キタカゼとタイヨウ

「意識不明の重体」「重症びまん性脳損傷」から奇跡的に回復、大学生になった息子と子宮腺筋症の母の記録

「99%の誘拐」

2013-04-12 21:29:47 | 本と雑誌

岡嶋二人さんの本を初めて読みました。

岡嶋二人って、本当に二人で書いていたのね、知りませんでした。

どうして、こんなに面白い本を今まで手にしなかったのかと反省中です。

他の本も読んでみよう

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yumenotuduk0a-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4062747871&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=F7FDFD&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>
コメント

「甘い罠」を読む

2013-04-12 21:24:26 | 本と雑誌

糖質制限食。

びっくりするほど痩せます。

夫が、周りに心配されるような勢いで痩せました。

でも、夫は全然運動しないで、痩せたので

どこか病的な雰囲気のする痩せ方。

運動療法と適度に組み合わせたり、ドクターの指示で行えば効果はあるかも。

私は主食のお米を制限してまで痩せるのはどうかと思うけど。

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yumenotuduk0a-22&o=9&p=8&l=as1&asins=4492061894&ref=tf_til&fc1=000000&IS2=1&lt1=_blank&m=amazon&lc1=0000FF&bc1=000000&bg1=F7FDFD&f=ifr" style="width:120px;height:240px;" scrolling="no" marginwidth="0" marginheight="0" frameborder="0"></iframe>

ほんとは全然違う話になっちゃった。

コメント

「いのち五分五分」を読む

2013-04-12 21:20:20 | 本と雑誌

<iframe src="http://rcm-jp.amazon.co.jp/e/cm?t=yumenotuduk0a-22&amp;o=9&amp;p=8&amp;l=as1&amp;asins=4635330532&amp;ref=qf_sp_asin_til&amp;fc1=000000&amp;IS2=1&amp;lt1=_blank&amp;m=amazon&amp;lc1=0000FF&amp;bc1=000000&amp;bg1=F7FDFD&amp;f=ifr" frameborder="0" marginwidth="0" marginheight="0" scrolling="no" style="width: 120px; height: 240px;"> </iframe>

登山家、山野井泰史氏のお父様の本

タイトルの「いのち五分五分」は老いていく自分と登山を続ける息子泰史の

残された人生の時間、どちらが先に葬式をするかは「五分五分」という意味だそうだ。

沢木耕太郎さんの「凍」も読んだ。

まさに奇跡としか言えない生還があった。

夫婦そろって二十数本の指を失いながら

山へ向かう姿勢。

そして、それを見送るご両親。

泣きながら読んだ。

私にとって【山】は故植村直己さんの本を手にした小学生時代から始まる。

彼がマッキンリーで消息を絶ってかなりの時間がたつけど、

今なお、彼の本が私の心をときめかせる。

その植村直己冒険賞を夫婦で受賞された泰史さんと妙子さんの本も

同じだ。

泰史氏が描いた「垂直の記憶」も。

私は山には登れないけど・・・

コメント