Senboうそ本当

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

リードをネットで注文

2018年09月11日 | 路上サックスで一儲け(宮崎)

ネットで Vandoren v16〔硬さ2〕のリードを1箱(10個入り)購入しました。
ずっと前から試してみいと思っていたリードですが “ばら売り” してないので、なかなか箱買いの決心がつきませんでした。しかも楽器専門店トニカには在庫されてない。この [硬さ2] を使う奏者がいないということ? 箱で買って、もしも自分に合わないリードだったら・・・貧乏人にとっては、大きな賭けとなりました。

VandorenのHPにある解説によると『v16リードは中間の厚さのハート(JAVAよりも厚くトラディショナルよりも薄い)で、力強いアタック、深く豊かな音を得られるようデザインされました』ということです。すでに〔硬さ2.5〕を使ってそこそこ満足はしています。もしかしたら、さらにいい結果が得られるかもしれない・・・という期待がありました。

皆さんご存知の通り、人それぞれ「息の強さ」「口の中の音の広がり」「使用するマウスピースのカタチ」「リードの取り付け位置」「リガチャーの形状、材質、取り付け位置、締める強さ」「口で咥える強さ」 さまざまな条件が音に影響します。なので私が使って良かったものを、あなたが使って必ず良い結果が出るかは微妙。
しかも1箱に入っている10個に、個体差も少なからずあります。さらには開封後に繰り返し使用している間に「リードのコンディション」も変化していく。

前置きが長くなりました。すでに2個のリードを開封、それぞれ3日ほど練習で使ってみた結果、たいへん満足しています。よく響くし、音が裏返るとかのアクシデントも少ない。高音から最低音まで安定して出せてます。私自身の「演奏技術」「リードの組み付け技術」が安定してきたのも、多少は影響してると思います。とーぶんは、この Vandoren v16〔硬さ2〕のリードをメインで使って練習しようと思います。近々このリードで吹いた音源をYouTubeで公開しますので、よろしく。

 

※前にも書いたかも知れないけど、リードをサンドペーパーを使って微調整する方法があります。YouTubeで見つけました。クラリネット演奏の達人が解説してる動画です。私もこれを見て、まずは使い古したリードから試し・・・ 最近ようやくコツが掴めてきたような。今回購入したVandoren v16も、この方法で微調整済みです。

 参考 リードの削り方2

※Vandorenのリードが収められている半透明のケース。リードの保管にあまりよろしくないということに気づきました。私は使用後に水洗いしてこのケースに収めるようにしてますが、リードの先端を RICOのケースであれば上下から軽く押さえつける構造になっているので形状がまっすぐに保たれます。それに対しVandorenのケースは空間がゆったり余ってるので、乾燥するにつれ リード先端が波打ってきてしまいます。私はRICOのケースも余分に持ってたので、そっちにVandorenのリードを入れて保管してます。

※ [硬さ2]と聞いて “柔らかいリード” だと思ったんじゃないですか? 各種リードの対比表を見れば分かりますが RICOのジャズセレクト(2M)より硬く(2H)より柔らかい、という仕様です。なのにお店に置いてない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログ内の関連記事

 リードの硬さ、大きな思い違い   2018年01月23日  路上サックスで一儲け(宮崎) 

 今使っているマウスピースなんですけど。 2017年04月19日  路上サックスで一儲け(宮崎) 

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« iPhone X 当選しました ? | トップ | 台湾高校生が 延岡に民泊(宮... »

コメントを投稿

路上サックスで一儲け(宮崎)」カテゴリの最新記事