gooブログはじめました!

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

生活習慣病団信

2018-04-22 18:54:35 | 保険の話

先日 ブログで書きました 『住宅ローンは保険で選ぶ時代?』 の中にあった 


団信について・・・ 



がん団信に加え 

生活習慣病団信 《入院プラス》について 検証してみました。 


こちらは 仙台銀行で金利上乗せ0.1%でつけれるものです。 



死亡・高度障害状態に加え  ①がん  ②余命6カ月以内と判断された場合 ③10種類の生活習慣病で入院が180日以上







となった場合  に  住宅ローンが 0円 になる!! 




また 病気や怪我で入院が連続して 5日以上で 10万円の保障 


病気 けが 入院が連続31日以上となった場合 返済額を保障する保険付のもの 








生命保険を勉強すると なかなか奥が深く なにを求めるかによって掛け方もちがうものですが 


住宅ローンを組む際に つけれる保険というものも 大事な目の付け所です。

(税務的に生命保険控除枠を最大限利用するのも有益です) 










年齢が上がれば 保険料は当然あがります。 年齢があがれば病気のリスクもあがるからです。 






入院一時金(10万円) 返済額保障 など  ありがたい保障がついています。 

























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

お引渡

2018-04-18 08:44:51 | 日記

今週は 珍しく 3棟のお引渡が連続致しました。 



中田 沖野 荒井  それぞれ素敵なご自宅を完成されまして 



無事にお引渡に至りました。 








お引渡が重なったこともあり 引渡しの準備に追われた スタッフでしたが 


完成会を経て (今回は 荒井のみの完成会でしたがたくさんのご来場を頂きました






プロのカメラマンの撮影会を終え


最後まで丁寧に手入れとメンテナンスを行い お引渡となりました。 








 




新しいご自宅で にぎやかに 住まわれるお施主様を思い浮かべ 



スタッフそれぞれが 役割と任務を果たせ お客様に喜んで頂けることは 大変喜ばしいことです。 








先日あがってきた撮影のデータです。 FBの写真にも入れたのですが 


荒井9区画の一部写真です。 








私のお気に入り♪写真です























 

 
 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

災害復興住宅融資

2018-04-15 18:00:51 | 日記


拙い ブログですが 

いつも
読んで頂きありがとうございます。 



閲覧数 訪問者数も 落ちることなく 皆様に読んで頂いているんだな~と

ありがたく思います。 





さて 久々に災害復興住宅融資の取扱を致します
 

こちらの融資は 上限額が決まっており 物件によってはトータル予算に

合わず 適さない場合もあります。 



1ヶ月に1度金利が変わるのですが 今月の取扱金利は また下がっておりました。 







こちらは 金利に団信等は含まれて居ないので 別途の申し込みが必要ですが 

強制ではないので 現在入っている生命保険で対応可 もしくは 民間の保険でも可。 


年齢が若ければ 民間に軍配が 
年齢がいっている場合 
保険料が高いので 団信のほうに軍配が 上がる傾向にあります。

こちらは 民間のどのような内容の保険に入るかによっても違うので詳しく検証する必要があります。

生保代理店も取り扱っておりますので ご相談頂ければと思います。

保険の検証は 住宅ローンを組む時に スリム化したり また付帯したりと


見直す機会でもあると思います。  ぜひご相談下さい!! 






災害復興住宅ローンの
支払の
シュミレーションしてみると

支払の ほぼが 元金への返済となり 利息負担が 驚くほど 低い 

金利をみれば 


5年間は 無利息 

5年~10年も 0.02%と 驚く数字になっております。 





35年にわたって 金利が申込時に確定されることも こちらの融資の大きな利点です!! 







取扱は 丁寧にやってもらえる そしてつなぎ融資の金利が低いことから 



ろうきんを窓口にしておりました。  





本日さっそく 担当者と 打合せ致します!! 





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

住宅ローンは『保険』で選ぶ時代? 

2018-04-12 19:30:15 | 住宅ローンの話

昨日 保険の勉強会をして参りました。 


取扱の火災保険についてが主な内容ですが 

(現在取扱は 朝日火災のホームアシストですが  検証の結果 今後は AIG損保も取扱致します) 



生命保険 (医療保険 生命保険 貯蓄型保険 個人年金保険) 

についても勉強して参りました。 



マイナス金利導入後 金融商品も 保険商品も うまみがなくなり (運用がたたないため) 



面白みがないのが 現状です。 


住宅ローンに関してはマイナス金利導入は消費者に恩恵をもたらしていますね。 

 



掲載記事~ (抜粋) 
住宅ローンを借りた人が死亡した場合ローンの残高がゼロになる
『団体生命保険』は常識だが 最近は死亡しなくても  がんと診断されたり
3大疾病で所定の状態になったら残高が 0になる 疾病団信が充実してきた。
団信も生きるための保障に シフトしてきたと言える。

そしてがん団信 疾病団信は 一般のがん保険 特定疾病(3大疾病)保険に比べると
大きな保障を割安に得ることができる。

例えば がん団信は 住宅ローンに金利上乗せで加入することができるが
(0.1% や 0.2% など 金融機関によって変わります)

この負担を月額に換算すると 数千円程度で がん保険と同等。 

それでがんと診断された時点で残高がゼロになるなら それは診断一時金が
数千万出るのと等しい意味を持つ。
コスパ的に比べものにならない。
団信の多くは 住宅ローンの借入時や借換時にしか加入できないが 
このチャンスをうまく生かせば保険商品のリストラもでき
大きな経済メリットにつながるのだ


中略~


地方銀行の中には がん団信を無料で付帯するところもある
共働き夫婦が連帯債務でローンを組む場合に 
どちらか一人でもがんと診断されれば 
残高が 0になる 
『連生がん団信』もある 
→ こちらは ろうきん取扱商品にあります 

保障対象は がんだけで 上乗せ金利も大きいが 共働き夫婦のがんへの備えとしては
最強である。 


※通常は 団信の付保割合を決めることが一般で
 収入の割合とに応じて 5:5 や 6:4 など 付保割合を相談することができる。 




保険単体で入るより圧倒的に低コストで大きな保障
借入額3500万 35年 金利0.5%(変動) 

↓  仮に 10年後がんと診断されると 

診断一時金が 約2550万円に相当する 




団信選びのポイント 
①対象疾病がなるべく幅広い団信がよい

②住宅ローンの金利を含め金利負担はなるだけ低く

③同じ疾病が保障対象でも条件が緩いものを選ぶ 




こんなことが書かれておりました。 

このところの動きとして基準金利は変わらないのですが 優遇幅が厳しくなり 適応金利(もらえる金利)が

あがってきているのが 実情です。 



そのなかで 保険面も視野に入れて 住宅ローンを組むのもポイントかと

改めて思いました。 










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

新しく踏み出すこと

2018-04-11 08:36:29 | 日記
今年は

桜の満開とともに

新学期を向かえましたね~。 それぞれが 一歩。 




昨日 次男の入学式に参列してきました。 



だぶだぶの制服 私が見た中で一番 だぶだぶだった気がします(笑) 



制服を仕立てた時 テ-ラーさんは きっと私の身長を鑑みた上で 採寸したのでしょう。 



それでなくてもがりがりの次男に サイズのでかすぎる制服  これもまた 新学期あるあるでしょうか 


一年後には だぶだぶの制服がいくらか様になっていくのでしょうか。 




新しい世界に飛び込んでいくときの 不安の期待 



家族は きっと そっと見守っていくだけでいいのでしょう~ 。 









 




さて、 私はというと 新学期の準備に追われながらも 


時間の合間をぬって 読書の日々。 



これは長年のルーティーンのようなもので 忙しい時こそ自分の時間。 
 


長編の小説もあれば 話題作であったり 自己啓発本だったり ジャンルは問わず 


その時の感性と感覚のみで 購入し読みます。 
 


ときに 救われ ときに啓発され 改められ 考えや気持ちを整理したり 



新たな世界を知れたり 本には たくさんの学びと世界がひろがっています。 























 


 
余談ですが 野球が好きで よく見に行く地元球団楽天!! 


その買収を行ったのが


誰もが知る 楽天の三木谷社長ですが 彼の育ちと 生き方 そして今のビジネス展開につながることが


この本に集約されておりました。 食い入るように読みきってしまいましたが





イーグルスへの見方も変わりました~  



会社はもとより

経済を動かし 人やものを動かし 社会をも変えようとしている会社の創設者。 興味ある方はぜひ~ おすすめです!!  



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加