Senboうそ本当

広東省恵州市→宮崎県に転居。
話題は波乗り、流木、温泉、里山、農耕、
撮影、中国語、タクシー乗務、アルトサックス。

SELMERのリガチャー (ゴールドラッカー) を購入

2018年05月14日 | 路上サックスで一儲け(宮崎)

リガチャーというのはサックス演奏で使用する金具の一つ。これを用いて 口にくわえるマウスピース(写真 黒い物体)に木片(リード)を締め付けます。今回購入したのはSELMER製(フランス)。3500円しました。同じ形状でメッキの材質違い「ゴールドラッカー」「シルバー」「ゴールド」があります。(材質ごとに値段も異なる)


さまざまな形状のものが各メーカーから出ています。SELMERはリード側が2本に分かれていて背中側は1本のネジ留め。(取り付ける向きを逆にして使っている人もいるらしい)


上の写真左は これまで使っていたVandoren製(ゴールドラッカー)


中古品なので だいぶくたびれた感じ。つまり形状もところどころ湾曲していたり
2本のネジのうち片方(写真上)はネジ山が劣化。
まあそれでも 演奏していて大きな問題は無かった(気が付かなかった)わけで。

※ほぼ独学でサックスを始め2年のキャリアしかないので、それもアタマに入れて以下このブログを読んでください。

“吹きやすさ” と “音色とか響き方” を考えたとき、本人の技術はもちろん大事ですが 楽器そのもののセッティングは 大いに関係します。まだ私のレベルでは “吹きやすさ” を模索している段階。 その先に “音色とか響き方” を追求するステージが広がっている と思われます。

0.1mm、もしかしたら0.01mmの精度で サイズや組み付け位置、締め付けの強さが違うだけで吹きやすさが変わります。悲しいことにストライクゾーンが極めて狭い。いつも同じセッティングで、同じ場所で練習しているのですが、「リード」「マウスピース」「リガチャー」どれだけ神経を使っても、なかなか同じ状態では組み上がらない。(お店で「リード」や「マウス」を購入したとして、加工精度の限界、木片を構成している植物繊維の密度とか油脂分の多少などの関係で 同じ規格でも品質にばらつきがある)
吹奏楽部で演奏する場合、ほかの楽器の音が入るからそこまで気にならないかも。サックス1本で練習している私にとってはその違いが気になってしかたない。ごくたまに、自分で吹いててその音色と響きにうっとりする瞬間が。一度それを経験してしまったら・・・

かれこれ2年かけて、「リード」→「マウスピース」→「リガチャー」 の規格を変更、自分にとってより良いセッティングを模索しました。いたずらにバリエーションを広げても、かえって問題がどこにあるのか見えなくなる。だから今のところどれも標準的な規格。自分の中ではちょっとずつ進化してきてる気がします。組み付けの精度も向上したし。

話をSELMERのリガチャー (ゴールドラッカー) に戻します。購入した店は宮崎市内の楽器専門店トニカです。以前この店で4タイプのリガチャーを貸し出していただき試奏した結果 →もしかしたら「ゴールドラッカー」「シルバー」の方が、自分の好みに合うかも? と感じました。それっきりになってましたが、その「ゴールドラッカー」と「シルバー」で試奏してみようと思い立ち、お店に再度 リガチャーの貸し出しを依頼。といっても在庫してるもので手元にある2本のマウスピースに組み付け可能なのは このSELMER(ゴールドラッカー)だけでした。「シルバー」を在庫している店は少ないようです(吹奏楽部向きではない?)。
持ち帰った「ゴールドラッカー」。さっそく Vandoren のマウスピースに取り付けようとしたのですがマッチしません(Vandorenの外径がわずかに大きい)。なのでSELMER のマウスピースに取り付けて試奏。

※この便利な「貸し出し→試奏」というサービス、他店ではできません。「シルバー」も試したかったので電話で宮崎市内の「西村楽器」「島村楽器」に問合せしたのですが、店内での試奏にしか応じてないそうです。そりゃあそうですよ。ピカピカにメッキされた商品なので、うっかり傷が付いたり変色したり、歪んだり。にもかかわらず貸し出しに応じているトニカ、これからもよろしくお願いします。

いつも練習している場所で SELMERのリガチャー (ゴールドラッカー)で吹いてみて調子が良かったので購入を決めました。どこがどう調子いいのか? 私の乏しいボキャブラリーではうまく説明できません・・・音色は従来のリガチャー(Vandoren)と大して違わないのですが、低い方のDoのさらに1音下の “Si” が出し易くなった。せっかくなので「シルバー」も取り寄せてもらうことにしました。購入するかどうかは試奏した上で決めます。

※後で気付いたんですが、もしかして “Si” が出し易くなったのはマウスピースが原因(Vandoren→SELMER)だったのかも? まだ検証してないけど。かと言ってこれまで使用してたポンコツのリガチャーを使い続けるのもどうかと思うので、今回の買い物は〇ということにしときます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

このブログの関連記事
  リガチャーを持ち帰って試奏   2018年01月14日   路上サックスで一儲け(宮崎)

ジャンル:
習い事
コメント   この記事についてブログを書く
« ゴルフコースとペッパーくん | トップ | 走心 [zǒu xīn]  »

コメントを投稿

路上サックスで一儲け(宮崎)」カテゴリの最新記事