Three Views Of A Secret

せんちょうのブログです

生田緑地バラ苑 薔薇を求めて散策

2018年05月20日 09時48分56秒 | 登山・トレッキング
数年前からハイキングブームですが、ハイキングで使用するアプリも人気で、色々とあります。

私は、登山/ハイキングのアプリの YAMAP を使用していますよ〜〜(^ν^)

このアプリを使い始めて、ハイキングがさらに楽しくなりましたし、初めて登る山の情報や、参考にする軌跡をGPSと照らし合わせる機能などを有効に活用しています。

YAMAP の特徴の1つとして、自分の山行の過程を、自分で撮った写真で、コメントしながら紹介していくことです(^ν^)
これが、アップしていく方も、読み手側も楽しいんですよね〜〜(^ν^)

YAMAP の利用者を、一部でヤマッパーと呼称しています(^ν^)
そのヤマッパーさんにも、色々な目的でハイキングを楽しんでいる方々がいます。
その趣向が、先ほどの写真やコメントに、如実に現れています(^ν^)
山の楽しみ方も色々ですよ〜〜(^ν^)

*ピークハント(山頂を目指すのが目的)
*バリルート(昔の登山道などを好む)
*山メシ(山で作るご飯を楽しむ)
*フラワーハント(山の植物を好む)
*バードウオッチング(野鳥観察)
*トレラン(山の中を走りまくる)
*トレッキング(山の中を歩きまくる)
*山の歴史散策(歴史を感じるモノを探索)
*沢登り(登山道ではなく、川の中を登って行く)
*クライミング(垂直に近い壁を越えて行く)
etc…

私もハイキングを、始めた頃はピークハントを楽しんでいましたよ〜(^ν^)
慣れてくると、途中に咲いている高山植物をパシャリ‼️するようになり、最近は山メシにも興味があります(^ν^)
山の中の写真を撮る事も、好きになりましたよ〜〜(^ν^)

しかし、何事も奥が深い‼️
高山植物の名前など、見分けがつかないっス‼️(^◇^;)
それでもアップすると、色々なヤマッパーの方々からアドバイスを頂いて訂正しています。

そして…本題ですが(^◇^;)、ヤマッパーの方から、「今は、バラが見頃ですよ」という情報を頂いて…「あっ‼️そうだ生田緑地バラ苑が開いているんだ‼️」と気が付きましたよ〜(^ν^)
早速、ソロでバラ苑まで歩いて見て来ましたよ〜(^ν^)
バラ苑には、およそ553種、4700株のバラが咲き誇っていて、とても紹介しきれないので、写真をまとめてアップして、種類などの説明は割愛させてくださいね〜(^◇^;)
代わりにバラ苑のホームページをペタリ‼️(^ν^)
5月27日まで開催していますよ〜〜(^ν^)
春と秋しか開苑しないので、興味がある方はすぐにチェック‼️(^ν^)
生田緑地バラ苑

まずは近所の公園から…
左上から右へ
マリーゴールド、サツキツツジ、何だろう?、マリーゴールド


公園から、前回同様「ツツジ寺の等覚院」に寄りましたよ〜(^ν^)


ツツジ、金魚草、お花色々、ニゲラ(青)、ニゲラ(白)、下段は全てビオラです(^ν^)


牡丹と紫陽花で有名な妙楽寺に移動しました。
写真は全て、紫陽花とサツキツツジです(^ν^)


サラサウツギ


チュリセージ 別名ホットリップス‼️(^ν^)
タラコ唇💋ってこと?(^◇^;)


バラ苑に到着〜‼️(^ν^)
かなりのお客さんで賑わっていましたよ〜〜(^ν^)
露店も出店していましたよ〜〜(^ν^)
5月27日まで開催していますよ〜〜(^ν^)
入苑料は無料ですが、駐車料は1回500円です(^ν^)
昔は、遊園地があって、モノレールまでありました(^ν^)


では、ここから怒涛の薔薇アップです‼️(^ν^)
バラ色々❶
向ヶ丘遊園時代は、バラ苑は小田急電鉄が運営していたそうです(^ν^)


バラ色々❷
向ヶ丘遊園が閉園した後は、バラ苑は生田緑地に引き渡されて、ボランティアの手によって、手入れがされています。


バラ色々❸
なので、バラ基金を苑内で募っていましたよ〜〜(^ν^)
募金すると、花の種が貰えますよ〜〜(^ν^)


バラ色々❹
募金すると、お花の種やパンフレットなどが貰えます。


バラ色々❺
みんな、ちゃんと募金していましたよ〜〜(^ν^)


バラ色々❻
生田緑地、色々な施設が低価格で楽しめてオススメですよ〜〜(^ν^)


バラ色々❼
プラネタリウムが400円、天体観測🔭もできますよ〜〜(^ν^)
6月には、プラネタリウムでオーロラを投影するそうです(^ν^)


バラ色々❽
日本民家園の入場料が500円
敷地内にある蕎麦屋「白川郷」が美味し‼️


バラ色々❾
岡本太郎美術館の入場料が500円
私、まだ入ったことがありません(^◇^;)


バラ色々➓
藤子F不二雄ミュージアムの入場料が1,000円(要予約)
家族で、私だけまだ入っていません(^◇^;)


バラ色々11
伝統工芸館の藍染体験が、620円
やったことはありません‼️(^◇^;)


バラ色々12
そしてバラ苑は、無料‼️(^ν^)
お財布に優しいスポットですよ〜〜(^ν^)


バラ色々13
是非是非、チェックしてみてくださいね〜〜(^ν^)


生田緑地、広報担当せんちょう からでした〜🎶

とんもり谷戸方面へ移動しますよ〜〜(^ν^)
左上から右へ
オーニソガラム?、ヤグルマソウ(白)、ヤグルマソウ(真ん中ピンク)、スイカズラ?、ヒルガオ、ドクダミ、ドクダミの群生、キンシバイ、とんもり谷戸


YAMAP を使って記録を撮りました。
活動時間 2時間47分
活動距離 9.4km
消費カロリー 832kcal
高低差 69m
累積標高上り/下り 381m/392m

この様な機能を、ハイキングで使うと面白いですよ〜〜(^ν^)
ちなみに、 YAMAP でも「せんちょう」ですよ〜〜(^ν^)


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

eri ➕ 林孝明 ➕ 武藤祐生 追記あり

2018年05月18日 08時21分34秒 | eriさん
昨日は、久しぶりにeri さんのライブに行って来ましたよ〜〜(^ν^)


今回は御大きみちゃんと一緒です(^ν^)
ぼんびーも参加予定でしたが、仕事が終わらず断念‼️(^◇^;)
今回も下北沢駅北口で待ち合わせ。
きみちゃん、スマフォや携帯電話など、文明の機器を全く持たない人なので、毎回待ち合わせがドキドキですよ〜〜(^◇^;)
無事に合流できたので、軽く飲みに行きましたよ〜〜(^ν^)
以前にも訪れた、芝居小屋スズナリ劇場の隣にある居酒屋🏮「焼き鳥焼きトン 四文屋なん八」です(^ν^)
安くて美味しいです‼️(^ν^)

↑きみちゃんです(^ν^)
しかし、軽くのつもりが飲み過ぎてしまいました(^◇^;)

さぁ〜‼️会場に行きますよ〜〜‼️(^ν^)

下北沢LOWN暖かい雰囲気のライブカフェですよ〜〜(^ν^)

今回の編成は…
Vocal,guitar:eri
Bass:林孝明
Violin:武藤祐生

セットリストはこちら
(間違っているかも…)
参考に各曲の過去のライブ動画を添付しましたよ〜(^ν^)
カバーを2曲披露しました。
Love has no prideは、オリジナルのボニーレイトを添付しました。
イパネマの娘は、オリジナルはトムですが、イメージが近い小野リサさんを添付しましたよ〜〜(^ν^)

【1st set】
雨は突然
優しい森
イルカになりたい
水色の花
サラダガール
月と羊と僕
夕暮れ
あなただけの船

【2nd set】
白い羽
四月の風
金魚
Love has no pride(ボニー レイトcover)
水中電車
蒼い風
夏が終われば


【アンコール❶】
Not for me, not for you

【アンコール❷】
イパネマの娘



ますます楽曲に、貫禄が付いてきて楽しいですよ〜〜(^ν^)
歌とアコギとベースとヴァイオリンで、凄い空間を作り出していました(^ν^)

eri さん本人が、バックの演奏の表現力に感激して泣いていましたよ〜〜(^ν^)

少ない編成なのに、音が厚い‼️(^ν^)
おススメです‼️


今回のMCでヴァイオリンの武藤さんの話が面白くて、味わい深かったです。
武藤さんは、最近千葉の港湾地帯に引っ越したそうで、毎朝外から、行き交う船の汽笛の音が聞こえてくるそうです(^ν^)
その汽笛を聞いて、以前住んでいた吉祥寺の頃の事を思い出したそうです。
吉祥寺の住まいのそばにはガラス工場🏭があって、真っ赤に燃えた溶鉱炉が、自宅からも確認できたそうです。
そして、夕方頃になると、その溶鉱炉の煙突から凄い量の煙が「ゴゴゴゴゴゴ〜〜ッ‼️‼️‼️‼️」と低い唸り声のような凄まじい音を吐き出しながら、噴き出していたそうで、そんな凄まじい光景を、船の汽笛を聞くまで忘れていたそうです(^ν^)
あの煙の爆音が、日常になっていたそうです(^ν^)
なので、今でも無音状態は苦手で、静かな山よりは、波の音が聞こえる🌊海の方が好きだと言っていました(^ν^)

蒼い風という楽曲では、お客さんがeri さんのために、この曲のオルゴールを作ってプレゼント🎁したそうで、今回はそのオルゴールを伴奏にして、歌っていました(^ν^)

こんな感じの暖かな雰囲気に包まれたライブでした(^ν^)

是非、観に行って体感してください‼️(^ν^)
6月も、同じ会場でライブがあるそうです(^ν^)
お店のスケジュールを、チェック‼️(^ν^)
動画も私のFBに添付してありますので、観れる方はチェックしてね〜〜‼️(^ν^)

みんなに知って貰いたいアーティストです(^ν^)

 


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

季節を外した、長尾ハイキングコース(^◇^;)

2018年05月17日 16時57分17秒 | 登山・トレッキング
ツツジの等覚院と牡丹の妙楽寺を見るために、ぶらりと長尾近辺を散策して来ましたよ〜〜(^ν^)
宮前区役所から、等覚院 → 長尾神社 → 妙楽寺 → 緑ヶ丘霊園 → 宮前区役所という約8kmのルートを周回してきましたよ〜〜(^ν^)
ちなみに、5月1日ですよ〜〜(^◇^;)
まだツツジは、見れるかな〜っと思っていましたが、甘かった‼️
ツツジも牡丹も終わっていましたよ〜〜(^◇^;)

まずは等覚院からですよ〜〜(^ν^)
幹線道路から、少し入っただけなのに、この風格‼️
カッコいい〜‼️(^ν^)
この山門は、明治31年に建てられたそうです。
仁王様が睨みをきかせていましたよ〜〜(^ν^)
意外と新しめなんですね〜〜。


さぁ〜、入ってみましょう‼️(^ν^)
本堂は、安政6年に再建されたそうです(^ν^)


こちらは安政7年に、建てられた水屋です(^ν^)
水垢無と彫られていました。


水屋の奥にも何やら建物がありました(^ν^)


しかし彼方此方に、ツツジの残骸が〜(^◇^;)
ツツジは、全く咲いていませんでした(^◇^;)

それでは、移動開始‼️(^ν^)

等覚院から歩いてすぐ、長尾神社⛩があります。
パシャリ‼️だけして退散(^◇^;)


さらにその奥には、牡丹の妙楽寺がありますよ〜〜(^ν^)


もちろん、牡丹は咲いていません(^◇^;)
ガッカリ(^◇^;)
その代わり、6月になると紫陽花が咲くそうです(^ν^)


最後に下原石仏の前を、通って帰りました(^ν^)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

小仏峠〜高尾山 久しぶりに息子たちとハイキング🎶

2018年05月17日 01時18分05秒 | 登山・トレッキング
今回は、4月30日のハイキングの記録です(^ν^)

久しぶりに息子たちと、小仏峠へハイキングに出掛けましたよ〜〜(^ν^)
息子たちは、かなりのインドア派です(^◇^;)
寝ても覚めても「マイクラ」「テラリア」のヘビロテです(^◇^;)
これではいかん‼️
…と、習い事で、水泳🏊‍♂️、サッカー⚽️、空手🥋etcとやらせてきましたが、インドア派はそのまま(^◇^;)
さらに、これではいかん‼️
…と、何回か高尾山へ、ハイキングに連れて行きましたよ〜。

1番最初のハイキングは…
2015年5月30日
往路 1号路 次男 高所恐怖症が発覚、途中撤退(^◇^;)

2回目は… 2017年5月14日
往路 6号路 、復路 1号路 → リフト(次男のみ参加)

3回目は… 2017年7月21日
往路 稲荷山コース、復路1号路 → ケーブル
(次男のみ参加)

この3回目が、猛暑日で流石に辛くて、次男途中でグロッキー(^◇^;)
それからか、ハイキングに誘っても、乗ってこなくなりました(^◇^;)

しかし最近、また行ってもいいよ〜〜(^ν^)
一体どうした⁉️(^◇^;)
じゃ〜行こうよ〜‼️(^ν^)

…と、言うことで長男も無理やり誘って、3人で高尾駅へゴー‼️(^ν^)
高尾駅から、バスで小仏バス停まで
バス停から、小仏峠まで登り
小仏峠 → 小仏城山 → 一丁平 → もみじ台 → 高尾山山頂
…と、ハイキングして来ましたよ(^ν^)

しかし、当日の朝、あんなにハイキングに行こうと言っていた次男のテンションが低い⁉️(^◇^;)
どうやら、行くのが面倒くさくなったらしい…(^◇^;)
でも、嫁に一喝されて、息子たち慌てて準備して出発〜‼️(^ν^)

高尾駅に向かう途中も、テンション低い‼️(^ν^)
登り始めたら、もっと低くなりましたが、小仏城山でカキ氷を食べたら、テンションアップ‼️(^ν^)
そのままの勢いで…

詳しくは、写真でどうぞ〜‼️(^ν^)

小仏行きのバスの中では、速攻で爆睡するお二人様〜(^ν^)
2人とも、嫌々ここまで来ましたよ〜〜(^◇^;)
11時前に、小仏バス停に到着〜‼️(^ν^)
はちゃめちゃに暑いッス💦😵
早速、息子たちはテンションダウン⤵️(^◇^;)
ちなみに、バス停にはトイレもありますよ〜〜。
次男は、小さな山のハイキングを希望していましたよ〜(^ν^)
…なので、すぐそこがゴールだと思って歩いています(^◇^;)


まだ登山口にも着いていないのに、既にお家に帰りたいモードになってきました(^◇^;)
暑いよ〜〜💦
この後、景信山と小仏峠への分岐に到着〜(^ν^)
私たち以外、みんな景信山に行ってしまいましたよ〜(^◇^;)


オオイヌノフグリ


ハルジオン


カタバミ


セリバヒエンソウ


シャガ


タンポポ


クサノオウ


葉っぱ色々(^ν^)


クサイチゴ


キジムシロ、もしくはヤブヘビイチゴかな?(^◇^;)


タンポポ❷


ここは、小仏峠へのルートの入口すぐにありますが、なんと⁉️ここで滝行を行なうようです‼️(^◇^;)


モノレールが、こんなところに⁉️
ここのそばに、ヤゴ沢コースへの分岐がありますよ〜〜(^ν^)


息子たちに、草花を探させていましたが、次男が何かを発見…


小さな虫が沢山飛んでいたようです(^◇^;)
すると…


虫が苦手な次男が、モジモジしながら「虫がいっぱい、いるんだけど…」と言っていましたよ〜〜(^ν^)
だからどうした〜‼️(^ν^)


長男は、全く気にせず先に進みますが、次男は怯えて進めないようです(^◇^;)
臆病だな〜(^◇^;)


さぁ‼️行くよー(^ν^)


水場ですよ〜〜(^ν^)
コップが備え付けてあるので、そのまま飲めると思いますが、やはり怖くて飲めません(^◇^;)


ジロボウエンゴサク


これは何でしょう?(^◇^;)


なんか凄いシダですよね〜〜(^ν^)
山の中を、徘徊していそうです(^◇^;)


ウツギの仲間かな?(^◇^;)


これも何かな?(^◇^;)


崖側に気を付けて、歩いてよね〜(^◇^;)


ちゃんと聞こえているようです(^ν^)


キランソウ


頑張れ〜‼️
後、少しだよ〜〜(^ν^)


次男は、「後、何メートル?」をしつこく聞いてきます(^◇^;)


暑いよ💦☀️😵


暑すぎるよ〜〜‼️💦


頑張れ〜‼️(^ν^)


あと少しで、小仏峠だぞー‼️(^ν^)


何これ⁉️テッカテカ‼️(^ν^)
コーティング加工が、施されていますよ〜〜(^ν^)


葉っぱが青々しくて、中々イイですね〜〜(^ν^)


ニリンソウ


クサイチゴ❷


ヘビイチゴ


11時45分…
そして、やっと小仏峠に到着〜‼️(^ν^)
早速、休憩すると…
次男が、炭酸飲料をグビグビっと、飲み干していました(^◇^;)
暑いよね〜〜💦


今日は、暑い💦😵
緑が濃くて、イイ感じです(^ν^)


12時10分…
小仏城山に到着〜‼️(^ν^)
早速、次男はカキ氷を頼みましたよ〜〜(^ν^)
これでレギュラーサイズ⁉️(^◇^;)
今日は、暑いから💦☀️、あちこちでカキ氷食べていましたよ〜〜(^ν^)


私もレギュラーサイズを頼みましたよ〜〜(^ν^)
ビッグサイズは、どうなるの⁉️(^◇^;)


イチゴ味大好きな次男は、シロップをジャブジャブかけていましたよ〜〜(^ν^)
すると次第に、元気が盛り返して来ましたよ〜〜(^ν^)


チゴユリ ピンボケ(^◇^;)


ヤブヘビイチゴ❷


スミレ 種類は難しいッス(^◇^;)


コミヤマスミレ


城山から少し離れた所に移動しましたよ〜〜(^ν^)
お食事タイムの続きですよ〜〜(^ν^)
私もやっと、バーナーでカップラーを作りましたよ〜〜(^ν^)


すでに13時半を過ぎて、かなり曇ってきましたが、一丁平からパシャリ‼️
まだ富士山🗻が、見えますよ〜〜(^ν^)


さぁ〜‼️もみじ台を目指すよ〜〜(^ν^)
ここから、疲れ知らずの長男が先行しますよ〜〜(^ν^)

ミヤマシキミ


14時頃、もみじ台に到着〜‼️
余裕な長男、かたや次男は…
顔が真っ赤になっています(^◇^;)
しかも疲労で、足が震えていましたよ〜〜(^◇^;)
口々に「リフト…リフト…リフト…」と唱えていました(^◇^;)

キランソウ❷


高尾山山頂を通って、1号路を使って下山中。
漢字が、好きな長男が早速チェックしていました(^ν^)


そして、リフト乗り場に到着〜‼️(^ν^)
ケーブル乗り場は大混雑、そしてリフト乗り場も25分待ち⁉️
私が歩こう‼️と提案しますが、次男は断固拒否‼️(^◇^;)


結局、25分待って、リフトに乗りましたよ〜〜(^ν^)
下山後もすぐに、お家に帰りたいを連呼していました(^◇^;)
何処にも寄らずに、まっすぐ帰宅しましたよ〜〜(^ν^)
また、一緒にハイキングしてくれるかな?(^◇^;)











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

菩提峠から蛭ヶ岳 初ブロッケン‼️

2018年05月09日 08時31分57秒 | 登山・トレッキング
久しぶりの投稿です(^ν^)
4月26日の山行です(^ν^)



菩提峠の駐車場から、表尾根を通って蛭ヶ岳までのルートをピストンしました(^ν^)
ロングなコースを久し振りに歩きましたよ〜〜(^ν^)

*菩提峠 → 塔ノ岳
菩提峠(ぼだいとうげ)(760m)
二ノ塔(にのとう)(1,130m)
三ノ塔(さんのとう)(1,205m)
烏尾山(からすおやま)(1,136m)
行者ヶ岳(ぎょうじゃがだけ)(1,170m)
新大日(しんだいにち)(1,330m)
塔ノ岳(とうのだけ)(1,491m)

表尾根では、鎖場の岩が朝露で濡れていて、滑って転んでしまいましたよ〜(^◇^;)
はちゃめちゃに痛かったっス⁉️(^◇^;)
ここで帰ろうかなと悩みましたが、貧乏性なので一応歩き続けましたよ〜〜(^◇^;)
途中で、霧に包まれた際に、ブロッケン現象を観ることが出来ましたよ〜〜(^ν^)
ラッキー‼️(^ν^)

塔ノ岳に着く頃には、日差しが出てきて暑いっス‼️(^◇^;)
しかし今回は、水を3リットル持ってきたので安心‼️(^ν^)

*塔ノ岳 → 丹沢山
日高(ひったか)(1,461m)
竜ヶ馬場(りゅうがばんば)(1,504m)
丹沢山(たんざわやま)(1,567m)

塔ノ岳から丹沢山までは、再び雲の中へ…
途中、大きなカエルに遭遇して、雄叫びをあげてしまいました(^◇^;)
約1時間で、丹沢山に到着〜‼️(^ν^)

*丹沢山 → 蛭ヶ岳
丹沢山から蛭ヶ岳までは、晴れたり曇ったりの繰り返しでした(^◇^;)
箒杉沢ノ頭(ほうきすぎさわのあたま)(1,550m)
不動ノ峰(ふどうのみね)(1,614m)
棚沢ノ頭(たなさわのあたま)(1,590m)
鬼ヶ岩ノ頭(おにがいわのあたま)(1,608m)
…と小刻みに縦走して、最後に…
蛭ヶ岳(ひるがたけ)(1,673m)に到着〜‼️(^ν^)

数人のハイカーさんとすれ違いましたましたよ〜〜(^ν^)
折り返して、丹沢山に戻るときには、夫婦のハイカーさんとすれ違いましたが、女性の方が日傘を片手に歩いていてビックリ⁉️
街中かと錯覚しますよ〜〜(^◇^;)
ずっと、そのスタイルで登って来たならば、逆に凄いですね〜〜‼️(^ν^)

*蛭ヶ岳 → 丹沢山
ちなみに、丹沢山山頂直下からの登り返しが、辛いっス‼️(^◇^;)
蛭ヶ岳から丹沢山までの道のりも、ちょこちょこ登り返しがあって、ボディーブローのように、疲労が蓄積されていきますよ〜〜(^◇^;)

*丹沢山 → 塔ノ岳
丹沢山に戻ると、先程蛭ヶ岳付近ですれ違った1人のハイカーさんが休憩していたので、軽くお話ししましたよ〜(^ν^)
このハイカーさんは、焼山登山口から入って、大倉に抜ける丹沢主脈線縦走をしている最中で、お互いスローハイクですね〜〜という感じで励まし合い?ました(^ν^)

丹沢山から塔ノ岳へ向かう途中でも、数人のハイカーさんとすれ違いましたよ〜(^ν^)
みんな、みやま山荘に泊まるんだろうな〜
楽しそうだな〜
羨ましいな〜
なんて思いながら歩いていましたよ〜〜(^ν^)
あの日傘を片手に歩いていた御夫婦ハイカーさんも、蛭ヶ岳山荘に泊まるんだろうな〜(^ν^)

塔ノ岳に着いて、尊仏山荘で水を購入しました。
すると、山荘内では、御高齢の御夫婦ハイカーさんが、丹沢山へのピストンをしてきて、疲れたので予約していないが泊まれますかと交渉をしていて、空きがあるから大丈夫ですと言われてホッとしていました(^ν^)
安心したのか、早速ビールを注文していましたよ〜〜(^ν^)
さらに塔ノ岳から表尾根に入って直ぐ、御高齢のハイカーさん3人とすれ違いました…
こんな遅い時間から登って…
あっ❗️泊まるんでしょうね〜〜‼️(^◇^;)
結構、みなさん宿泊するんですね〜〜(^ν^)

*塔ノ岳 → 菩提峠
表尾根に入ってからは、寂しく…
ずっと1人ぼっち…
日が徐々に傾いてきて…
さらに、寂しく…
本当は、今回念願叶って、嫁に許可してもらってバーナーを購入して、初山メシを作ろうと息巻いて来ました…
…が、時間がなくただのお荷物状態…
前の日に下ごしらえしておいた、ほうれん草やチャーシューが、ジップロックの中で汁まみれに…

そんな寂しさに襲われながら迎えた、三ノ塔山頂直下の登り返し…
烏尾山から、一気に下って…
ぐわ〜っと、登ります…(^◇^;)

こんなヘロヘロの時に、そりゃないよ〜〜(^◇^;)
お地蔵様に、疲れたよ〜〜と挨拶を交わし、そこから夕暮れの富士山🗻をパシャリ‼️(^ν^)
もう時間がないよ〜〜‼️(^◇^;)
山メシは、お預け‼️(^◇^;)

三ノ塔から菩提峠は、長く感じましたよ〜〜(^◇^;)
行きとは違って、通常の表尾根ルートで下りました。
そして無事に下山出来ましたよ〜〜‼️(^ν^)
勿論、駐車場には私の車1台だけしか停まっていません(^◇^;)

あ〜‼️超安心感‼️超充実感‼️(^ν^)
毎回、下山するとこう感じますね〜〜(^ν^)
次回こそは絶対に、山メシ作るぞ〜〜‼️(^ν^)

それでは、写真と一緒にどうぞ〜〜‼️(^ν^)

先ずは、植物色々ですよ〜〜(^ν^)
左上から右へ
マルバスミレ、カントウタンポポ、コイワザクラ、何かの葉っぱ?(^◇^;)、山桜、バイケイソウ、半透明のキノコかな?、馬酔木(アセビ)、スミレ(種類不明)


スミレ(種類不明)、キクザキイチゲ、キクザキイチゲ(紫色)、ニガイチゴ、コイワザクラ、豆桜、フキノトウ、ダブってる(^◇^;)、コケリンドウ


ヤブヘビイチゴ、花弁の先がピンクの花(^◇^;)、ツルシロカネソウ、ヘビイチゴ、豆桜、モミジイチゴ、馬酔木(アセビ)、毛虫のような植物(^◇^;)、豆桜


先ずは、菩提峠から二ノ塔の破線ルートを目指します(^ν^)
ツツジがキレイでした(^ν^)
シロヤシオも、何処かで咲いていましたが、パシャリ‼️忘れました(^◇^;)


三ノ塔に到着〜‼️(^ν^)
雲海にプカプカ浮かぶ、大山ですよ〜〜(^ν^)
ゆっくり動いて、進んでいきそうです(^ν^)


アップで撮りましたよ〜〜(^ν^)
中々、迫力がありますね〜〜(^ν^)


富士山も雲海の中に、浮いていましたよ〜〜(^ν^)


突然、雲が覆いかぶさってきましたよ〜‼️
すると…
おー‼️‼️‼️
初めてのブロッケン現象‼️
面白い〜‼️(^ν^)


雲が多いと思いますが、実はかなり陽射しが厳しいっす‼️(^◇^;)


暑いけど💦😵、陽射しが強いと、山肌がカッコよく見えますよ〜〜(^ν^)


雲の流れが、激しすぎます‼️(^◇^;)
一旦、落ち着こうよ〜〜(^◇^;)


そして、やっとこさ塔ノ岳山頂に到着〜‼️(^ν^)


いや〜暑いっす💦
水を3リットル持ってきましたよ〜〜(^ν^)
暑さ対策です(^ν^)


さぁ〜‼️あそこに見える蛭ヶ岳を目指しますよ〜〜(^ν^)
1番左奥ですよ〜〜(^ν^)


一気にワープして…
丹沢山から、箒杉沢ノ頭へゴー‼️(^ν^)
あの山肌がカッコイイんですよね〜〜(^ν^)


丹沢山からの階段を降りていますが、ここは登り返しが嫌なんですよね〜〜(^◇^;)
見た目も、心を折ってくれます(^◇^;)


箒杉沢ノ頭を登りますよ〜〜(^ν^)
下には箒杉沢が見えますよ〜〜(^ν^)


以前このルートを登った時、下に見える箒杉沢を尊仏ノ土平だと思い込み、方向感覚がこんがらがりましたよ〜(^◇^;)


ちなみに箒杉沢ノ頭(1,550m)は、丹沢山(1,567m)から1.25kmのところにあります。
箒杉沢ノ頭には、大滝新道分岐点があるそうですが、気がつきませんでした(^◇^;)


箒杉沢ノ頭から、300〜400m行くと不動ノ峰の休憩所と水場があります。
さらにそこから200〜300m行くと、不動ノ峰(1,614m)の道票がありますよ〜〜(^ν^)


蛭ヶ岳山荘が、ちょくちょく目に入ります(^ν^)
これが近くに見えるから、厄介です(^◇^;)
思っているより、距離は中々ありますよ〜〜(^◇^;)


写真は、棚沢ノ頭(1,590m)です(^ν^)
棚沢盆沢ノ尾根への分岐があります。
そこを下ると、弁当沢ノ頭を経て、熊木ダムに出ますよ〜〜(^ν^)


鬼ヶ岩の手前からパシャリ‼️
さぁ〜、あと少しですよ〜〜(^ν^)
しかし雲が、蛭ヶ岳方面にだけありますね〜〜(^◇^;)
周りは晴天なんですよ〜〜(^◇^;)


そして鬼ヶ岩ノ頭(1,608m)に到着〜‼️(^ν^)
鬼の角ですよ〜〜(^ν^)
ちなみに、ここにも白馬尾根への分岐があるそうです。
全く、気が付かなかったです(^◇^;)
鬼の角の間から、蛭ヶ岳山荘をパシャリ‼️(^ν^)
ちなみに、ここまでで5,6人のハイカーさんとすれ違いましたよ〜〜(^ν^)
平日なのに、結構登っていますね〜〜(^ν^)


もう少し〜‼️(^◇^;)
登りが辛いっス‼️(^◇^;)
下山までの時間が押して来たので、ペースアップしていますよ〜〜(^◇^;)


蛭ヶ岳山頂に到着〜‼️(^ν^)
周りは晴天なのに、ここだけ雲が乗かっていたので、山頂標識だけパシャリ‼️(^ν^)
さぁ‼️戻りますよ〜〜‼️(^ν^)
写真の右端に、塔ノ岳の尊仏山荘が見えますよ〜〜(^ν^)
遠いっス‼️(^◇^;)


蛭ヶ岳を、振り返ると…
雲が無いぞ〜‼️(^◇^;)
ズルイわ〜‼️(^◇^;)


は〜っ(^◇^;)不動ノ峰の登り返しです(^◇^;)
この時点で、13時⁉️(^◇^;)
ヤバイ〜‼️(^◇^;)
急がなきゃ‼️(^◇^;)


出た〜‼️‼️‼️
丹沢山への登り返し‼️(^◇^;)
これは嫌だな〜(^◇^;)


ちなみに、ここまで蛭ヶ岳方面に向かう数組のハイカーさんとすれ違いましたよ〜〜(^ν^)
みなさん、宿泊するのかな?
イイなぁ〜‼️羨ましいなぁ〜‼️(^ν^)


丹沢山から塔ノ岳に向かう時も、数組のハイカーさんとすれ違いましたよ〜(^ν^)
みやま山荘に泊まるんだろうな〜‼️
羨ましいっス‼️(^ν^)
ちなみに、写真はまだ丹沢山への登り返しの途中ですよ〜〜(^◇^;)


ヘロヘロで丹沢山に到着して、軽く休んで塔ノ岳を目指しますよ〜(^◇^;)
塔ノ岳への登り返しをクリアして、15時前に到着〜(^◇^;)
塔ノ岳にも下山する体力が無いからと、その場で宿泊を決めた老夫婦のハイカーさんがいましたよ〜〜(^ν^)
なんか楽しそう〜‼️
私も宿泊して、夜景とか楽しみたいよ〜〜(^ν^)
ちなみに、写真は丹沢山から塔ノ岳への登り返しです(^◇^;)


そして、表尾根に入るとすぐに3人組のハイカーさんとすれ違いました。
宿泊だな‼️絶対宿泊でしょう‼️(^ν^)
羨ましい〜‼️
私は、ここから三ノ塔まで、孤独に歩きましたよ〜〜(^◇^;)
しかも三ノ塔への登り返しが、はちゃめちゃに辛かったっス‼️(^◇^;)
このルート、辛かった〜‼️(^◇^;)
写真は、ひとりぼっちの三ノ塔からパシャリ‼️しましたよ〜〜(^◇^;)


三ノ塔から二ノ塔へ、そして行きとは違い、通常のルートで菩提峠まで戻りましたよ〜〜(^ν^)
下山出来たのは、17時半‼️
10時間掛かりましたよ〜〜(^◇^;)


オマケ写真
こちらが山メシを作るために、嫁の許可を得て、購入したアイテムですよ〜〜(^ν^)
早く使いたいっス‼️(^ν^)









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

乾徳山 樹林、草原、鎖場の岩峰、大展望の山

2018年04月13日 07時29分07秒 | 登山・トレッキング
今回はソロで、奥秩父山塊の前衛峰の乾徳山(2031m)に行ってきましたよ〜〜(^ν^)



平日なのに、沢山の登山者で賑わっていました(^ν^)
人気の山なんですね〜〜(^ν^)

今回は、山頂からピストンのコースでしたが、本当は道満尾根や水のタルなどを経由した周回コースを想定していました。
しかし、登山道がよく分からなくて右往左往…(^◇^;)
結局、ピストンになりました(^◇^;)
それでも、登山道は森林、草原、岩場と変化に富んでいて飽きません‼️(^ν^)
そして山頂は、360度の大パノラマが広がり、絶景を堪能出来て、はちゃめちゃに楽しかったですよ〜〜(^ν^)

駐車場ですが…
中央自動車道勝沼ICから約17kmで乾徳山登山口バス停にある駐車場(無料)に到着、駐車してスタートしましたが、ここから先に進んだ林道に、もう1箇所駐車場がありましたよ〜(^◇^;)
徳和川沿いからのルートで、ピストンするならば、ここに駐車したほうがいいですよ〜〜(^ν^)
私は、この時はまだ周回する気満々でしたので、下の駐車場に停めましたよ〜〜。

コースタイムは…
7:30 乾徳山登山口バス停からスタート‼️(^ν^)
8:15 銀晶水(水場)ぎんしょうすい
8:30 駒止
8:55 錦晶水(水場)きんしょうすい
9:00 国師ヶ原(カヤの草原)こくしがはら
9:01 高原ヒュッテ(無人の避難所 トイレ)
国師ヶ原に戻り、ここからガレ場、扇平直下は急登
9:30 扇平(1764m)おうぎだいら
ここから山頂直下まで鎖場、岩場の連続
10:30 乾徳山山頂
ここから水のタワへ行こうとしましたが、登山道がよく分からず断念(^◇^;)
扇平まで戻り、道満尾根方面に向かいましたが、こちらも登山道がよく分からず断念(^◇^;)
どんだけ方向音痴なのでしょうか(^◇^;)
来た道を戻りました(^◇^;)
13:45 乾徳山登山口
14:00 廃墟のような鳥居⛩
14:15 乾徳山登山口バス停 ゴール‼️(^ν^)

帰りに談合坂サービスエリアで、息子たちのお土産を購入して、🍜チュルリして帰りましたよ〜(^ν^)

それでは、写真と一緒にどうぞ〜‼️(^ν^)

乾徳山登山口バス停から、徳和集落沿いを歩きます(^ν^)
まだまだ桜は満開🌸、ユキヤナギなど色々な花々が咲いていましたよ〜〜(^ν^)


徳和川沿いを歩いて行きます(^ν^)
上流には、徳和渓谷がありますよ〜〜(^ν^)
立ち寄りませんでした(^◇^;)


写真には撮っていませんが、この側に乾徳山神社里宮⛩がありますよ〜〜(^ν^)
奥宮は、乾徳山山頂にありましたよ〜〜(^ν^)


この里宮ですが、登山道の途中に、前宮跡という場所があったので、昔は山の中にあったのかな?


登山口から入ると、彼方此方に石垣があります。
廃道を突っ切る形で、登って行きます(^ν^)
昔は、ちゃんとした林道があったようです(^ν^)


最初の水場の銀晶水に到着〜‼️(^ν^)
全く、湧き出ていませんでしたよ〜〜(^◇^;)
地面が湿っているだけでしたよ〜(^◇^;)


ここから緩やかな道になりますよ〜〜(^ν^)
樹林越しに、乾徳山が見えてきますよ〜(^ν^)


駒止に到着〜(^ν^)
昔は、ここまで馬で登ることが出来ました。
この辺りも、昔の登山道が沢山ありましたよ〜(^ν^)


露岩が増えてくると、傾斜もきつくなってきます(^◇^;)
ジグザグに登って行くと…


第2の水場、錦晶水(きんしょうすい)があります(^ν^)
ここの水場は、ちゃんと水が流れ出ていましたよ〜〜(^ν^)
ここで水を補給するそうですが、湧き水をそのまま飲む勇気がないです(^◇^;)


錦晶水を過ぎると、緩やかになり国師ヶ原に出ます(^ν^)
すると前方に、ピラミッド形の岩峰の乾徳山が見えますよ〜(^ν^)


国師ヶ原から、すぐ側にある高原ヒュッテに寄りましたら、突然ドドドっと鹿の団体さんが来訪しましたよ〜〜(^ν^)
シカさんたちも、避難小屋を使いたいのかな?(^ν^)
どうぞ❗️どうぞ❗️お先に入って下さい…と、促しましたが軽くスルーされましたよ〜〜(^◇^;)
すると突然この中のカップルの一組が、交尾を始めましたよ〜〜(^◇^;)(パシャリは遠慮しておきました)
だから、先に避難小屋に入るのを、譲ってあげたのに〜(^◇^;)
なんか生々しいものを、見てしまいました(^◇^;)
しかし全然逃げませんね〜(^ν^)
全く逃げないので、私の方から失礼して山頂を目指す事にしましたよ〜〜(^ν^)
アディオス‼️シカさん‼️(^ν^)
またね〜〜‼️(^ν^)


こちらが高原ヒュッテですよ〜〜(^ν^)
とてもキレイで清潔なバイオトイレがあるそうです。
入らなかったので、よくわかりませんが、ここがキャンプ指定地⛺️のようです(^ν^)


国師ヶ原に戻って、扇平を目指しますよ〜〜(^ν^)
奇石が増えてきますよ〜〜(^ν^)
役小角像(えんのおづめ)です(^ν^)


役小角(えんのおづめ)とは…
飛鳥時代か奈良時代のどちらかの、山岳呪術者だそうです(^◇^;)
山岳呪術者って⁉️(^◇^;)


前宮跡ということは…
徳和集落にあった、乾徳山神社里宮⛩が以前はここに建っていたということかな?
確かに、そんなスペースがありますね〜〜(^ν^)


さらに進むと、ガレ場とカヤの草原が現れます(^ν^)
扇平直下から、富士山をパシャリ‼️(^ν^)
扇平直下は、中々の急登ですよ〜〜(^ν^)


カヤの草原が、気持ちいいですよ〜〜(^ν^)
長閑ですよ〜〜(^ν^)


扇平(1765m)に到着〜‼️(^ν^)
ここは一面カヤの草原ですよ〜〜‼️(^ν^)
眺めも最高‼️(^ν^)


扇平から、富士山🗻をパシャリ‼️(^ν^)
ここでお昼ご飯食べれば良かったな〜と思ってしまうくらい、長閑な場所ですよ〜〜(^ν^)

すぐ隣に巨大な月見岩がありましたが、標識が無かったので気付かずパシャリ‼️しませんでした(^◇^;)


手洗石です(^ν^)
左にある窪みに、雨水が溜まったらそこで手を洗えということかな?(^◇^;)
それとも乾徳山神社奥宮に参拝する前に、ここで手を潔めよということかな?(^◇^;)


さぁ〜‼️休憩が終わったら、いよいよ尾根沿いに山頂を目指しますよ〜‼️(^ν^)
パシャリ‼️していませんが、尾根を挟んで右は針葉樹林、左が広葉樹林と違和感バリバリの登山道が続きますよ〜(^ν^)


そして傾斜が増して、こんな巨石ばかりになって行きますよ〜(^◇^;)
乾徳山の岩場、正直怖いっス‼️(^◇^;)
今回参考にした登山者の方の軌跡は、積雪時なのでもっと怖かったでしょうね〜(^◇^;)

かなりの登山者が登って行きますよ〜〜(^ν^)
私の前を進む、年配の登山者の方は鎖やロープを使わずに素手で軽々登っていましたよ〜〜(^◇^;)
いやはや、驚きましたよ〜〜‼️(^◇^;)


髭剃岩ですよ〜〜(^ν^)
幅は50cm位で、ここを無理矢理通ると髭が剃れてしまうくらい狭いというのが、名前の由来のようです(^ν^)


ちょっと一息、ふ〜‼️(^◇^;)
アスレチックの連続に足腰がガクガクですよ〜〜(^◇^;)
途中、鎖場で登山者の方に「怖いですよね〜〜」と話しをしたら「初めて怖いという感想を言ってくれた方に会えました、私も怖くて怖くて…」と言っていましたよ〜
みんなビビらずに、スイスイ鎖場をクリアしていてビックリしますよ〜〜(^◇^;)


そしてカミナリ岩ですよ〜〜。
ここは、鎖場が2段になっています(^◇^;)


まずは1段目ですが、私の前を進む年配の登山者の方は、ここでも素手でスイスイと登って行きましたよ〜(^◇^;)


そして2段目です。
右側は崖ですが、右の鎖の方が、登り易いですよ〜〜(^ν^)
しかし、どこも手を滑らしたら、とんでもない事になりますよね〜(^◇^;)


ここで、ようやく判りました‼️
私は、岩場が苦手です‼️(^◇^;)
判るのが遅い‼️(^◇^;)


鎖場は丹沢の表尾根や、主脈線の鬼ヶ岩、雨山峠と経験して問題ありませんでしたが、乾徳山の岩場は怖いですね〜〜(^◇^;)
この鎖場辺りの岩の角が、丸みを帯びていて滑るのではと思ってしまいます(^◇^;)


まぁ、それでもなんとか、ここまで来ましたよ〜〜‼️
さぁ‼️もうひと息ですよ〜〜(^ν^)


胎内ですよ〜〜(^ν^)
筑波山にも、似たような形と名前の奇石がありますよね〜〜(^ν^)


ここはロープです。
ロープが切れたらと思うと、全体重をロープにかけることが怖くて、素手で登りましたよ〜(^◇^;)
って言うか、怖いところばかりですよ〜〜(^◇^;)


またまた一息、ふ〜〜っ‼️(^◇^;)
一旦落ち着かせて〜‼️(^◇^;)


おおぉ〜‼️南アルプス〜‼️(なのかな?(^◇^;))
南アルプスが、私に勇気をくれます‼️(^ν^)
よし頑張ろう〜‼️


こちらは、雨乞岩です(^ν^)
あの岩の先でパシャリ‼️したいけど、怖くて無理‼️(^◇^;)


鳳岩(おおとりいわ)高さ約20mの垂直の鎖場です(^◇^;)
足をかける岩場がないので、足裏を岩につけて、バランスを取りながら登って行きます(^◇^;)


うわ〜‼️
足をかける場所がないよ〜〜(^◇^;)
腕だけで、登らないようにだって(^◇^;)


途中まで登って、恐怖心に襲われて、迂回路で山頂に上がりました(^◇^;)


いや〜‼️気持ちいいっス‼️(^ν^)
眺望は、大パノラマですよ〜〜‼️(^ν^)


こちらの山頂標識は、岩裏に付けてありましたよ〜(^ν^)
何処かからパシャリ‼️すると、ちょうどイイ感じで撮れるんだろうな〜(^ν^)


乾徳山山頂には、沢山の方々が色々と楽しんでいましたよ〜(^ν^)
何やら会話を盗み聞きしてみると…
「あれが金峰山、甲武信岳、笠取山、大菩薩…あっちが、南アルプス、中央アルプス…」
私は…えっ⁉️どれが⁉️どれが⁉️…という感じで、キョロキョロしましたよ〜〜(^◇^;)


さぁ〜お昼御飯にしますよ〜〜(^ν^)
海老名SAで購入した、鯵の押し寿司をペロリ😋と食べましたよ〜〜(^ν^)
美味しかったですよ〜〜(^ν^)
さぁ、下山しますよ〜〜(^ν^)


さぁ‼️戻りますよ〜〜‼️(^ν^)
行きで撮り忘れた、ハシゴをパシャリ‼️(^ν^)
この後、扇平に戻って、道満尾根を目指しましたが、またまた道迷いしそうになって断念‼️(^◇^;)


国師ヶ原に戻って、そこから再び道満尾根を目指すことも出来ましたが、そのままピストンで下りてきました。
今日は終始、乾徳山付近は、雲ひとつない晴天でしたね〜〜(^ν^)


そして、乾徳山登山口に出ましたよ〜〜‼️(^ν^)
ここから、駐車場と反対方向に進めば、徳和渓谷です。
まだ14時前で、時間もまだまだ余裕がありましたが、今回はここでお終いにしましたよ〜〜(^ν^)


乾徳山登山口バス停にある駐車場まで、戻ってきましたよ〜〜(^ν^)
なんと、駐車していた登山者の方々、みんな同じ時間に戻っていましたよ〜〜(^ν^)
乾徳山、楽しい山でしたよ〜〜(^ν^)
鳳岩は怖かったけどね〜〜(^◇^;)


帰りに談合坂サービスエリアで、🍜チュルリしましたよ〜〜(^ν^)


















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花貫渓谷 帰省ついでに観光しました(^ν^)

2018年04月08日 17時25分30秒 | 登山・トレッキング
毎年、仕事柄正月に帰省が出来ないので、息子達の春休みに合わせて帰省するようにしています(^ν^)

しかし、今回は息子達の習い事の変更が出来ず、実質1日半くらいの滞在期間でした(^◇^;)

折角なので、前から行きたかった花貫渓谷へ行って来ましたよ〜〜‼️(^ν^)
花貫渓谷は高萩市にあります。
私の実家からは、高速に乗って行きましたよ〜〜(^ν^)

観光巡りのようになりました(^ν^)

花貫渓谷

花貫ダム

伊師浜海水浴場

熊野神社


そして夜には、天体観測もしましたよ〜〜(^ν^)

そして翌日午前中に、私が子供の頃に通っいた床屋で、息子達を散髪してもらい、速攻でこちらに戻って来ましたよ〜〜(^◇^;)
慌ただしい〜っス‼️(^◇^;)

今度は、お盆の帰省のときに、ゆっくりしたいね〜‼️(^ν^)

それでは写真と一緒にどうぞ〜‼️(^ν^)

まずは花貫駐車場奥にある、不動滝と乙女滝を観てきました。息子と嫁は、興味がないのか、車中で映画鑑賞…
お袋は、何やら駐車場の周りで山菜を採っていました。昨日も、公園で採った、菜の花のおひたしが食卓に出ていました(^ν^)


こちらは不動滝です(^ν^)
はちゃめちゃに、エメラルドグリーンで素敵でしたよ〜〜(^ν^)
この中にカッパがいるのかな?(^ν^)


西沢渓谷を思い出しました(^ν^)
同じ花崗岩なのかな?
こんなに素敵な場所なのだから、もっとアピールすればいいのになぁ〜…なんて思ってしまいます(^◇^;)


ここまで来る途中も、それ程案内の表示がありませんでした(^◇^;)
危うく大子町まで行ってしまいそうに…(^◇^;)
郷土愛は深いけど、アピール不足で、毎年県の魅力度ランキングで、最下位を爆走しております(^◇^;)


恐らく紅葉シーズン🍁になると、商魂逞しい方達が色々と宣伝を始めるのかな?(^◇^;)
それでは、乙女滝へ行ってみましょう〜‼️(^ν^)
…と、言ってもすぐ隣なんですよ〜〜(^ν^)
こちらが乙女滝ですよ〜〜(^ν^)
名前の由来はわかりませんが、こちらも素敵な滝でしたよ〜〜(^ν^)
カッパ伝説ですが、先ほどの不動滝にカッパの顔に似た形の巨石があるらしいです…
見落とした〜‼️(^◇^;)


ここのそばに「名馬里ヶ淵」(なめりがふち)という渓谷があります。
こちらは、そこに小石を投げ入れると雨が降るという伝説が残っているそうです(^ν^)
行ってみたかったのですが、先客がいて駐車出来ず断念‼️(^◇^;)
茨城県のホームページから、名馬里ヶ淵について抜粋しました。
「木に登る不思議な馬を淵の主だと恐れてこの淵に埋めたところ、毎日雨が降り続き、集落が流されたという伝説がある。今でも名馬里ヶ淵に石を投げ込むと雨が降ると伝えられている。」
ちなみに、写真は乙女滝ですよ(^◇^;)


汐見滝ですよ〜〜(^ν^)
こちらもエメラルドグリーン…って、どの滝も花貫川からの水なので当たり前なのかな?(^◇^;)


そして土岳の登山口にある、汐見滝吊り橋からパシャリ‼️(^ν^)
次男を無理矢理連れて来ましたよ〜〜(^ν^)
よし‼️奥まで行ってみようね〜(^ν^)
ここは紅葉🍁シーズンの景観が最高です(^ν^)
写真でしか見ていませんが、吊り橋の周りが紅葉に染まって、はちゃめちゃに素敵でしたよ〜〜(^ν^)
…解説に夢中で、次男だけテクテクと歩いています…


…1人で歩いていることに気づいて、振り返る次男(^ν^)
早く来てよ〜〜‼️
ハイよ〜‼️(^ν^)
揺れる吊り橋…楽しいっス(^ν^)


家族連れの方々が水遊びをしていましたよ〜〜(^ν^)
まだ3月ですが、今日は暑いので、とても気持ち良さそうでした(^ν^)


その光景を見ていた次男も、羨ましかったのか渡渉にチャレンジしていましたよ〜〜(^ν^)
落ちるなよ〜〜(^ν^)
着替え持って来ていないよ〜〜(^ν^)


さぁ〜‼️移動しますよ〜〜(^ν^)
花貫渓谷のそばにある、花貫ダムですよ〜〜(^ν^)


こちらも長男と嫁は、車中に籠もったまま降りて来ません(^◇^;)
仕方がないので、またもや次男と散策しましたよ〜(^ν^)


花貫ダムの管理事務所で、ダムカードをゲット‼️(^ν^)
ちなみに、私も次男もダムマニアではありません(^◇^;)
ダムカードをゲットするために、来場した記録書に住所と名前を記入しましたが、今までに結構な人数が来訪していましたよ〜〜(^ν^)
さぁ〜‼️次に行くよ〜‼️(^ν^)


伊師浜海水浴場にやって来ましたよ〜〜‼️(^ν^)
さぁ〜‼️泳ぐよ〜〜‼️(^ν^)
…って、まだ3月っス‼️(^◇^;)
ここには、海鵜を観に来ましたよ〜〜(^ν^)


ここは白い砂浜が有名ですが、アカウミガメの産卵地としても有名です。
そして海鵜が、生息していることでも有名です(^ν^)


伊師浜海水浴場の隣には、鵜の岬という国民宿舎がありますが、実際に岬の岩場に海鵜がいましたよ〜〜(^ν^)
写真は間に合いませんでした(^◇^;)

ここで長男が初めて車から降りて、散策に参加しましたよ〜〜(^ν^)
奥にいるのは、お袋です(^ν^)
嫁は、花粉症が辛くて先に車に戻ってしまいました(^◇^;)


砂浜に打ち上げられた海藻は、食べない方がいいですよ〜〜(^ν^)
岩から採取したものは、大丈夫だと思いますが、流れ着いた海藻は、毒を持ったものもあるので要注意です‼️
海ップ‼️(^ν^)


…と、いう情報を地元の男の子が、次男に教えてくれました(^ν^)
流石、地元〜‼️と思っていたら、最近テレビの情報番組で流していた情報のようです(^◇^;)


こちらは岬からの眺めです(^ν^)
伊師浜海水浴場の隣にある、プライベートビーチのようなスポットですよ〜〜(^ν^)
このプライベートビーチがあるのが、国民宿舎「鵜の岬」ですよ〜〜(^ν^)
地元では、かなりの人気で中々予約が取れないそうです(^ν^)
日帰り温泉♨️もありますよ〜〜(^ν^)


最後に訪れたのは、日立市にある熊野神社⛩ですよ〜〜(^ν^)
隠れた桜の名所ですよ🌸
日立市は、駅前の平和通り、かみね公園、熊野神社⛩の3箇所が桜のスポットですよ〜〜(^ν^)
熊野神社⛩の隣には、日立製作所の工場があります。
実は、熊野神社⛩は、日立製作所の守り神として、各工場に分社して祀ってあるそうです(^ν^)


もともと熊野神社⛩は、小さな祠でしたが大正7年から、日立製作所に分社して祀られ、今の立派な神社になったそうです(^ν^)


そして戦時中、当時軍事工場だった日立製作所を狙った、日立空襲で日立の街は焼かれて、千人以上が亡くなりましたが、この熊野神社だけは戦火を逃れたそうです。
日立製作所の隣に、建っているのに不思議ですね。
なのでこの桜の木は、大正時代から残っていて、神社⛩という場所のためか、剪定されず枝が垂れ下がっています。
ちなみに、夜はしっかりライトアップするようですよ〜〜(^ν^)
観てみたいな〜‼️(^ν^)


この日の夜、自宅から天体望遠鏡🔭を持って来ていた次男、早速実家の裏から覗いてみましたよ〜〜‼️
低い倍率で、こんな感じです(^ν^)
高い倍率は、まだピントの合わせ方が勉強不足でイマイチ(^◇^;)
なんか次男が、期待はずれでガッカリしていましたよ〜〜(^◇^;)


翌日、午前中に実家を出発‼️
空手教室があるからです(^◇^;)
出発する前に、私が子供の頃に通っていた床屋さんで、息子達を散髪して貰いましたよ〜〜(^ν^)
昔は、散髪が終わるとお駄賃をくれましたが、今回はジュースを貰っていましたよ〜〜(^ν^)










コメント
この記事をはてなブックマークに追加

登山部でお花見会 二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)

2018年03月31日 08時58分07秒 | 登山・トレッキング
平日の月曜日に、職場の登山部メンバーでお花見会🌸をしましたよ〜〜(^ν^)
メンバーは…
リーダー米さんさん
うさちゅうさん
カスタードさん
ひらたこさん
しょったさん
そして、私の6名です(^ν^)
ワカマサさんとまな〜さんは、夜勤のため不参加です。

お花見の会場は、二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)です(^ν^)
米さんさんの自宅のそばなので、米さんさんが場所取りしてくれましたよ〜(^ν^)
ありがとうございます‼️(^ν^)

南武線 宿河原駅に14時集合です。
折角なので、そこまで色々散策してみることにしましたよ〜〜(^ν^)

タイムスケジュール
11:45 けやき平からスタート
12:10 とんもり谷戸
12:40 生田緑地
13:00 枡形山 山頂
13:40 二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)
14:00 宿河原駅
14:10 スーパーへ買い出し
一度、米さんさん宅へ移動
14:45 二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)
酒盛りタイム
20:00 御開き
米さんさん宅へ、少し休憩(^ν^)
その後…
うさちゅうさん、ひらたこさん、しょったさんは電車で帰宅
私とカスタードさんは、酔い覚ましに、歩きますよ〜〜(^ν^)
21:00 久地駅 カスタードさんとお別れ
私は再び歩きますよ〜〜(^ν^)
途中、暗闇の緑ヶ丘霊園を通りました(^◇^;)
緑ヶ丘霊園は桜🌸の名所とともに、神霊スポットでもあります(^◇^;)
22:00 無事帰宅〜(^ν^)

二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)、良いところでしたよ〜〜(^ν^)
トイレは、川崎緑化センターのトイレ(屋外)が利用可能なので、安心できますよ〜〜(^ν^)

それでは、写真と一緒どうぞよろしく‼️(^ν^)

自宅付近からパシャリ‼️(^ν^)


目的地の二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)までの道のりを、敢えて歩いて、春を感じながら、遠回りで行くことにしました(^ν^)
ユキヤナギがありましたよ〜〜(^ν^)


まずは、とんもり谷戸からパシャリ‼️(^ν^)


左上はアセビかな?
斜面には、シャガ(上段真ん中)が根を張っていましたよ〜〜(^ν^)


こちらは、生田緑地に咲く花々ですよ〜〜(^ν^)


キジバト発見で、パシャリ‼️(^ν^)


生田緑地の中央広場の桜🌸ですよ〜〜(^ν^)
桜🌸が満開です(^ν^)


中央広場から、枡形山山頂へ移動しましたよ〜〜(^ν^)
こちらも桜が満開です(^ν^)


二ヶ領用水の桜🌸を観る前に、ここの桜か、東高根森林公園か、緑ヶ丘霊園の桜のどれかに行こうかと悩んでいましたよ〜〜(^ν^)

高根森林公園を選べば、地理的にそのまま緑ヶ丘霊園の桜🌸も続けて観に行けますが、緑ヶ丘霊園というと心霊スポットとしても有名なので、敬遠しちゃいました(^◇^;)
しかし、間違って帰り道に通ってしまいましたよ〜〜‼️(^◇^;)
既に真っ暗で、灯りもない墓地を1人で歩きましたよ〜〜(^◇^;)
ここには、子供の霊が…ひえ〜‼️‼️‼️(^◇^;)
ちなみに、生田緑地にも心霊スポットがありますよ〜〜(^◇^;)

さぁ〜‼️生田緑地から宿河原を目指しますよ〜〜‼️(^ν^)


彼方此方に、桜の木🌸がありましたよ〜〜(^ν^)


あっ❗️
…どうした⁉️
気になる標識ですよね〜〜(^ν^)


淺間社です(^ν^)
鳥居⛩と桜🌸が、マッチしていますね〜〜(^ν^)

二ヶ領用水付近まで来ましたよ〜‼️(^ν^)
宿河原、良いところですね〜〜(^ν^)

二ヶ領用水に到着〜‼️(^ν^)
気持ちの良いところです(^ν^)
集合時間まで、まだ少し時間があるので、少し散策してみましたよ〜(^ν^)


二ヶ領用水は、全長32kmもあります。
1597年から工事が始まり、完成まで14年も掛かったそうです(^ν^)


前の支店では、私も二ヶ領用水沿いを高津区から中原区まで、自転車で通勤していました(^ν^)
気持ちの良い通りで、毎日景観を楽しみながら通っていました(^ν^)


中原区の二ヶ領用水でも、ここと同じ様なお花見スポットがあるので、よく同僚と仕事帰りに、軽いお花見会🌸を、していましたよ〜〜(^ν^)


しかしここの二ヶ領用水(宿河原堤桜並木)は、他の二ヶ領用水のお花見スポットと比較しても、立派なお花見🌸スポットですね〜〜(^ν^)
街の雰囲気も、最高に気持ちいいです(^ν^)


ひとりで缶ビール片手に、お花見したくなりますね〜〜(^ν^)


いやいや、フライングしたら、みんなに怒られちゃうな〜‼️(^◇^;)
まさか、フライングして、単独で酒盛りに勤しんでるメンバーなんているわけないですよね〜〜(^◇^;)
…と、歩いていると…
居たよ〜〜‼️ここに居たよ〜〜‼️(写真はなし)
フライングして、単独で酒盛りしている、うさちゅうさんを発見‼️(^◇^;)
その後、みんなと合流→買い出し→予算オーバー(^◇^;)→花見会スタート‼️(^ν^)


こちらのおつまみは…
なんと‼️米さんさんの奥様のお手製です(^ν^)
美味しかったです(^ν^)


トイレで席を離れて、戻ってくると毎回、何処かしらに桜🌸が置いてあります(^◇^;)
メンバーのイタズラです(^◇^;)


陽が傾いて来ましたよ〜〜(^ν^)
そろそろ夜桜が楽しめる時間が、近づいて来ましたね〜〜(^ν^)


夕暮れになり、提灯に火が灯ります(^ν^)

ライトアップされた、桜🌸が良い感じです(^ν^)


暗くなっても、ライトアップされているので安心してお花見🌸出来ますよ〜〜(^ν^)
さらに、米さんさんが、ライトを用意してくれていました(^ν^)


そのライトを使って、お花見🌸を続けましたよ〜〜(^ν^)
米さんさんは今回、レジャーシートや、クーラーボックスなども用意してくれていましたよ〜〜(^ν^)
場所取りまでしてくれて、感謝感謝です(^ν^)
そして、大いに盛り上がったお花見会🌸も、御開きです(^ν^)
その後、米さんさん宅へ(^ν^)
少し歓談した後、各自帰路へ…
ここで、カスタードさんが酩酊状態に…(^◇^;)

私と一緒に、酔い覚ましで少し歩いて帰ることにしましたよ〜(^◇^;)
私は、元々自宅まで歩いて帰るつもりだったので、まったく問題ありません‼️(^ν^)

二ヶ領用水沿いに、隣駅の久地駅まで、夜桜🌸を眺めながら帰りましたよ〜(^ν^)


この後、久地駅から自宅方面へ、強引に進んで、まさかの緑ヶ丘霊園に入ってしまいましたよ〜‼️(^◇^;)
心霊スポットを、真夜中1人で通る恐怖感たるや‼️
怖かったっス〜‼️(^◇^;)
その後、無事帰宅できましたよ〜〜(^ν^)












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

裏高尾に梅を‼️奥高尾になめこ汁を‼️求めて(^ν^)

2018年03月21日 08時25分06秒 | 登山・トレッキング


今回は超久々に、同僚のMくんと奥高尾に行って来ました(^ν^)
Mくんとは、昨年の5月に南高尾山稜を満喫して以来です(^ν^)

Mくんは、前回の時もスニーカーにTシャツという、超初心者の格好でしたが、今回も変わらず、ブレない出で立ちで登場です(^ν^)

…なので、今回も高尾山近辺のルートにしました(^ν^)
しかも超久々の日曜日のハイキング‼️(^ν^)
激混み必至ですよ〜〜‼️(^◇^;)

ルートは…
8:50 高尾駅北口集合
高尾駅から、旧甲州街道沿いに梅を満喫する遊歩道梅林コースからのスタートです(^ν^)
小仏川沿いに歩きますよ〜〜。

9:00 遊歩道梅林→関所梅林→天神梅林→小下沢梅林と梅を鑑賞していきます(^ν^)
途中、私有地を歩きます。
(地主の方の、ご好意で通過できるそうです)

10:15 小下沢梅林駐車場から、東尾根に入ります(^ν^)
東尾根は、何故か登山詳細図に破線のみで表記されています。
ルートとして記載されていない事について、疑問に思っていましたが、途中ですれ違ったハイカーさんから「東尾根は私有地だよ〜〜」と教わりました。
…て、え⁉️え〜⁉️途中から私有地を歩いていたのは理解していたけど、この東尾根も全て私有地なの〜⁉️(^◇^;)
本当かな〜(^◇^;)
林業の方々の作業跡もありましたが…(^◇^;)

それでも東尾根では、数人のハイカーさんとすれ違いました(^ν^)
なんでも巻き道として、利用するハイカーさんが多いそうです。

10:55 大久保山(581m)を通過すると、すぐに景信山と小下沢林道との分岐に出ます(^ν^)

11:20 景信山に到着〜‼️(^ν^)
景信山は、沢山のハイカーさんで、大盛り上がりです(^ν^)
餅つきしているグループもいました(^ν^)
私たちもビール🍺で乾杯🍻しましたよ〜〜‼️(^ν^)
ここで山菜の天ぷらと、なめこ汁を注文しましたよ〜〜(^ν^)
美味しかったなぁ〜〜‼️(^ν^)

12:50 小仏城山に到着〜‼️(^ν^)
こちらも沢山のハイカーさん達で、盛り上がっていましたよ〜〜(^ν^)
Mくんに、城山のなめこ汁を勧めましたよ〜〜(^ν^)
なめこ汁2杯目を食べて、お腹もかなり膨れたようです(^ν^)

13:40 もみじ台に到着〜‼️(^ν^)
ここでもMくんに、なめこ汁の食べ比べを強要しました(^ν^)
Mくん、お腹が膨れて、ここで横になりたいと言っていましたよ〜〜(^ν^)

14:10 高尾山に到着〜‼️(^ν^)
6号路で下山しようとした直後…
ババババババババババッ‼️‼️‼️
上空に、救助ヘリがホバリングしています(^◇^;)
何事⁉️下からはサイレンの音が⁉️
ヘリは30分近く、上空でホバリングしていました(^◇^;)
6号路から出ると、消防車と山岳救助隊が走って来ます(^◇^;)
また消防車と山岳救助隊が…(^◇^;)

後でツイッターで確認すると、山頂付近でどなたかが、ヘリで救助されたそうです(^◇^;)
何があったのかな?大丈夫でしょうか?(^◇^;)

私達も、無事下山出来て一安心です(^ν^)
帰りは、Mくんおススメの「かぶら屋」で打ち上げしておしまい‼️(^ν^)

それでは写真と一緒にどうぞよろしく〜(^ν^)

みんながバスで、直行で小下沢梅林を目指している中、私たちは地味目に遊歩道梅林へ(^◇^;)
まずは小仏川沿いの梅を求めて、散策しますよ〜〜(^ν^)


遊歩道梅林→関所梅林→天神梅林と歩いて来ました(^ν^)
パシャリ‼️している方が、沢山いましたよ〜〜(^ν^)


小仏川は、はちゃめちゃに澄んでいてキレイでしたよ〜〜(^ν^)


裏高尾町を歩いて行きますよ〜〜(^ν^)
小仏峠行きのバスに、何台も追い抜かれて行きますが、のんびり小さな梅林を観るのも、良いものですよ〜〜(^ν^)


そして、小下沢梅林に到着〜‼️(^ν^)
沢山の観光客で、賑わっていましたよ〜〜(^ν^)
梅林の中をトレッキングできるそうですが、今回は遠慮して東尾根の取り付きを探しますよ〜〜(^ν^)


東尾根の取り付きは、小下沢梅林駐車場にありましたよ〜〜(^ν^)


裏高尾東尾根のルートは、割愛して一気に景信山にワープ‼️(^ν^)
茶屋は、沢山のハイカーで大繁盛していましたよ〜〜‼️(^ν^)
みんな楽しそう〜‼️(^ν^)
餅つきをしているグループもいましたよ〜〜(^ν^)
写真は、茶屋で作ってくれる山菜の天ぷらです(^ν^)
はちゃめちゃに美味しいッス‼️(^ν^)
ちょっと大盛りにしてくれましたよ〜(^ν^)


持参してきた缶ビールで乾杯🍻しました(^ν^)
つまみは、先ほどの山菜の天ぷらです(^ν^)
ゴクゴク…プハー‼️美味し‼️(^ν^)


まずは、本日最初のなめこ汁です(^ν^)
美味しかったなぁ〜〜(^ν^)


そして、またまたワープして城山に到着〜‼️(^ν^)
こちらも、大いに賑わっていますよ〜〜(^ν^)


早速、Mくんになめこ汁を勧めましたよ〜〜(^ν^)
食べ比べしなきゃね〜〜(^ν^)
ちなみに、私は遠慮しました(^◇^;)


そしてお決まりの天狗さんをパシャリ‼️(^ν^)
さぁ〜‼️もみじ台で、Mくんに3杯目のなめこ汁飲まさなきゃ‼️(^ν^)
なんか使命感が湧いて来ました(^ν^)
意地でも、飲ませてやるぞ〜‼️(^ν^)


そして、またまたまたワープして…
もみじ台に着きましたよ〜〜(^ν^)
なんかMくんも、慣れて来たのか、不穏な空気を察知して警戒していますね〜〜(^◇^;)
…不穏な空気を察知しても仕方がないっス‼️
強制的ですから(^ν^)
なめこ汁、2人前お願いします〜‼️(^ν^)
おお〜っ‼️ここのナメコは大きいね〜〜‼️(^ν^)


6号路で、下山することにしました(^ν^)
6号路は、沢沿いのルートです(^ν^)
私のお気に入りですよ〜〜(^ν^)
なぜか救助ヘリの音が、ずっと聞こえます(^◇^;)
何でしょうかね?


こんなに素敵な風景ですが、頭上では救助ヘリがバリバリ音を立てて、ホバリングしたままでいます(^◇^;)
何があったの?(^◇^;)
頭上を見上げていると、今度は下の方からサイレンが⁉️
どうしたの〜⁉️(^◇^;)


後で判りましたが、やはりどなたかが救助されたようです(^◇^;)
ツイッターに、救助ヘリが遭難者を引き上げる、まさにその瞬間を高尾山山頂にいた方が、数人アップしていました(^◇^;)


下山した後も、山岳救助隊や消防士などが、走り回っていました(^◇^;)
ちなみに写真は、一輪の花ですが、ニリンソウですよ〜〜(^ν^)


琵琶滝が開いていました(^ν^)
滝行をする日なのかな?(^ν^)


ムフ〜‼️‼️‼️
琵琶滝にある石像です(^ν^)
鼻息荒く、迫る感じが素晴らしいっス‼️(^ν^)


ハナネコノメの群生地ですよ〜〜(^ν^)
6号路を利用した目的は、これでした(^ν^)
周りから「うわ〜‼️かわいい〜‼️」という声が上がっていましたよ〜〜(^ν^)


下山後は、Mくんのおススメの居酒屋で乾杯🍻しましたよ〜〜(^ν^)
安くて美味し‼️最高です‼️(^ν^)
またハイキングしようね〜‼️(^ν^)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

大山北尾根〜ネクタイ尾根 ネクタイないっス‼️(^ν^)

2018年03月21日 07時38分27秒 | 登山・トレッキング
今日は一日快晴で、仕事は休み‼️(^ν^)
朝起きれなかったけど、行くっしょ‼️(^ν^)
ただ、花粉はいつもの2倍…(^◇^;)
ん〜ん〜やっぱ、行くっしょ‼️(^ν^)
…と言うことで、息子達の登校を見送ってから、私も出発〜‼️(^ν^)
今回は、前回同様大山近辺をハイキングすることにしました(^ν^)
あっ‼️今日はハイキングメイトはいません(^◇^;)
ソロで行きますよ〜〜(^ν^)

9:40 秦野駅 到着〜‼️遅っ‼️(^◇^;)
10:02発の蓑毛行きのバス出発時間まで、秦野駅構内にあるマックで、朝マック‼️
朝ごはん食べてきたけど、仕方がないです(^◇^;)
なにが仕方がないのか知りませんけど、久々の朝マックは美味し‼️(^ν^)

バス停に向かうと、ハイキングの格好をした方々があちらこちらに見かけましたよ〜(^ν^)
みんな蓑毛から、大山を目指すのかな〜、なんて見ていたらバス停を通り越して、街の中へ消えて行きました(^◇^;)
何処に行くのかな?
何か近くにハイキングコースがあるのかな?
気になりますね〜〜(^ν^)

バスに乗車すると、平日ですが、乗車客は半分以上いて、ハイキングの格好をした方々も数人いましたよ〜〜(^ν^)

10:24 蓑毛バス停に到着〜‼️(^ν^)
裏参道コースで、大山山頂を目指します。

裏参道 → 大山山頂
初めて使いましたが、気持ちのいい道ですよ〜〜‼️(^ν^)
なにやら歴史も感じとれます(^ν^)
すれ違ったのは、2人だけですよ〜〜(^ν^)
表山道に合流してからは、かなり賑わっていました(^ν^)

12:10 大山山頂に到着〜‼️
沢山の登山客で、賑わっていました(^ν^)
中には、本格的な鍋料理を作っているグループもいてビックリ‼️(^ν^)
私は、コンビニで買った🍙を、ムシャリと食べましたよ〜〜‼️(^ν^)

大山山頂 → 北尾根
12:30 山頂から、北尾根に入ります。
すぐに鹿柵🦌があるので、備え付けの脚立を使って、越えて行きます。
レール沿いを進んで、途中レールがT字に分岐するところで右に曲がると、そこがネクタイ尾根の下降点です(^ν^)

ネクタイ尾根 → 唐沢峠
12:45 ネクタイ尾根は、下りで使いましたが、はちゃめちゃな急登でした(^◇^;)
これ登りで使ったら、アキレス腱がイッてしまうのでは…(^◇^;)
ネクタイは勿論、あの赤い目印もありませんでした(^◇^;)
見逃したかな?(^◇^;)
それでも3,4m間隔で目印があって、迷わずに尾根を下りることが出来ました(^ν^)
ネクタイ尾根を下降中に、下に沢が見えてきます。
水が流れているのが、石尊沢かな?
石尊沢は、涸沢の南大山沢に合流していますが、水は何処にいっちゃたの?(^◇^;)

そして、降り切ると涸沢(南大山沢)があるので、唐沢大堰堤のそばから上がれますよ〜〜。
登り切ったところが、唐沢峠です。
東屋がありますよ〜〜(^ν^)

唐沢峠 → 不動尻分岐
13:40 唐沢峠から少し行くと、梅の木尾根との分岐があります。
当初は、梅の木尾根を使って、広沢寺温泉方面に下りようと思っていましたが、時間がなかったので、そのまま不動尻分岐をめざしました。
途中、電柱を過ぎたあたりで、突然私のすぐ後方にキジが舞い降りて来てビックリ⁉️
すぐにパシャリ‼️しようとしましたが、小走りに去って行ってしまいました(^◇^;)

不動尻分岐 → 大山ケーブルバス停
不動尻分岐から、雷ノ峰尾根に入ると、まだまだ沢山の登山客が大山山頂から下山していました(^ν^)
沢山人がいるとホッとします(^ν^)
唐沢峠では、2人組の方々とすれ違っただけです。
見晴台で、1人でビール🍺でお疲れ様会を開催しました(^◇^;)
そのまま下社方面へ、二重滝はなかなかの水量でした(^ν^)
豆腐をお土産に買って帰ろうと思っていましが、今回は電車なのでやめておきました(^◇^;)

16:35 大山ケーブル駅 出発‼️
17:03 伊勢原駅から快速特急で帰りましたよ〜〜‼️(^ν^)
乗り継ぎで途中下車した、相模大野駅構内でオギノパンが丹沢パンを販売していたので、こちらをお土産にいくつか購入して帰りましたよ〜〜‼️(^ν^)

おしまい。

それでは、写真と一緒にどうぞよろしく〜‼️(^ν^)

蓑毛バス停から、大山裏参道へ入りました。
写真撮るよ〜‼️と、言うと…目立ちたがりの木々たちが中央に寄ってきました(^ν^)
…んなわけないか(^◇^;)


初めて裏参道を通りましたが、静かで良い感じですよ〜〜(^ν^)
時々、踏み跡が薄くて道を間違いそうになりますが、この辺りだとそれも楽しいですね〜〜(^ν^)


ん⁉️これは何⁉️
顔が石になっています(^◇^;)
明治時代の廃仏毀釈で壊されたのではと助言いただきました(^ν^)
しかし、左端の石像の立ち姿が…
ガンプラのカトキ立ちのようで、カッコイイですね〜〜(^ν^)


これは女人禁制ノ碑です。
江戸時代の頃は、女性はここまでしか登れなかったそうです(^◇^;)
でも山って、女性の神様が居ると聞きましたが、それで女人禁制って、おかしくない(^◇^;)


西の峠を通過して、この写真のゴーロ地帯を抜けると、表山道に合流しますよ〜〜(^ν^)
ここには鎖場もあって、なかなか険しいですよ〜。


そして、大山山頂に到着〜‼️
うわ〜‼️霞んでる〜‼️富士山薄っすら〜‼️(^◇^;)
これが春霞みって、やつですね〜〜(^◇^;)
富士山は左側で、薄過ぎて入れていませんよ〜(^◇^;)
ここでお昼休憩しましたよ〜〜(^ν^)
沢山の登山客で賑やかですよ〜〜(^ν^)
この雰囲気、大好きです❤️


大山北尾根に入りましたよ〜〜(^ν^)
平坦な道を、作業運搬用のレール沿いに歩きます。
すぐにレールがT字になるので、そこを右に曲がるとネクタイ尾根ですよ〜(^ν^)


ネクタイ尾根に入りましたが、本当にあってるの⁉️
…というくらい、険しい尾根ですよ〜(^◇^;)
とにかく稜線直下は、はちゃめちゃな急傾斜ですよ〜‼️(^◇^;)


降りて来たところを、振り返ってパシャリ‼️(^ν^)
今更ですが、陽射しが容赦無く降り注いで、はちゃめちゃに暑いッス💦


…で、何処にネクタイがぶら下がっているのかな?
全くないけど…(^◇^;)
誰か外して、登山服にネクタイ姿でハイキングしているのでは⁉️(^◇^;)


ネクタイ尾根を下りていますが、左側には不気味な暗闇に包まれた地帯が見えます(^◇^;)
あそこには行きたくない〜‼️(^◇^;)


半分まで下りて来ると、傾斜が緩やかになります。
ちょっと安心です(^ν^)
下りで使っているからいいけど、ここを登るのは大変ですよね〜〜(^◇^;)


下から沢の音が聴こえてきます(^ν^)
道もかなり緩やかになって、ヤセ尾根に気をつけるくらいです(^ν^)


ここまで下りて来ましたが、ネクタイないっス‼️(^◇^;)
でも、こんな尾根道にネクタイがぶら下がっていたら、違うことを連想して怖くなります(^◇^;)


誰が最初にぶら下げたのかな?
そもそも、なんでこんな尾根道に入るのに、ネクタイを持っていたのかな?
謎は深まるばかりです…(^◇^;)


そしてネクタイ尾根の取り付きから、この階段を下りて石尊沢を目指します。
ここの沢は、石尊沢と南大山沢が合流していて、正直どっちの沢なのか、わかりません(^◇^;)


水が流れている石尊沢まで下りてきました。
この鹿🦌避け柵沿いに歩いて行きますが…
あれ⁉️あれ⁉️


通り道が、ガッポリと崩落して無くなっています(^◇^;)
と、通れないっス‼️(^◇^;)
…でも、すぐに引き返して、鹿柵の中から回り込んで進み、柵がない所から出て進みましたよ〜(^ν^)


涸沢まで下りてきました(^ν^)
ここが南大山沢なのか、石尊沢なのかわかりませんが、前回の唐沢峠手前の、不動尻への分岐から見た沢は、こちらだったんですね〜〜(^ν^)
進む道が、たまたま下りで、この沢と重なって見えて勘違いしたと思います。


この堰堤、唐沢大堰堤と呼ばれているらしいです(^ν^)
この堰堤の右側から、唐沢峠に上がれるルートがあるそうです。
あっ‼️ありましたよ〜〜(^ν^)


唐沢峠へ向かう途中、来た道を振り返り、ネクタイ尾根とは違う方をパシャリ‼️(^◇^;)
この方向音痴が‼️(^◇^;)


唐沢峠に到着すると、ネクタイ尾根へ立ち入り禁止🚧の表示がありました(^◇^;)
さらに大山方面に歩くと、この標識があります。
よく見ると小さな字で梅の木尾根と書いてあります。
今回の最期の目標が、このルートでしたが、時間切れで諦めて、ここから見晴台を目指しました(^ν^)

梅の木尾根の入口にも、ロープが張られていて、立ち入り禁止🚧を意味しているのかな?と思い、帰宅してから調べると、意外にも滑落事故があるようです(^◇^;)
そして進んで電柱を過ぎた辺りで、キジが飛んできて私のそばに降りて来て、ビックリしました‼️(^ν^)


見晴台に到着〜‼️ひとりで乾杯〜‼️(^◇^;)
ゴクゴク …プハー‼️美味し‼️‼️‼️(^ν^)
僕ビール、君ビール。
ん⁉️どういう事⁉️(^◇^;)
ビルの上にカエル🐸がいますが、なんかのダジャレなのかな?


見晴台から下社に行く途中に、祭られています(^ν^)
まぁまぁ遅い時間ですが、観光客の方々がいましたよ(^ν^)


二重滝ですよ〜(^ν^)
今日は水量もあって、なかなか見応えがありましたよ〜〜(^ν^)
川床には、呪いの杉が横たわっていましたよ〜(^◇^;)
ちなみに、他のヤマッパーの方が、この滝を登って、そこから山頂を目指した軌跡をアップされていてビックリしました(^◇^;)


最後は、女坂を通って帰りましたよ〜(^ν^)
帰りに、相模大野駅でオギノパンを、お土産に購入しました(^ν^)
色々な種類を買ったのに、息子達は1つも食べず、嫁が食べていました(^◇^;)
嫁の感想「意外に美味しかった」です。









コメント
この記事をはてなブックマークに追加