“Semper Anticus”

ボードウォーゲームのリプレイ(プレイ記録)をupしています。

ルールサマリーのこと

2018年12月25日 00時00分01秒 | アドベントカレンダー
Harpoon Arrowさんが企画されたアドベントカレンダー2018アドベントカレンダー2018への参加記事(本年2回目)です。

------------------------------------
私、割とよくウォーゲームのルールサマリーを作ってます。
気に入ったゲーム、インストせねばならないゲームは、ほぼ100%作ります。
気に入ったゲームは、何度もプレイすると思われるので、都度ルール確認の手間を省くため(ちょっと間が空くとルールのディティールを忘れますので)。
インストせねばならないものは、ルールブックを自分なりに咀嚼し、再構築して、インストしやすくするためです。
有ると無いとでは、プレイにかける労力がまったく違うと思います。
そこで、私がサマリーを作る上で意識している点を書いてみます。

1.プレイの手順に沿ってまとめる
通常、ルールは項目毎に書かれています。例えば「ZOC」とか「補給」とか「移動」とか。実際のプレイでは、移動の最中に補給上の制約を受けたり、ZOCの制約を受けたりします。
つまりプレイ中にルールを確認しようとしたら、ページをめくって、それぞれの項目を行ったり来たりするわけです。
これが嫌(笑)。
なので、まずターンシークエンスを列記します。そしてそれぞれの項目に注意事項を記入していくわけです。
その手順の欄を見れば、その手順で行うべきこと、注意すべきことが全て分かるように書きます。
例えばこういう感じ↓(自作の「Victory in The Pacific」のサマリーです)

すなわち、このサマリーに沿ってプレイすれば過不足なし、行ったり来たりなし、というものにするわけです。

2.サマリーの枚数は極力減らす
 実は上記の1と相反するポイントです。1に沿って作ると、枚数が増えます。枚数多いと使いにくい。
そこで必死でシェイプするわけですが、そうすると1が守れないわけです。

1と2のバランスが難しいのですが、先日2に重点を置いたものを作って失敗しました。
CMJから日本語版が出ていた「Plan ORENGE」のサマリーを、コンパクト重視で作ったところ、ルールの項目毎にチャートを作るような感じになり、結果としてプレイ中に必要な作業を落としまくるという事態に陥ってしまいました。
やはり、多少枚数が増えても1重視で作るべきかなぁ、と最近は考える次第。
一番いいサマリーは、フローチャートにしてしまうことだと思っています。これほど機能的なサマリーはないと考えています。
実は一度トライしました(しかけました)。
しかし、これをやると物凄く多くの紙が必要です。A4のペーパー数枚…でなくて、A2やA1の紙に書きたくなります。ハーフマップやフルマップサイズのサマリーはぞっとしません(笑)
A4に書いたとしても、物凄いページ数。便利なんだか便利じゃないんだかわからなくなりますよね。きっと。それで断念してしまいました。
実は割と時代に取り残されているのでスマホも持っていませんが、タブレット端末みたいなのを使えば、より機能的なサマリーを作れるのではないかと思います。
そのうちトライしたいとは考えています。

皆さんはどんなサマリーを作ってらっしゃるんでしょうね。興味あるので、機会があったら見せてやってください。
コメント   この記事についてブログを書く
« リプレイが好きなんです | トップ | スターリングラード・ポケット »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

アドベントカレンダー」カテゴリの最新記事