RussianBlue

灰色猫の徒然帳です

060:影

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
死神に影を踏まれて振り返るわたしの影がわたしではない
コメント (1)

059:十字

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
十字路の東西南北どの道を選択してもゴールは同じ
コメント

058:剣

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
剣先は鋭く尖れ戦争を批判す音符五線譜に咲く
コメント

057:制服

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
捨てられぬ大事にしている制服ば君との恋の青春を知る
コメント

056:松

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
薦巻かれ冬を過ごせし伊呂波松見ているだけでもう温かい
コメント

055:ラーメン

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
2分半少し硬めに出来上がるチキンラーメン卵はひとつ
コメント

054:靴下

2017年06月06日 | 題詠ブログ2005
靴下に入っていたのはプレゼントではなく親の尽きぬ愛情
コメント

053:髪

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
乱れ髪目覚めて梳いたべっ甲の櫛は秘密の逢瀬を知らない
コメント

052:螺旋

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
死の螺旋階段を降りてゆく憎悪の連鎖を断ち切りながら
コメント

051:泣きぼくろ

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
月食に戦く民に銅鏡かかげる卑弥呼の泣きぼくろひとつ
コメント

050:変

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
宵闇に化学変化が訪れてそれが恋だと知らず苦しむ
コメント

049:ワイン

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
ボルドーの注がれてゆく赤色のワイングラスは血の色に似て
コメント

048:袖

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
春でなく真夏でもない七分袖手首の傷は晒されたまま
コメント

047:大和

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
美し大和言葉を囁こうカタカナ文字はないがしろにして
コメント

046:泥

2017年05月29日 | 題詠ブログ2005
水田に泥を浴びつつ植えられて僕らはみんな早苗であった
コメント