Senboうそ本当

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

勝手に機内モード

2018年05月05日 | 宮崎エゴLIFE

ゴールデンウィークのど真ん中に起きたスマホのトラブル。よりによってタクシー乗務の最中に発生。
この日は朝から宮崎市内にある高級ホテルで客待ち。早朝の1回目が近場のゴルフ場まで 720円。2回目は空港まで 3440円。あらかじめホテルからチェックアウト人数が通知されており、この日はそこそこタクシー利用が予想されました。なので他社のタクシーも多数待機に来ています。3回目に待機に入ったのが9時半頃、私は14台目です。結局そこから2時間も順番待ちとなりました。ホテル周辺での利用客も少しはあるのでいつもなら1時間以内に指令が飛んできたりもするのですが、この日はさっぱり。他の待機所の動向もある程度「専用画面」でモニターできるようになってますが、あまり動きがありません。ホテルのチェックアウトが11時なのでそこまでは粘る心積もりだったのですが・・・いよいよ11時になって、ようやく待機のトップに。そこからさらに30分以上、利用客がありませんでした。

やっと乗り込みがありました。ベビーカーに3歳ぐらいの男の子、若いお母さん、初老の女性 という3人グループです。行き先は日南海岸にある鵜戸神宮(うど・じんぐう)までの往復、つまり観光です。3万円ぐらいの売上げになります。(過去2年間を振り返って、ホテル待機で観光のオーダーを受けたのはこれが初めて。なぜなら利用客は前日までにホテルを経由して予約→タクシー会社が乗務員を手配 という流れになるため

ここからが本題、スマホの話です。最近スマホのアクセサリーとして「車内で使用する充電ケーブル」を購入しました。すでに何度か使ったこともあり、この日も鵜戸神宮に到着後、駐車場に車を停めている間 ケーブルをつないで充電していました。
そして帰り道、内海(うちうみ)にある休憩地で遅めの昼食。「一緒に食べませんか?」とお誘いもいただいたのですが、丁重にお断りして駐車場で待機。いつの時点で不具合が発生したのかは分りませんが、スマホを見ると画面の隅っこに「通信サービスはありません」と表示され、アンテナの表示もありません(その隣に飛行機の絵文字が表示されてます)。インターネットにも繋がりません。
4ヶ月前に中古で購入したスマホですが、使えなくなったのは初めて。SIMカードの接触不良? そう思って、電源をoffにして→抜いて→戻して→電源on これを何度か試しましたが状況は変わらず。
お客さんを乗せて青島へと移動。電話の調子が悪いので駐車場へは移動せず青島神社の参道入り口にタクシーを停めたままお客さんを待つことになりました。

もうトラブルの原因はお分かりですよね? 私は勤務が終わって、自宅でインターネットで調べてやっと原因を知ることができました。「機内モード」に切り替わっていたのが原因です。スマホの右側面にボタンが3つ並んでいるのですが、どうもそのどれかが切り替えスイッチになっているようです。1つは「電源」スイッチ。その下が「ボリューム調整」スイッチ。3つ目が「カメラ起動」スイッチ。のはずなんですが。これまでも充電ケーブルの抜き差しで スマホを握った際に「カメラ起動」スイッチがonになったり があります。
なにせ中古スマホなので、最近使い出した車内充電ケーブルで「過充電」などの問題が起きたのかと疑ってました。やれやれ、問題解決です。「機内モード」への切り替へ操作ですか? 今のところ設定画面からの操作方法しか分りません。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
このブログの関連記事

   格安SIMカードの落とし穴    2018年02月20日   宮崎エゴLIFE

 

『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 裸のタクシー稼業 | トップ | GWの宿泊者数1020名。タクシ... »

コメントを投稿

宮崎エゴLIFE」カテゴリの最新記事