45才からの英語独学日記

親父English learnerです。子育ても終盤に入りました。これからは次のステージへ向かって前進!

大人のやり直し英語におすすめの参考書

2018-07-04 00:52:20 | 英語学習法
しばらくぶりの更新です。

細々とですが、英語学習は続けています

今回はあらためて、初心に帰るつもりで以前に買った教材を見直しています。

こちらのブログに記事を書きました。

ICHIHAKU's Note

サイトリニューアル中でございます
コメント

目標と計画を見直す「洋画を楽しむための会話力を鍛える」

2017-12-07 16:53:33 | 英語学習法
前回は、英語で何がしたいのか具体的に目標の見直しをしました。

僕の場合、

①ネイティブの日常会話を身につけたい。
②海外のWebsight や Youtubeを観て確実に理解できるようになりたい。


ということで、その理由は。

①洋画の理解が容易になるから。
②情報収集のため。趣味や仕事に生かせるため。



ではターゲットの設定と理由(動機)を確認したので、具体的に何をすべきか考えてみます。
①に必要なのは洋画鑑賞のための会話力ということになるので、けっこうハードルが高いですね。

英語の4技能「リスニング」「スピーキング」「ライティング」「リーディング」の中のリスニング力を強化しなければなりません。
しかもスラングあり、超ナチュラルな言い回し、俳優のセリフの聞きにくさ、などリスニングを強化するには越えなければならない山がいっぱいありそうです。

しかし諦めてはいけない。
洋画にも初級向けと中級、上級向けがあります。ファミリーコメディーなどは易しい日常会話が多いので、教材に良いでしょう。

それから日常会話のリスニング力を鍛えるには、ネイティブの言い回しをとにかく覚えることがポイントだと思います。
使われている語彙はそれほど難しいものではなく、表現の仕方にネイティブらしさがありますよね。
アカデミックな学習ばかりしてきた日本人にとって、ここが弱い部分です。
洋画を観ていると、目から鱗の表現ばかりです。なるほどこんな簡単に表現するのか!っていうのが多いです。

そういう表現をたくさん吸収すれば聞き取りも容易になるであろうと考えています。
逆に考えれば、表現を知らないから聞き取れないと言えます。


洋画を理解できるための英語力を鍛えるとなると、本物の現地英語に慣れるしかありません。留学や海外滞在の会社員にでもなれば話は別ですが、その機会のない日本人が洋画を字幕なしで理解したいというのだから、かなり大きな目標です。
英会話教室にも通わずに、普段ネイティブと話す機会さえない学習者がそんな英語達人の領域に達することができるのでしょうか。

とにかくやってみようと考えているのが、習うより慣れろ、洋画を観まくることです。
好きな映画であれば、難しいことではないでしょう。ただし学習法を確立させないといけません。


以前は「洋画を字幕で観ながら、気になる表現をノートに取る」ということをやっていましたが、時間がかかって大変でした。今なら、「超字幕」を活用したい。

すでに4本パソコンにダウンロードしてあり、まだまだ活用度が低いので学習プランを考えてみようと思います。

今回はこのへんにして、早速「超字幕」を再開してみよう!
コメント (2)

今日は映画の日

2017-12-01 15:31:34 | 映画で学習
お題「今年のベスト映画を教えて!」に参加中!
今日が映画の日とは知らなかったです。

うーん、夜ヨガレッスンがなければ映画館に行きたかった。

「今年のベスト映画を教えて」というお題に参加ということで投稿です。

今年のマイベスト映画はやはり「マンチェスター・バイ・ザ・シー」を挙げたいと思います。
以前、当ブログでも記事を投稿しましたので、こちらもご覧ください。

公開終了前に妻ともう一度観に行こうと思っていましたが、結局一人で鑑賞し感傷にふけってしまいました。

「人生は必ずしも思い通りにはならない」

無常なんですね。でもそこから人は何かを学び、次のステージへと向かってゆく。決して足を止めずに歩き続けなければならない。

主人公が結末に成功するヒーロー映画は多いです。確かにエンターテイメントとしてはその方が楽しいかもしれない。
でも現実的な話し、誰もが思い通りに人生を過ごせるわけではありません。むしろほとんどの人が、無常だと感じることが多いのではないでしょうか。

この映画はそういう意味で多くの人の共感を得られる作品でしょう。
しかし挫折で終わりではありません。物語の最後、やさしく包み込むようなささやかな光が主人公を照らすことに気が付くのではないでしょうか。
人生は無常だとは言っても、やはり希望がなければ生きる意欲は失ってしまいます。例えそれがどんな小さな希望でも良いのです。

この先何が起こるか分かりません。すべて予測しながら生きることなんて不可能です。
だから何が起きてもすべてを良しとして生きられるような心の柔軟性を養っておかなければならないと思います。
選択肢があればあるほど、つまり心が柔軟であればあるほど生きる方法、道が増えるのです。
ヨガでも「すべてOK」という教えがあります。結局は体の柔らかさよりも心の柔らかさが一番大事だということです。

久しぶりに清々しい涙を流したい人へ。
夫婦、カップルでぜひ観て頂きたい超お勧め作品です!
コメント

目標と計画を見直すVo.2

2017-12-01 11:40:58 | 英語学習法
今日から12月ですね。

最近ピアノを二年近くぶりに練習しているのですが、かなり忘れてしまって以前弾けていた曲が全然弾けないのです。

弾けていたと言ってもたいしたことないのですが、元に戻すのに多大な時間がかかりそうです。

楽器の習得は英語と同じように時間が非常にかかります。
毎日練習する必要がありますし、ある程度習得するには何年もかけなければなりません。

小学生の時はトランペット、高校生でアコースティックギターを始め大人になっても続き、ブルースハープ、アルトリコーダー、オカリナはこの15年ほどの間に楽しみました。楽しんできたというだけで上手に演奏できるわけではないのであしからず(笑)

ずっと憧れていた楽器はチェロ。ピアノもいつかは、とずっと焦がれていましたね。
家に妻が子供の頃から弾いていたピアノがあるので、遊び半分で2年ほど前に始めました。ピアノは子供の時に自分から習いたいと言って、教室に通い始めたのですが、両手を使う段階で嫌になってやめてしまったという情けない子供でした。

でもそれがずっと大人になっても後悔していて、いつか弾けるようになりたいと思い続けていました。
本気で習得するなら、先生についた方が良いのですが、続けられる自信がなくて今のところ独学でやっています。
分からないことは妻に聞きながら、ブルグミュラーから二曲なんとか弾けるようになり、面白くなってきたところで忙しくなって中断。

でも音楽はやはり楽しい。
ピアノができるようになるというのは、僕にとって一生の間に習得したいものの、ナンバー1か2位に位置すると言っても良いです。

そう。英語とピアノの習得は一生ものの宝になると思っているのです。


さて、ピアノを練習していて気づいたことがあります。

ピアノの練習が楽しいのは、練習すればするほど弾けるようになっていくのが分かるからだと思います。

それは、まず弾きたい曲があって(理由・動機)→ 練習する(行動・日々の小さな目標)→ 少しだけ上達する(小さな目標の達成)、というように明確なプランを自然に実践しているからではないかと思います。

これは短期的なサイクルですが、もっと長期的なプランで考えれば、一年後にピアノ発表会で一曲披露するなど、先生にレッスンしてもらった場合にはもっと具体的なプランが計画されます。

毎年一回の発表会のために、日々の基礎練習(ハノンやツェルニーなど)と曲を仕上げてゆくこと。毎年の発表曲は年を追うごとに難しい曲へとステップアップしていきます。そうして何年か後の発表会ではショパンの易しい曲なら弾けるようになっているかもしれません。

そうなったらなんて素晴らしいことでしょうか!


英語学習も同じように具体的なプランがあって、日々の練習の成果が分かり、短期的、長期的目標がステップを上がるように成されてゆけば、続けられることは間違いありません。

では、どのように実際にプランを立てたら良いでしょうか。

英語の場合、「読む」「聞く」「書く」「話す」という4つのスキルの重要性が挙げられていますが、総合的に身に着けようとすると多大な時間がかかってしまいます。

これをまともに取り組もうとしても英語という大きな海原の中で溺れそうになりそうです。
具体的に英語を使って何がしたいのか。何を身に着けたいのかをはっきりさせなければなりません。

これが明確になれば自ずとやるべきことが見えてきます。

僕の場合は以下2つに絞りました。

①ネイティブの日常会話を身につけたい。
②海外のWebsight や Youtubeを観て確実に理解できるようになりたい。


①の理由は洋画の理解が容易になるからです。②は情報収集のため。趣味や仕事に生かせるため。


さてさて、目標の見直しができた。

次回は目標達成のためのプランを練る段階です。


コメント

目標と計画を見直すVo.1

2017-11-29 18:18:15 | 英語学習法
間もなく12月に入りますね。
一年て早いですよね。

こうしてどんどん歳をとってゆく・・・
なんて寂しいことを言わないでってね。

今から思うとアラフォーの響き、悪くないですね。アラフィフってどうでしょう。だんだんアラから遠ざかっていく運命にありますが。
先日、息子と妻とそんな年齢について会話をしたところです。

息子も10代最後の年になり、はたちを迎えるのって気分的には良いみたいですね。そんな大昔のことははもうすっかり忘れていますが、30代が終わる時ってちょっとショックだったし、40代が終わる時はもういいやって感じでした。でも次は60代に向かうわけですよ。これまたショックなのでしょうか。
まだ50代初めにして今からそんな風に考えてしまいます。

さてそんな話はもうやめときましょう。
精神だけはいつまでも、いいえ、だんだん若くなってゆくこともできるのですから。
ヘルマン・ヘッセを見習いましょう(笑)



英語の話題です。

最近本当に勉強嫌いなんです。

英語の試験みたいなものには気持ちが反応しない。今更勉強したくないっていうのがホンネです。
勉強はしたくないけど英語はできるようになりたい。

それはずっと変わりません。しかし「英語ができるようになりたい」って凄く曖昧です。
目標が具体的でない。

「英語ができるようになりたい」とはどういうことなのか、自問自答してみました。

すなわちどういう時にそう思うかと言うと、英語圏の人と会話する機会があった時、洋画を観た時、最近ではそれくらいしか浮かばない。

しかも、息子が高校生までは英語を話す友達がいたので、時々はモチベーションが上がっていました。しかし最近は洋画を観る機会も減って、この二つの動機付けになる条件が揃ってこないのです。

これは非常にまずい状況です。

なにしろ、日本国内に住み、英語を話す機会も無ければ、そして特に試験を受けるとかの目的がないと英語を勉強する意味もなくなってしまう。

この状況をどうにか突破するために、やるべきことは何か。
ちょっと真剣に考えてみたいと思います。

(続く)

コメント (2)