『一期一会』~こだわり工務店の社長ブログ~

千葉県旭市にある地域密着型の(株)戸諸工務店の若き二代目社長がお届けする、毎日の奔走日記です。

日本の家の寿命について

2020-01-21 21:30:05 | 暮らし

こんばんは

 

本日の業務終えて、帰宅しブログ更新です

今日も現場まわり、打ち合わせとあっという間に

 

今回のブログのお題は・・・

何故、日本の家の寿命は短いのか

 

日本約30年。ドイツやイギリス約80年、アメリカは約60年と言われています。

これが、各国の住宅の平均寿命なんです。

(各国の気候環境の違いもありますが・・・)

 

よく前から日本の住宅の寿命は短いと言われてきました。

 

家の寿命が約30年ということは、30歳で家を持ったとして

住宅ローンの終わる定年前には、もう一度建て替えなければ

ならないということになってしまいます

 

皆さんもご存知のように、日本は自然災害の多い国です。

世界的な地震大国でもあり、また最近では台風の大型化に伴う被害の拡大

災害に対する防災意識をしっかりと持ち、いかに対策をすべきかを日本全体で

考えていかないといけない時代になりました。

 

昔の日本は、自然や気候的制約を意識し、そしてそれを活かした家造りをしてきた

と思います

 

奈良の法隆寺は建立されてから約1400年もの間、風雨や各種災害に耐えてきました。

日本には、優秀な伝統建築技術がしっかりとあるのにもかかわらず・・・・

 

なのに、どうして日本の家は短命になってしまったのでしょうか

 

高度経済成長期の昭和30~40年代、日本社会は、東京オリンピックや

大阪万博などの開催による特需をはじめとして、「大量生産大量消費」型の

経済活動が一気に加速

 

日本の住宅事情が変わり始めたのもこの頃と言われています。

 

それまでの日本の伝統的な家づくりは、地域に根差した大工職人さんの

手によって、コツコツと造り上げられ長持ちする家だったんです

 

しかしこの時代、住宅に求められたのは「早く、安く、大量に生産」

この流れを牽引したのが、大手のハウスメーカーの存在。

 

ハウスメーカーによる過剰ともいえる採算性の追求。

安くて早い家の量産。

そのニーズに応えるべく誕生した、安価な新建材の氾濫。

 

大手ハウスメーカーの家づくりは、効率よく住宅を建てることが最優先課題となり、

大企業の生産力を活かして、「早く」「安く」そして、同じように効率良く建てられる

「製品」として、規格型の住宅があちこちに

 

日本の家屋が短命になった原因には、ハウスメーカー主導の家造りが生んだ

品質低下の悪循環があります。

 

ハウスメーカーとしては、あまり長持ちする家を建ててしまうと、

経営が成り立たなくなってしまいますからね

 

この続きは明日に・・・

 

皆さんの応援が、ブログ更新の活力に!!

下記のバナーのワンクリックお願いします!! 

 ↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


ビルダー・工務店ランキング

にほんブログ村 住まいブログ ビルダー・工務店へ
にほんブログ村

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

地域密着だからできるこだわりの家つくりをしている会社はここにあります

注文住宅・リフォーム工事のご相談、依頼するなら

千葉県旭市にある地域密着型の(株)戸諸工務店へ!

TEL:0479-63-2800

メール: tomoro.net@abeam.ocn.ne.jp

WEBサイト  http://www.tomoro.co.jp/

Facebook https://www.facebook.com/tomorokoumuten

ツイッター  https://twitter.com/tomorokoumuten

社長ブログ https://blog.goo.ne.jp/senatomojp

instagram   https://www.instagram.com/tomorokoumuten/

pinterest  https://www.pinterest.jp/tomorokoumuten/

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*

 

コメント