて)の客のビールの注文が全てサッポロ黒ラベルだった。これにはまいった。サントリーは関東での営業力が弱いためかリカーショップに置いていない場合もある。
コメント

我が家の野良猫「ちび黒くん」 かみさんの足にすりすり

2007年01月12日 | 写真館
コメント

漢詩 「冬 夜」

2007年01月12日 | 漢詩・自由詩
寒宵月凍古江     寒宵月凍る 古江の東

白髪未眠燭影     白髪未だ眠らず 燭影紅なり

千巻詩材図書裡     千巻の詩材 図書の裡

一看獨夜酔吟     一看して獨夜 酔吟の中


(赤い字は韻:一東   七言絶句平起式)
コメント